× Q 翻訳訳語辞典
language   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
しゃべり方
   
appearance and language: 顔貌といいしゃべり方といい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
ものいい
   
sb’s blunt language: (人の)ずけずけしたものいい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80

会話
   
very vivid language: バリバリに活きのいい会話 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 47
外国語
   
pick up a language: 外国語の輪郭をつかむ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 120
know any number of languages: 外国語は相当いくつも知っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
言語
   
language skills: 言語をあやつる技術 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 300
言葉
   
slide into different languages: 会話のなかにいろんな国の言葉をまぎれこませる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
have been assiduous in learning one’s adopted language: 帰化国の言葉の習得には血のにじむ努力をした クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 384
exchanging language of rich vulgarity: ずいぶんと野卑な言葉もとびかわす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 150
don’t always understand the language of what one read: 理解できない言葉も中にはある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
do not always use the choicest language: 上品な言葉はつかわないものだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
言葉づかい
   
The language was stilted, and very polite: 言葉づかいは堅苦しく、非常に鄭重だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
language is cleaner: 言葉づかいに品がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
   
honorific language: 敬語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
用語
   
police language: 警察用語 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

watch one’s language: へんなことを言わない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
the body’s language: ボディランゲージ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
talk sb’s language: (人の)いってることがわかる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 53
plain language: そのまま打っていい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 256
plain language: 平文
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 256
command of language: さわやかな弁舌
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 239
body language says: 〜という態度だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
we talk the same language: ぼくらは同好の士じゃないか
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 39
use language like ...: 〜なんて言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
the only language sb understand is ...: 〜の言うことしか聞かなくなっちまってるんだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 256
read subtext in body language: 目と目で交わされる声にならない会話を聞きとる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 213
if looks have language: もしかりにも目が口ほどに物を言うものとしたら
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 9
familiarity with its native language: その国語に習熟する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
do well to watch sb’s fucking language actually: もっと口を慎め
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 8
complain in the basest language about ...: 〜を口をきわめてののしる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
can not command that tone and form of language: そういう口調が出てこない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 157
break into abusive language against sb: (人を)罵りだす
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
bemused by the politeness of the language one was suddenly slipping into: 自分でもおかしくなるくらいに、にわかに丁寧な言葉づかいになって
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 80
be absolutely ignorant of the language: まるっきり意味がわからない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 271
a person’s eyes speak their own language: 目は口ほどに物を言う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
a human being with somewhat stilted way with language: 形式ばった口のきき方をする人間
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 60
live in one language environment all one’s life: 一つの言語の中で終始生活する
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 37
without even attempting to find a common language to exchange a few broken words in: なにかお互いにわかる片言を話そうという気も起らず
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
Christ, Harry, we talk the same language: なんだ、ハリー、ぼくらは同好の士じゃないか!
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 39
complain of sb’s vile language: ことばの悪いのをこぼす
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 115
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
develop a language of one’s own: ふたりにしか通じない言語をつくりあげる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
extraordinarily difficult language: 格別に難解な言葉
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 42
open negotiation with sb, only to be foiled by language: 交渉してみたがてんで言葉が通じない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 105
He swore--she could not hear in which language--and crumpled to his knees: 彼はひと声ののしり--何語かききとれなかった--がっくりひざを折った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
Hey, are you speaking Japanese? What language are you using?: ちょっと待って、あなた、どこの国の言葉使ってる?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 15
language interpreter: 通訳ルーチン(言語処理系)
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
irreverent language: きたない言葉
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
do not know the language: 言葉が通じない
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 47
The three-week limit and the fetuses may be some kind of secret language: 3週間以内という枠だって、胎児だって、なにかの特殊な隠語かもしれませんし・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 77
The language of sb’s dictations is looser: (人の)言葉遣いはずいぶんとくだけている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
language of lust: 性欲についての言語
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
repeat one’s news in a new language: 新しい言葉で(人の)使命をくりかえす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 136
language of their own: ふたりにしか通じない言語
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
language of one’s romantic years: 人生の春を過ごした言葉
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 201
'Your language is unbecoming to a junior officer,' said Brooks solemnly: 「きみの言葉は次席士官にふさわしくないぞ」ブルックスは威厳をこめていった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 266
in an age when all human beings still spoke the same language: 言語がまだ一つであった頃
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
... spring from everyday language: 〜は日常語である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 42
ツイート