× Q 翻訳訳語辞典
innocent   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かげりがない
   
one’s gaze is innocent: (人の)目にかげりがない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
きれいに
   
die remarkably innocent: あんがい、きれいに死ぬ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 28
さりげない
   
in as innocent a voice as one can manage: できるだけさりげない調子で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
ただの
   
be no more than an innocent bystander: ただの傍観者にすぎない オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 69
たわいもない
   
these innocent fabrications: このようにたわいもない作り話 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
どこにもやましいところのなさそうな
   
that cute little innocent physician: どこにもやましいところのなさそうな、小柄で品のいいあの医師 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 238
なにごともない
   
seeming innocent of relationship: 一見なにごともない関係 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 249
なにも知らぬ
   
one’s innocent bright eyes: なにも知らぬ澄みきった瞳 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
なんの罪もない
   
truly innocent people: なんの罪もない人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
be innocent: なんの罪もない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 80
のどかな
   
the innocent small town: のどかな町 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 290

汚れを知らない
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 158
何くわぬ
   
with innocent face: 何くわぬ顔で 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 58
何でもない
   
the most innocent occurrences: ごく何でもないこと アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 102
何もやっていない
   
an innocent person: 何もやっていない人間 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 129
何気なしに
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
何事も知らない
   
gaze at sb’s innocent face in silence: 何事も知らない(人の)顔をしげしげと眺める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
頑是ない
   
an innocent little kitten: 頑是ない仔猫 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
筋のとおる
   
a innocent explanation: 筋のとおる説明 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 194
潔らかな
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 163
故なくして悪玉あつかいされる
   
罪のない
   
such innocent pastimes as nickel skat or pitching pennies: ささやかな小銭を賭けたトランプ遊びやコイン投げといった罪のない博奕 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
give an innocent little shrug: 罪のないしぐさで肩をすくめて見せる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
as innocent as the day: まるで罪のない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 154
罪もない
   
murder innocent men in rage against ...: 〜に腹を立て腹いせに罪もない人々の命を奪う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
邪気のない
   
one’s gaze is innocent: 邪気のない目つきだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 299
身に覚えがない
   
swear one is innocent: 本人は身に覚えがないと断言する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 69
世の中の汚れを知らない
   
be still of the innocent school: まだ世の中の汚れを知らぬげに アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
清らかな関係だ
   
be all very innocent: 一点の曇りもないほど清らかな関係だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 102
善意の
   
it is a hard matter to preserve the innocent deceit: いかに善意の偽りとはいえ、隠しているのは実に苦しい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
善良な
   
innocent citizen: 善良な人民 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 164
素朴な話
   
those poor naive innocents: 何と涙ぐましくも素朴な話ではないか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 36
他愛のない
   
Then she'll make some innocent reply: すると彼女が何か他愛のない返事をする 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 162
淡白な
   
show the innocent and childish side to one’s character: 極めて淡白な小供らしい心を見せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
犯罪と関係ない
   
There might be a reason--an innocent reason: 何かの理由でしたかもしれませんよ--犯罪と関係ない理由でね アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 278
無垢な
   
be reposed in sb’s pure and innocent breast: (人の)この清浄無垢な胸に収められる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 276
無邪気な
   
act blithely innocent: うきうきと無邪気な態度をよそおう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
無心の
   
sb’s voice is innocent: 無心の声です 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 58
無辜の犠牲者
   
spare the lives of innocents: 無辜の犠牲者たちの命を救う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 143

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

radiating innocent attention: なにくわぬ顔で
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 120
play the innocent: 空惚ける
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 95
looking all innocent: いつもの顔をして
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
innocent white lies: 嘘も方便という程度の他愛のない嘘
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
innocent as hell: すっとぼけて
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 161
an innocent mind: まだ柔らかなたましい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 6
with an innocent face: なにくわぬ顔で
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 86
with a good deal of innocent enthusiasm: 単純に素朴にかつ熱烈に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
what is but an innocent meeting: 何でもない偶然の出会
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 32
very innocent and all: 狐にでもつままれたみたいな格好をして
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
try to appear innocent: そしらぬ顔で
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 284
that degree of curiosity could not be innocent: ここまで首を突っこんでくるからには何かある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
sb looks innocent enough: (人の)外見にはうろんなところはない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 283
say with a rather too innocent face: とぼけた顔で言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 107
saunter away trying to look innocent: 何気ないふうでゆっくり立ち去る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 363
one’s face has an innocent openness: (人の)顔はあどけなく晴れがましい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
one’s face dissolves in an innocent and doubtless ridiculous way: (人の)顔はたわいもなくほころびる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 42
it is all rather innocent: 犯罪でもなんでもない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 87
have a certain innocent charm: ごく単純な微笑ましい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 308
give sb this very phony, innocent look: 何も知らんといったインチキ面をする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
give sb one’s innocent bachelor’s smile: 女の「お」の字も知らないそぶりで微笑みを見せてやる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 268
floors innocent of rugs: 敷物一枚ない床
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
don’t play the innocent: とぼけてるゥ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 17
be not innocent about ...: 〜はまるっきり知らないというわけじゃない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
be innocent of sth: 〜は身におぼえがない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 121
be innocent of sth: (物)とは縁もゆかりもない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 213
accuse me of acting the innocent: 白っぱくれないでくださいだとさ
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 243
a very innocent unsophisticated-looking girl: あどけない少女
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
something once innocent delivered over to all devilry: 初めは無邪気な気持から出たものであったが、今ではすっかり悪魔道に堕ちている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
innocent bystander: 行きずりの
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 55
obsessively commit to children’s innocent expressions: 子供たちのあどけなさをくどいほど強調する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 193
have a crack at some innocent balls: 罪のない球にカツンと一突きくらわす
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 23
look innocent as the day: 白日のごとく潔白に見える
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 85
His gaze, Smiley noticed again, was strangely innocent: 妙に邪気のない目つきだな、とスマイリーはあらためて気づいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 299
whatever happened to ‘innocent until proven guilty’: 有罪と決まるまでは無罪と推定するんじゃなかったかしら
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 26
instill some venom into innocent italics: ちょっぴりとげをこめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 98
I noticed in the corner of a page a picture of a very innocent unsophisticated-looking girl.: そういうグラビアの片隅に、あどけない少女の顔が目にとまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
play the innocent role: 無邪気ぶる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
by a friend’s innocent remark: ...: 友人が〜と何気なしに言ったとき
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
sound innocent enough: さもあらぬふうを装う
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 183
ツイート