× Q 翻訳訳語辞典
full   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のかたまり
   
be full of twitches and complexes: さまざまなコンプレックスのかたまりである トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
〜の池
   
a bathtub full of blood: バスタブの血の池 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62

あふれ
   
be full of the elevating light of success: 成功の輝きにあふれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
あふれるばかりの〜をいだく
   
be full of all good and beautiful enthusiasms: あふれるばかりの善良な美しい熱意をいだく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 248
ありたけ
   
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを〜に振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを(人に)振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139
いたるところに
   
full of green lawn: いたるところに緑の芝生がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
いっぱい
   
walk out of ..., full of fury and hatred, and feeling helpless: 行き場のない怒りと憎しみで胸をいっぱいにして、〜をあとにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
turn the hose faucet on full blast: ホースにつないだ水道の栓をいっぱいに開く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
shudder open to one’s fullest extent: がたぴしといっぱいにひらく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
screen is full of big close-up of ...: 画面いっぱいに〜のクローズアップが映っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
be just full up with speeches: 話したくて胸がいっぱいだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
be full of hype about ...: 〜についての過熱した記事でいっぱいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
be full of grim, unforgiving faces: (場所)は非寛容で峻厳きわまりない顔でいっぱいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 585
be filled with the full blast of the music: 音楽が〜にヴォリュームいっぱいに鳴りひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
a mind full of ...: 〜で頭をいっぱいにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
いっぱいに
   
sb’s heart is full: 胸がいっぱいになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 313
いっぱい頬ばった
   
one mouth still full: 口いっぱい食べ物を頬ばったまま トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
きっちり
   
full fifteen hundred: きっちり千五百ドル べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 46
ぎりぎり
   
to the fullest extent possible: 可能な限度ぎりぎりまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 283
くまなく
   
shine full upon sth: (物を)くまなく照らす ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 155
さんざ
   
full of indecision: さんざ迷う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 337
しきり
   
full of suggestions about ...: 〜をしきりにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 316
じっと正面から
   
look sb full in the face: じっと相手の顔を正面から見つめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
すっかり
   
it is full night: 夜もすっかりふけている バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 29
give sb a full account of sth: 〜のことをすっかり話してきかせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 341
すべて
   
tell the full story: すべてを書き記す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
ずらりと並んでいる
   
full of tables loaded with good food: うまそうな食物をどっさりのせたテーブルがずらりと並んでいる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 70
そっくり
   
give this final preposterous passage in full: この最後の方図もない一節をそっくりかかげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
たたえる
   
be full of the youthfulness of the changing season: 季節の変わり目のみずみずしさをたたえている 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 35
たちこめる
   
be full of steam and smoke: 湯気と煙がたちこめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
たらふく
   
だらけ
   
get full of splinters: 体中トゲだらけになっている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
だらけの
   
a screen full of clutter: クラッターだらけのスクリーン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
とてもたくさん
   
be full of original sin: とてもたくさん生まれついての罪をもっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
ばかり
   
be full of strange fancies: 変な空想ばかりだ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 237
ぴたりと
   
turn the binoculars full into ...: 〜に、ぴたりと双眼鏡をあてる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 305
ふくれて
   
sb’s lower lip is somewhat fuller than sb’s upper lip: 下唇がほんのこころもち上唇よりもふくれている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
ふくれる
   
a full stomach conduces to inaction: 腹がふくれると、動きたくなくなるものだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 102
ふさふさとした
   
wear a full beard: ふさふさとしたひげをはやす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
ふっくらした
   
full face: ふっくらした顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
ふんだんにたたえる
   
be full of professional cheerfulness: 職業的な愛想をふんだんにたたえる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 207
ぼってりする
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
まともに
   
take the full force of the explosion: 爆発の猛威をまともにくらう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 213
catch sb full in the face: まともに顔にかかる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
まる
   
a full generation earlier: まる一世代前に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
まるまる
   
take a full third of ...: まるまる三分の一を懐に入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
a full ten seconds: まるまる十秒ほど デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
a full minute: まるまる一分 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 389
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
みんなに
   
make a full apology: みんなにお詫びする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
よく出てくる
   
one’s dreams are full of fire: (人の)夢にはよく火が出てくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36

一身に
   
claim full responsibility for everything: すべての責めを一身に引き受ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
一切
   
accept full responsibility: 一切を引き受ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
溢れる
   
縁まで一杯の
   
sb’s cup of happiness is full: (人の)幸福の盃は縁まで一杯になっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
旺盛
   
be still full of it: いまだに生命力旺盛 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
画面いっぱいを
   
be in full force: 画面いっぱいを占領している タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
環視
   
under the full gaze of the crowd: 衆人環視のなか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
丸々
   
a full minute: 丸々一分 ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 76
寄せ集めた
   
a nothing team full of nothing kids: 有象無象を寄せ集めた名もないチーム フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 254
最高
   
full power available: 最高出力 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
山ほど
   
the magazines are full of pictures of ...: 〜には〜の写真が山ほど載っている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 167
思う存分
   
get full revenge by ...: 〜して、思う存分復讐を遂げる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56
be not fighting full: 思う存分闘えない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 327
充ちた
   
full of ...: 〜に充ちた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
充実した
   
come to fuller and more balanced understanding of ...: 〜について、より充実した、よりバランスのとれた理解を持つようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
充分
   
have one’s full say: 充分意見を言い尽くす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 186
十分な
   
lack of full scientific certainty: 十分な科学的根拠がないこと ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
十分に
   
meeting essential needs depends in part on achieving full growth potential: 最低限のニーズを満たせるかどうかは、潜在的成長能力を十分に現実のものとできるかどうかにかかっている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
少しもない
   
be in full possession of sb’s faculties: (人に)調子の狂った所が少しもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
詳しい
   
look up sb’s former commander for a fuller evaluation: (人の)元指揮官をさがして、より詳しい人物評価をきく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
上出来
   
very full: 上出来 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 273
真の
   
full significance of ...: 〜の真の重要性 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 191
盛りの
   
in the full heat of the summer: 暑い盛りの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
積極的に
   
declare full allegiance to the exclusive world of women: 積極的に、女と女の世界に踏み込んでいる雰囲気を身につける 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 149
絶対の
   
full privileges: 絶対の権限 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 45
洗いざらい
   
make a full confession: 洗いざらい自白する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
全速力で
   
break into a full run: 全速力で駆け出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 99
全幅の
   
continue to have full confidence in ...: いぜんとして(人に)全幅の信頼を寄せる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
全面的に
   
give sb one’s full cooperation: (人に)全面的に協力する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
Even with England's full participation in the European Community (EC),: いや、たとえイギリスが全面的にECに参加したとしても、 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 44
全力
   
at full pitch: 全力投入で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
多くのものがある
   
It was too empty and too full: なにもなさすぎ、しかも多くのものがありすぎる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
大いに
   
discuss sth in full with sb: (人と)大いに話しあう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 247
大きい
   
one’s bosom is shapely (if not full): 胸は(大きくはないが)まだ垂れていない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 79
have full lips: 口が大きい 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
大柄な
   
a full figure of peasant proportions: 農夫のようなプロポーションの大柄な体躯 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
頂点をきわめる
   
sb’s cup will be full: (人の)喜びは頂点をきわめることになるでしょう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 160
痛切に
   
be full of the convincing that ...: 〜を痛切に思い知らされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
定員の
   
the flight is only about a third full: 乗客が定員の三分の一くらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
徹底的な
   
set up a full inquiry: 徹底的な事情調査を開始する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 390
full audit: 徹底的な監査 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
肉がつく
   
be getting full: 肉がつきはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
濃い
   
sb’s eyebrows are full and untended: 眉は濃くて修正していない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 13
豊かな
   
full white hair: 豊かな白髪 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
本格的な
   
At Needful Things, the first full day of business had begun: ニードフル・シングスは、こうして本格的な商売の幕をあけたのだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
満ちて
   
greet the new day full of hope: 毎朝希望に満ちて目を開く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
満ちている
   
be full of the quest: 探求心に満ちている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
満ち満ちている
   
be full of hatred and venom for ..: 〜に対する激しい憎しみと怨毒に満ち満ちている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
満員
   
full up: 満員だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
夢中
   
sb’s mind is full of sb: (人の)事で多少夢中になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 202
無制限の
   
full system privileges: 無制限の特権 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 120