× Q 翻訳訳語辞典
grand   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜精神満点の
   
display a grand showman’s smile: サービス精神満点の笑顔を向ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137

すてき
   
ain’t life grand: 人生はなんてすてきなんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
すてきなこと
   
be far grander to have a talk with a real Queen: 本ものの女王さまとお話する方がはるかにすてきなことだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 38
すばらしい
   
it tastes absolutely grand: すばらしい味だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
たいそうな
   
grand room: たいそうな部屋 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
たいへんなこと
   
It was grand: それはたいへんなことだった キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 117
ひととおり
   
make a grand survey of the country: 国をひととおり見わたしておく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 48
みごとな
   
grand silky beard: 絹のようなみごとな顎髭 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 81
りっぱ
   
be far grander than ...: 〜よりぐんとりっぱだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 229
りっぱな
   
a grand person: りっぱな人 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 103

ステキ
   
Well, ordinary, I'd say grand: ええ、ふだんならね、それはステキって言うとこなんだけど サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104

過ぎる
   
be perhaps a little too grand for a student: 学生としての(人には)過ぎる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
豪華な
   
grand office downtown: ダウンタウンの豪華なオフィス ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
豪壮
   
less grand and imposing than ...: 〜ほど豪壮でもなく、堂々たる構えというのでもない レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 148
人格の大きな
   
晴れがましい
   
be far grander to have a talk with a real Queen: 本物のクィーンとおしゃべりをしてみるほうがずっと晴れがましい ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 41
荘重な
   
grand surroundings: 荘重な雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
大がかりな
   
grand dream: 大がかりな夢想 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
男らしい
   
do something very grand and noble: 男らしい立派なことをする ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 173
派手に
   
have a grand mock funeral: にせの葬式まで派手にやりやがる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
立派そうな
   
think they are nice grand words to say: なんとなく立派そうな言葉を口にしてみる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
連邦
   
a federal grand jury: 連邦大陪審 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Mr. Grand Manner: あーら、お偉いお方
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 156
grand style: 本流
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
Grand Public Park: 大市民公園
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
grand jury transcripts: 大陪審記録
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
a grander name: 立派な名前
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
a grand rehearsal: 予行演習
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
these grand city neighborhoods: 大都市特有の地域
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
the grand opening have gone very, very well: 開店大売り出しは大盛況のうちに幕をとじた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
set out in quest of the Grand Cause: 大義へ赴く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
rent sb a grand hall: コンサートホールを借り切る
no Grand Cause is to be found at sea: 航海の行く手に、大義なんかありはしない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
make yet another grand departure: 今日もお出ましだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 107
make one’s own appearance grander: 気をもたせておいて本人が登場する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
make a grand gesture: 大胆な意志表示をする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 38
life can sometimes be grand: 人生というやつも、ときには粋なはからいをしてくれるではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
grand speech of sb’s: まくしたてる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
grand entertainer of his time: 娯楽小説の大御所
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 334
go somewhere less grand: もう少し気のおけない店にする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 374
for something quite grand: ちょっとしたご馳走をつくろうと思い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
but sb think they are nice grand words to say: ともかくもったいぶったことばを口にしてみたい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
be off to a grand start: 大鳴物入りだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 207
be now ready to move on to grander thing: いよいよ大ねたに取りかかろうとしている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 200
be in the middle of grand rounds: いま回診中なんだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
be betrayal on the grand scale all right: 手ひどい裏切りではないか
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 81
be alerted for a grand arrival: 大切なご一行到着を知らされる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
a rather grand visitor: たいそうな客
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 37
a rather grand house: なかなかの豪邸
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
a little less grand: もう少し手ごろな
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 143
in all the grand innocence of ...: 〜の無邪気まるだしで
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 31
bring witnesses into the grand jury room: 証人たちを大陪審法廷に出頭させる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
a pair of grand doors: 大きな両びらきのドア
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 130
grand finale: 最後の餞別
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 259
product of centuries of paranoia on a grand scale: 何世紀にもわたる壮麗なパラノイアの大規模な産物
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 20
make a grand survey of the country: 国の全体をつかんでおく
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 51
be haled before a federal grand jury: 連邦大陪審に喚問される
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
Jesus, Sandy, I'm in the middle of grand rounds: いやはや、サンディ、こっちはいま回診中なんだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
make two grand: 二十万ドルの売り上げがある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 83
grand politics: 天下国家
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 12
sb is pressing sb for a grand and a half: 例の千五百ドルについては(人から)矢の催促である
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 182
A federal grand jury sitting here in Kindle County: ここキンドル郡に置かれている連邦大陪審
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
look so solemn and grand: いかにもおごそかな勿体ぶった顔つきになる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
His son-in-law now had a date certain for grand jury testimony: スターンの娘婿が大陪審で証言する日時はすでに決まっていたのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
be perhaps a little too grand for a student: 学生としての私には過ぎる位だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
but sb think they are nice grand words to say: でもなんとなくりっぱそうなことばだなあと思う
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 10
worthy of a grand old English house: イギリス旧家の名に恥じない
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 11
in the Grand Inquisitor digression in The Brothers Karamazov: 『カラマーゾフの兄弟』の大審問官のエピソードの中で
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 31
Grand Prix:F1グランプリ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
Yet Ryuji knew better than anyone that no Grand Cause was to be found at sea: そのくせ航海の行く手に、大義なんかありはしないことを、誰よりもよく知っているのは竜二であった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
ツイート