× Q 翻訳訳語辞典
gate   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ゲート
   
the gates open with their heavy, crunching thud: ガシャッという重い金属音を残してゲートがひらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
sprint for the gate: ゲートに急ぐ ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 46
press gate: 報道関係者用のゲート プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377

柵の扉
   
a-sitting on a gate: 柵の扉にぽつんと鎮座 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 167
   
give one a gate to keep: 門番にしてくれ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 130
gate open for all to pass through: ばーんと門を開く 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
門の横木
   
a-sitting on a gate: 門の横木にこしかけた ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 156
門口
   
walk a few hundred yards beyond the gate: 門口を出て、二、三町来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
門構え
   
own gate: どうどうたる門構え ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

port gate: 左舷ゲート
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
walk through a swinging wire gate up to ...: 針金を張った自在門を押しあげ、(場所)に入っていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
sb sitting behind the gates of a university: 大学の象牙の塔内の(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
barracks gate: 営門
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112
close the gate behind sb: 後ろ手に扉を閉める
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 31
Even Dixon, walking toward the airport gate was chagrined: さすがのディクソンも、搭乗ゲートのほうへ歩きながら無念がっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
a bunch of children cluster round the lych gate: 屋根門の周りにたかる子供の集団
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 116
Jammed in the corner of the bridge by the gate Turner watched him: 艦橋の片隅、ゲートのそばにくぎづけにされて、ターナーはラルストンを見まもった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
stagger drunkenly through the gate: ゲートからよろよろととびだす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
The orchard gate opened easily: 枝折戸はすぐあいた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 443
hold open the gate: ゲートをあけて待つ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
an imposing gate: 大きな門
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
come to the outer gate: その家の門の扉を開ける
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 24
pass through the gate: 門をくぐる
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 27
pass through a broken-down gate with stone pillars: こはれた石の門からはいる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
pass out the gate: ゲートを出る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
pass in through the gate: その姿をすばやく門の中へと消す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 320
a proper gate huge and secured affair: がっしりした大きな門らしいもの
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 40
start to run out through one’s gate: 走るようにして門の外に出て行く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
shut off from the street by a high wall and strong gate: 表の通りからは高い塀と頑丈な門とで隔てられている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
storm one’s gate up front: 店に押し入ろうとする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 15
finish switching the sluice gate: 水門を閉め終わる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
walk through the gate: ゲートをくぐる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 315
He passed out the gate behind the Captain, grinning tiredly to himself: ひとりけだるそうに笑い、彼は艦長を先立ててゲートを出た
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
bounce over the fence without waiting to open the gate: 木戸をあける面倒をはぶき垣根をとびこえる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 6
pitching through the head seas on her new course of 350゜, when the gate of the bridge crashed open and: 新針路三五〇を進みはじめたときだった。艦橋ゲートがいきおいよくあいて、
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 406