× Q 翻訳訳語辞典
hang   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あける
   
one’s habitually slack mouth hanging open to twice its normal extent: もともとしまりのわるい口を二倍の広さにあけ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
うまくやる
   
hang in with sb: (人と)うまくやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
うろつく
   
hang around ...: 〜のまわりにうろつく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
こもる
   
the humidity hangs in the air: 空中に湿気がこもっている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 356
しばり首にする
   
be hanged like a dog: 犬みたいにしばり首になる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 92
じっとする
   
hang poised in pellucid sanctuary: 清らかな憩いの場所でじっとやすらいでいる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
すくいあげる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
たちこめる
   
hang over sth: (霧などが)〜の上にたちこめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 259
たゆっている
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
たらす
   
let one’s hair hang out the window: 髪を窓の外にたらす O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 7
たれおちる
   
hang over ...: 〜にたれおちる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
たれる
   
be just limply hanging there: 甚だ見映えせずにだらりとたれている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 77
だらしなくくわえる
   
with a butt hanging out the corner of one’s mouth: 口の端にだらしなくたばこをくわえ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
だらりとさせる
   
let oneself hang: 身体をだらりとさせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
だらりとぶらさがる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
ついてくる
   
hang behind sb: 後方についてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
つっ立っている
   
hang like monstrous tree: あやしき樹木のようにつっ立っている ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 130
はみ出す
   
hang out of a pocket: ポケットからはみ出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
ひっかける
   
find pegs on which to hang the subject: なにかとっかかりを見つけ、そこにテーマをひっかけていく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
ぶらさがっている
   
hang on ... by one’s fingernails: 指先一本でかろうじてぶらさがっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
まつる
   
be hung: まつってある 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 41
めそめそする
   
hang like that: そんな風にめそめそする カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 25
やめる
   
hang it up: やめる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27

一瞬静止する
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
下がる
   
hang limply: だらりと下がる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
絞首刑に付す
   
hang a man for ...: 〜した者は絞首刑に付す マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
飾ってある
   
Look at it hanging there over your mantel: そのステッキはマントルピースの上の壁に飾ってある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
垂れる
   
sth hang loosely: (物が)だらしなく垂れる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
mist hangs over the green fields: 緑の野原に霧が低く垂れこめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 100
fat hang over sb’s wrists: 手首に垂れるくらいに脂肪がたまっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
静止する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
待つ
   
obviously hang back when ...: 〜するのを待っていたようすである フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
発する
   
an unspeakable stench hanging over all: 異様な臭気を発している 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 113
漂っている
   
hang in the air: あたりに漂っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 141
浮かぶ
   
clouds hang over the water: 海上には雲がぽっかりと浮かぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 66
浮く
   
Above him a pall of tobacco smoke hung exactly where Smiley remembered it: 上方には、まさにスマイリーの記憶どおりの場所に、煙のかたまりが浮いていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
覆っている
   
the clouds hang low over the city: 雲が低くこの街を覆っている 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 23
聞きいる
   
hang breathlessly on sb’s words: かたずをのんで一句一句に聞きいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
俯く
   
hang one’s head in deep shame: 恐縮して俯く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
縊る
   
whosoever hung, fire burned: 縊られるものはどちらであったにせよ、火事だけは決って起った ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

let it hang: 思わせぶりな口調で言う
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 6
just hang out: ぼうっとする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 38
hang tight: 気を落とすなよ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 220
hang straight down: だらんと垂れ下がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
hang over ...: 〜の真上からおおいかぶさる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
hang out with: (人と)つきあう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
hang out to dry: 干す
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 87
hang out: いちゃつく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
hang out: ぐれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
hang out: たむろする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 284
hang out: ウロチョロする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 179
hang out: 油を売る
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 92
hang oneself: みずからくびれて死ぬ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 65
hang oneself: 首をくくって死ぬ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
hang one’s head: うなだれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 69
hang one: 自分の首を絞める
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 368
hang on: 〜をうかがう
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 7
hang on: じっとしている
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 242
hang on: 待つ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 81
hang down: だらりと下がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
hang down: 吊り下げられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
hang conjunction: 無言の促し
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 314
hang back: ぐずぐずする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 19
hang back: 足をとめる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 366
hang back: 歩速をおとす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
hang around sb: (人と)つきあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
hang around ...: 〜のあたりをうろちょろする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 210
hang around ...: (場所)をうろうろする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
hang around ...: (場所)をほっつき歩く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
hang around ...: (場所に)いすわる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 76
hang around ...: (場所を)ほっつき歩く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
hang around: そばにいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
hang around: ぶらぶらと時間をつぶす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
hang around: 暇をつぶす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 228
hang about ...: 〜をまごまごする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
hang about ...: (場所を)うろつく
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
hang about: うろうろする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
hang a left: 左にハンドルを切る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 448
hang ...: 〜をぶらさげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
curtains hang motionless: カーテンには少しの揺れもない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
be hung over: ゆうべの酒が抜けきれない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 7
you’re hanging all this on ...: その根拠は、〜だけでしょう?
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 505
whenever one hang out the laundry: 洗濯物ひとつ干すにしても
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
time hang on sb’s hands: 時間を(人は)持て余す
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 205
the sheets which sb hang out clean: (人の)手でぴんと張りわたされているシーツ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
the bargain hangs fire: 取引きがなかなか成立しない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 59
take in the stockings one have hung out to dry: 洗濯したストッキングを取りこむ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 108
sth hang out of one’s mouth: 口の端に(物を)くわえている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 192
spend one’s life hanging about with sth: 生涯、〜ばかりを相手にする
shirts hang over sb’s pants: シャツの裾をパンツの外に出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
sb’s small mouth hanging open: 小さな口をあんぐりとさせて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
sb’s last words hang in the air: (人の)言葉はどのようにでも解釈できる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 125
one’s reputation hang around sb like bad breath: (人の)周りには、悪い評判がまるで臭い息のようにぷんぷん漂っている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
one’s purse hang over one’s arm: ハンドバッグを腕にかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
one’s hair hanging all around one’s face: ざんばらにふりみだした髪が、顔をおおいつくすように垂れ下がっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
lives might hang on an injudicious word: うっかり思慮のないことを口にすると誰かの命が危くなる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 266
let sth hang loose on one’s shoulders: 〜も軽く肩に羽織る格好になる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 106
let ... hang down: 〜を宙に浮かせる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 223
huge haloes hang from the neon lights: ネオンはみな大きな暈をつけている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 276
hanging loose on her delicate neck: なよやかな首すじにほつれている
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 15
hang up the telephone: がちゃんと電話を切る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
hang up the receiver: 受話器を置く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 93
hang up on sb: 自分から電話を切る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
hang tough with sb: (人を)相手にがんばる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 267
hang there by the threshold: 戸口で立ちどまる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
hang sth outdoors overnight: 夜干しにする
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 27
hang out with sb: (人と)たむろする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
hang out with sb: (人と)待ち合わせる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 11
hang out with sb: (人と)付き合う
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
hang out with flowers: 花から花へ舞い遊ぶ
hang out in the woods: 林の中でたむろする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 207
hang onto a strap: 吊革につかまる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
hang one’s head to hear ...: 〜を聞いてうなだれる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 87
hang on to such torments as sadness and loneliness: 悲しいとか寂しいとかいって悩んでいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 115
hang on to sth: (〜を)がっちり持つ
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 145
hang on to sb’s coat-tails: (人の)威光でいい思いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
hang on to sb: (人に)上半身を預ける
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 280
hang on to ...: 〜の保持に苦心する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
hang on the question of ...: 〜かにかかる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
hang on sb’s arm: (人の)腕にとまる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 80
hang on for dear life: ついていくのがやっとの状態
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
hang on and hope: 運を天に任せて、ただじっとしている
hang off one’s fingers: 指先にひっかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
hang it out for sb to tromp on: なぐってもいいからわかってくれと哀願する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
hang in there so long: そこまで(人に)つきあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
hang in the balance: かどうか、まったく予断を許さない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 69
hang in the back of one’s mind: (人の)心にかぶさる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
hang in the air: 空中に突き刺す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
hang from a wire: ワイヤで吊るされている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
hang by God and see what happens: 神様にすがって成り行きを見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
hang back within oneself: 自分の気持は出さないようにする
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 52
hang back in ...: 〜にひっこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
hang around sb too much: 気持ち悪いほど(人に)べたべたする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
hang around like this: こんなふうに出没する
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 282
hang around in ...: 〜でごろちゃらして時間をつぶしす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
hang about somewhere in the hills: どこかの山の中に隠れている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 77
hang a one-legged rap on sb: とんだ濡れ衣を(人に)おっかぶせる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
hang a few names on sb: (人に)向かっていくつか悪態をつく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
get the hang of it: 要領をのみこむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
electric wires hanging in festoons: びっしり垂れさがる電線
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 210
don’t let’s hang around too long: あまり長居するのはよそう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 361
do not hang around: 長居はしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
decide not to hang around for sth: 〜は聞くまでもない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
cigarette hang out of sb’s mouth: たばこをだらしなくくわえている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
can not hang around: ふさがっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 290
be hung with ...: 〜がかけつらねてある
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 70
be always hanging out at sb’s house: (人のところに)いりびたりだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 49
be always hanging on sb: (人に)いつもちょっかいを出している
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 160
are you goin’ to stand there with your face hanging out: ぽけっとそこに突っ立ってるだけなのか
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 522
a haze hangs over the ground: もやがどんよりと地表にたれこめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 124
a faint fish smell hangs around sb: 魚くさい臭いがうっすらと(人を)つつむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
hang in the air: あたりに漂う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 164
hang askew over one ear: 一方の耳の上にかしぐ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 166
I'm just trying to hang on to my little warrant officer bar: おれはしがない准尉の位にしがみついてるだけで精いっぱいさ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
'No doubt they'll get the hang of it before they get to Scapa,' he growled: 「スカパに着くまでには、きっと要領をのみこむだろう」ふきげんな声だった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
hang bravely from a branch: 枝に敢然と残る
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 238
hang those dresses carefully up in one’s closet: この服をたいせつに(人の)戸棚へつるす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 114
hang to a thread of the lace by its catch: レースの糸一本にからまってぶらさがっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 148
her long skirt hang as if despondently about her: 彼女の長いスカートは何ともうっとうしく体にまとわりついている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 166
hang one’s head dutifully: じっと頭を垂れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 254
an eclectic group of pictures hang on the walls: 壁にはとりたてて好みに特徴のない絵が何枚か
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
hang on sb’s every gesture: 一挙手一投足を見守る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 11
hang in a long row along the length of the upper-deck facade: 長い列をつくって二階席前面の出っぱりを横に埋めつくす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
show only faint signs of a hang-over: 二日酔いの兆候などほとんど見せない
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 84
one’s hand hang flat and naked at one’s side: (人の)手は手袋もなしで脇にぺたっとつけられる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
hang onto strap swayed to and fro: 吊革につかまって揺れている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
sb’s manners have been of that silent and sullen and hang-dog kind: (人の)態度ときた日には、全くひと言も口をきかない、全くの仏頂面で、あれじゃまるでふてくされだよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 250
hang out: 入りびたる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
hang motionless from ...: ぴくりとも動かずに〜から吊り下がっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
a white curtain hang motionless: 白いカーテンが静かに垂れている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 107
sb thinks it’s nifty to hang out with guys who ...: (...する)男たちとたむろして、それがかっこいいと思っているのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
hang up for all to see: 吊るされ、晒しものにされる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 155
hang on one’s shingle: 狭い店を出す
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 58
ツイート