× Q 翻訳訳語辞典
friend   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おたく
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 243
お仲間
   
best of friends: けっこうなお仲間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
お友だち
   
can you get rid of your friend: お友だちには席をはずしてもらえないでしょうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
ほんとうの友人
   
You are a friend Helen: きみはほんとうの友人だよ、ヘレン トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141

コネ
   
have got a lot of friends: たっぷりコネをもっている ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 19
ダチ
   
my friend: おれのダチ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
my friend: 俺のダチ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 462

愛しい人
   
間柄
   
one is, after all, a very close friend isn’t he?: 平生あんなに親しくしている間柄なのに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
関係者
   
a friend of the court: 裁判所の関係者 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 304
飼いならす
   
you cannot friend a hawk, they say, unless you are a hawk yourself: 鷲鷹、隼は同じ猛禽をもってしなくては飼いならすことはできないと言われる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 197
親しいご近所
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 18
親友
   
ought to share this fact with one’s friend: 親友に打ち明けなくてはいけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
call oneself sb’s friend: 親友きどりでいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
"Friend, I haven't seen you for a spell.": 「親友、久しぶりじゃねえか」 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
身方
   
lovers have no other friends: 恋には二人の他に身方なんて、絶対にないんだよ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
相手
   
the friend one have been waiting for: 待ち合わせの相手 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
相棒
   
rough-tongued friend: 口汚ない相棒 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
"She's all yours, Marv," said the young man as he turned to face his friend: 「好きにしろよ、マーヴ」と若者がいって、相棒のほうを向いた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 72
誰彼
   
go to bed with sick friends: 変った趣味のある誰彼と枕を交わす スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 101
知り合い
   
a mutual friend of ours: 知り合い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
a friend of sb or what: (人の)知り合いか何か カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 149
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 189
知己
   
old Texas friend: テキサス時代からの知己 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
知人
   
The peasant acting through a friend manages to buy most of the land: 件の農夫は知人を介して手をまわし、まんまとこれを買い取った メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 72
leave ... with a friend: 知人に預ける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
despite the disarming smile that won him so many friends: 多くの知人たちの気持をとらえてしまう屈託のない笑み ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 46
cause distress of various kinds to one’s friends: あちこちの知人に迷惑をかける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
仲いい
   
be real good friends with sb: (人と)仲いいんだね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
仲が良い
   
sb and sb are friends: (人と)(人は)仲が良い カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
仲のよい
   
sb’s friend AA: 仲のよいAA ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 396
仲間
   
tell all one’s old friends good-bye: 仲間たちと手を切る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
see one’s old friends: 昔の仲間とつきあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
nasty friends: 狢仲間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
lousy friends: いやらしい仲間 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
I and my friends: 僕は仲間たちと一緒に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
avoid old friends from ...: 〜のそれまでの仲間を避ける イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 111
a friend of sb’s from work: (人の)仕事仲間 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
仲良く
   
sb and sb walk out together like good friends: (人と)(人は)仲良く二人でちょいと出かけてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
make friends with sb: (人と)仲良くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
仲良し
   
real good friends: 大の仲良し カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
同類
   
of one’s friends: 〜の同類 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
腹心の間柄
   
become friends: 腹心の間柄となる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 53
朋友
   
a friend of mine: ある朋友 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 109
味方
   
friend or enemy: 敵とも味方だとも 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 161
But friends I fear greatly: いちばんこわいのは味方だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 161
a friend to sb: (人の)味方 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 482
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 138
無二の親友
   
A hacker identifies with the computer, knowing it like a friend: この手のハッカーは無二の親友のようにコンピュータに感情移入する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
   
one’s only goddam friend: (人の)唯一無二の友 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
友だち
   
one don’t got friends one got enemies: 友だちがいなくなって、敵ばかりになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
be just trying to be a friend: 友だちの身を案じたまでですよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
a friend’s sympathy: 友だちのなぐさめ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 94
友人
   
try to reason with a friend: 頑固な友人を説得する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
sb and sb remain good if troubled friends afterwards: その後も問題を抱えているにしても、基本的に良き友人としてつきあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
one’s friends and acquaintances: 友人知己 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
have an old friend named ...: 〜という昔からの友人がいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
friend for years: 長年の友人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
be terrific friends: 仲のいい友人だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
be a newfound friend: 友人になったばかり タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
友達
   
write to various friends: 筆を執って友達のだれかれに手紙を書く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
that’s what friends are for: 友達なら当然のことだ オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 98
something to tell friends about: 友達に聞かせなくちゃならん類のこと カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
sb supposed, a kind of a friend: 友達といってもまあおかしくはない間柄だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
pass up a chance to go drinking with some friends: 一緒に飲みにいかないかという友達の誘いを断る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
have no friends: 友達というほどの友達は一人もない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
友邦
   
be friends: 友邦になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 409
連れ
   
talk to one’s friend: 連れと話す 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 197
sb’s friend: (人の)連れ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 70

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

your friend Riley: ライリー先生
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
well-placed friends: ぐるだったんだ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 420
visiting friends: 見舞客
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 45
one’s friends: その一党
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
one’s best friend: 親友
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
old friend: おい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
old friend: 昔馴染
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 90
old childhood friend: 幼馴染
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 218
my uniformed friend: おまわりさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
my puny friend: おちびさん
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 251
my friends: 諸君
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 125
join one’s friend: (人の)ところへ来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
have powerful friends: 有力者とも知り合いだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 131
good friend: 親友
friends: 周囲の知人たち
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 40
closest friend: ごく親しい友人
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
close family friends: 昵懇な知人
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112
between friends: 内輪の話
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
best friend: 一番の親友
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
best friend: 親友
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
become friends: 懇意になる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 140
become friends: 親しくなる
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
be one’s friend for life: 忘れない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 294
be friends: 仲がいい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
be between friends: 他人仲じゃなし
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 416
among one’s own friends: 仲間うち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
..., my friend: まあまあ、・・・
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 391
who sb’s friends are: どんな(人と)つきあっているのか
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
want sb as a friend: (人に)近づく価値がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
there are no end of friends to play with: 遊び相手にも事欠きはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 141
sb is the closest friend one have made in the last ten years: この十年間、これほど親密に感じられる人間に会ったことがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
sb’s very best friend in all the world: (人の)無二の親友
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 38
our old friend Riley: おなじみライリー
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
other people waiting for friends: 待ち合わせであちこちに立っている人々
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
one’s friends from ...: (場所で)友達になった連中
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
not a problem, my friend Mr. sb: あ、気にしなくていいよ、〜くん
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
make friends with sb: 仲なおりする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 373
make friends in the neighbourhood: 近所との交際がはじまる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
look, sb, my friend: どうだ、(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
intimate friend of the Manettes: マネット家の親しい出入り
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
instead of making friends and exchanging visits with one’s neighbours: 近所のかたたちと交際することもなく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 208
have been friends for over XX years: (人とは)もうXX年以上のつき合いである
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
have become sb’s friend: 今ではすっかり(人と)仲よしになっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
friends rather than formal guests: 表立たない客
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
don’t forget your old friends: 昔なじみを忘れちゃ駄目よ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
callers who are not close friends of the family: 馴染の浅い客
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 5
become good friends with sb: (人と)個人的に親しくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 413
be not the type of friends who do: 〜するつきあいではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
be no friend to sb: (人と)折り合いがよくない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 22
be great social friends: とてもうちとけた間柄だ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 287
as though sb was an old friend: なにかなつかしそうに
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 83
an old friend and writer: 旧知の作家
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
a treacherous friend to ...: 〜の獅子身中の虫
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 51
a friend of your husband’s: ご主人にお世話になっているものですが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
ailing friend: 病気の友
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
have no friend one can air ...: 〜を聴いてくれる友達もない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
sb’s lifelong friend and mentor: (人の)終生の友にして師
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
"Joe," asked Keane's friend almost as soon as they were inside the room,: キーンの友人は、部屋に招き入れられるのも待ち遠しく、「ジョー」と話しかけた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 78
assisted by a bosom-friend: 大の親友の協力を得る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 14
sb’s best friend: 無二の友
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 79
can either be one’s jailer or one’s friend: 今、ここで番人として口出しすれば、もう友だちでいることはできない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 177
Grigoriev, you must be a friend to this child: グリゴーリエフ、きみにはその娘の味方になってもらわねばならん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 482
one’s closest friend: 無二の親友
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 47
'They have a talent for diarrhoea,' a French friend observed: 「腹を下す才能がある」とあるフランス人の友だちは言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
distinguish friend from foe: 敵味方の見分けがつく
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 156
sb eventually became my best friend: (人は)のちに私の親友となる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 21
to be examined by one’s friend and physician ...: 友人の〜医師に診せるため
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 77
My friend Marv fancies you: おれのダチのマーヴはおまえが気に入ったとさ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
friend from Paris: パリからやって来た友人
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 107
one’s good friend: (人の)近しい友人
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
relay a piece of gossip about a mutual friend: 共通の知り合いの消息を伝える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 233
The grown-up skinhead Nazi looks like our old friend Richard?: おれたちの昔馴染のリチャードにそっくりの、あのいい歳こいたナチ野郎よ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 90
my friend and his wife: 私の友だちとその奥さん
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
sb’s inseparable friend: 無二の親友
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 24
one’s learned friend: 博学の教師
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
be being neglected by one’s closest friend: いちばん親しい友達に見限られる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 40
My dear friend and neighbor Virginia Piper was kidnaped and held two days,: わたしの親友で近くに住むヴァージニア・パイパーが誘拐されて、二日になる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 56
'But Vladi is your friend' he objected: 「だが、ウラジはきみの友人だ」と、彼はいい返した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 147
an old friend of sb’s: (人の)昔からの友だち
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
one’s old friend Charlie: おなじみのチャーリー
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
get sth through one’s old friend: 旧友の世話で、(物を)手に入れる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 62
I once got this girl Roberta Walsh's roommate a date with a friend of mine: いつか僕は、ロバータ・ウォルシュっていう娘の同室の娘を、僕の友達のデートの相手に紹介したことがあるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 210
by a friend’s innocent remark: ...: 友人が〜と何気なしに言ったとき
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
remind sb that I am a friend of sb: 自分は(人の)友人だがと言う
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
staunch friend: 盟友
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 270
the money that I subsequently received through my friend: 後からこの友人に送ってもらった金
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 163
a terrific friend: 親友
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 32
A friend of mine happens to be buried there: あすこには私の友達の墓があるんです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 18
sb’s one unquestioning friend: (人の)唯一信頼のできる友
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 106
visit an ailing friend: 病気の友を見舞う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
Well, you don't know me, but I'm a friend of Eddie Birdsell's: 実はね、あんたのご存じない者でね、エディ・バードセルの友達なんですよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 102
wished-wished-wished that she had a friend: ああ、友だちがいたらなあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
wished-wished-wished that she had a friend: こんなときに友だちがいてくれたらどんなにどんなにうれしいだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
ツイート