× Q 翻訳訳語辞典
lingering   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつまでも取れぬ
   
one’s back already hurt from lingering effect of sth: (〜のあと)いつまでも取れぬ背中の痛み クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
いまだに
   
lingering bitterness: いまだに残っている恨み デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13

拭いがたい
   
No doubt he owed this to Kiyoaki's lingering influence: それは多分、清顕の残した拭いがたい影響である 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 14
長い
   
engaged in lingering discussions of sb: (人)を話題にして長い会話をかわす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

lingering: うろうろしている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 197
lingering tension: さっきからのわだかまり
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 233
still have too much of a lingering affection for life to do: まだまだ〜するにはいささか未練がある
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
still have lingering affection for sb: まだ未練がある
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
a wavering, a lingering discontent: 消えそうで消えない漠然とした不満
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 478
have a lingering affection for ...: 〜に未練のある
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 57
reveal one’s solitary figure lingering there: ここで、一人悄然とたたずんでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
the lingering memory of the gladness in sb’s voice: 〜の声のはずんだ調子がのこっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
lingering through all the intervening years: 今日まで尾をひいてきた
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 112
resting one’s hand atop sb’s for a lingering moment: (人は人の)手に、ほんの束の間、自分の手を重ねた
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 125
for a single, lingering moment: つかのまのことながら
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 26
drink slowly, like a connoisseur, lingering on the taste: いかにも酒好きらしく、なめまわすようにしてゆっくりと飲む
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 12
ツイート