× Q 翻訳訳語辞典
lost   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いたずらにすごした
   
the shop girl’s story of time lost through illness: 病気の間いたずらに時をすごしたショップガールの身の上話 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
うっそりとしている
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
うつろな
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
くたっとして
   
look disheveled and lost: よれっとしてくたっとしている感じだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
とり残された
   
a lost piece of a broken set: こわれた一組のとり残された一個 ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 239
どうしたらよいのかわからない
   
the voice sounds questioning, plaintive, almost lost: 声は、もの問いたげで悲しげで、どうしたらよいのかわからないようなひびきを帯びている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
ひたっている
   
have been lost in some delightful dream: (人の)脣にはかすかな微笑がただよう ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
ふけっている
   
be lost in thought: 考えごとにふけっている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
ぼおっとした
   
feel lost: ぼおっとしている オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 212
ぼおっとしている
   
seem tired and somewhat lost: 疲れてなんだかぼおっとしているみたいだ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 151
わからない
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86

違和感を感じる
   
look a bit lost: なんとなく違和感を感じているように見える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 410
気が遠くなっている
   
She is in a daze, perhaps drunk or lost: ぼうっとした感じだ。酔っているのだろうか、それとも気が遠くなっているのだろうか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
行き場を失う
   
looking lost and hopeless: 行き場を失い、絶望したような顔で ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 180
行き先がわからない
   
be lost: (人の)行き先がどうなるか分からない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
魂がぬけた
   
I'd call 'em lost: 私なら、魂がぬけた男たちと呼びたいところです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 267
勝手がわからない
   
I am a little lost: どうも勝手がわからなくて ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 245
消える
   
be not lost in sleep: 寝ててもそれが消えない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
神にも見放されたような
   
this lost man: いわば神にも見放されたようなあの男 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48
喪失感
   
feel lost without sb: この世が終わるような喪失感だ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 37
長い間忘れていた
   
some lost thought of ...: 長い間忘れていた〜の記憶 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
沈む
   
become tormented with unrest and lost in thought: 不安に苛まれ、物思いに沈むようになる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 34
途方にくれている
   
be utterly lost: まったく途方にくれている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
途方に暮れる
   
be lost and bewildered: 途方に暮れて困りきっている ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 192
忘れる
   
lost count: 数え忘れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 249
没頭している
   
be forever lost in sth: 〜にいつまでも没頭している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
没頭する
   
be lost inside the machine: 機械に没頭する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
迷子
   
be lost: 迷子になる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
落ちぶれた
   
feel utterly lost: つくづく、落ちぶれたと思う 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 32
流失
   
a lost paravane: パラヴェイン一個の流失 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
漏洩
   
lost information: 情報漏洩 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
茫然自失の
   
seem lost without sb: 茫然自失の状態になっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 533

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

somewhat lost expression: なにかを失くしちゃったみたいな印象
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
seem so lost: 身も世もないという風情だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
seem almost lost: まるで芥子粒のよう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 53
lost Treasury stock: 国家資産の横流し
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 168
lost on thought: 考えごとをしながら
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 67
lost both ...: 虻蜂とらず
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 157
I’m lost already: 話について行けなくなったよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 142
I’m lost: どういうこと? ぜんぜんわからないわ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
he-who-hesitates-is-lost: 下手の思案は休むに似たり
get oneself lost: 消え失せる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 125
get lost punk: 屑に用はない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 208
get lost: あっちへ行ってよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
feel quite lost: 途方にくれる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 180
feel lost: 心細くなる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 158
be lost: あきらめる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 71
be lost: どうしたらいいかわからない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
a lost plane: 喪失機一
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
with great attention, lost in melancholy reveries: しんみりした面持で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 304
the reminder of the lost forest of ...: 〜の未整理の山
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
the feeling of being off balance, lost: 不意を喰った動揺と困惑
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 11
seem lost temporarily in images of the past: しばらく思い出の世界にひたっているらしい
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 82
restore a family’s lost fortunes: 潰れた家を興す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
no facet of the over-all plan can be lost: 計画全般のどの側面についても疎漏のないように気を配る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 450
make up lost time: 遅れをとりもどす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
lost in the clouds: ぼうっとしている
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
lost in a cloud of thought: もの思いにとらわれている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 275
if our eyes worn’t glued to the ground looking for lost wallets and watches: おれたちの目は、財布か時計でも落ちてやしないかと地面に釘づけになってなかったとすりゃ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 30
have a wild, lost manner of ...: 時々気でも狂ったように〜する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
get lost and disappear: 行方不明になる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
be lost to sight: 〜影は見えなくなる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
be lost on sb: (人に)通じない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 22
be lost on no one: 誰にも伝わる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 82
be lost in thought: 感慨にふける
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
be lost in thought: 狐につままれたような気分で
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 143
be lost in thought: 物思いに沈む
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 521
be lost in thought: 茫然と立ち尽くす
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 100
be lost in the wonder of that meaning: その事実の意味するところをかみしめる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 124
be lost in one’s doing: 自分でも〜している
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369
be lost in ...: 〜にかき消されている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
be lost in ...: 〜に埋もれてしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
be left behind alone, helpless as a lost child: 後に茫然として取り残される
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
be an old and constantly lost cause: 昔から蒸し返されてきた議論であり、勝ち目がないことは最初からわかっている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 21
after thirty minutes of being lost in thought: ぼんやりとしたそんな時間が三十分ほどすぎた頃だったろうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 238
a lost man after sb died: (人が)死んだあと、脱け殻みたいになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
have lost all awareness of such conventional considerations after one’s life with sb: 世間の道徳から外れた非常識さが、長い(人との)不自然な生活の中で身についている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 141
all is lost: すっかりいけませんのよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 22
all is lost: 万事休すだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 46
Also, he had lost all his appetite for crime: それに加えて、彼は犯罪に対する興味を失くしていた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
a man always finds it hard to realize that he may have finally lost a woman’s love: 男というものは、女から愛想をつかされることはないといい気になっているものだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
have lost an enormous amount of weight: すっかり痩せてしまっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
ask oneself whether one has lost one’s sanity: 自分の頭がどうかしたのではなかろうかと疑って見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
be lost in her dreamlike beauty: この少女の奇蹟のような色気が(人)をとらえてはなさない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
they are lost only because one think they are: 無くなったように思われるだけなのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
get lost and carried off by brigands: 山賊にさらわれる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 407
the cash’d get lost in the clerk’s office or maybe in some judge’s chambers: 現ナマは法廷書記官のオフィスか判事室のどこかで迷子になっちまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
become completely lost: 皆目わからない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86
run away and be completely lost whereabouts unknown: 逃げて出たきり行方不明になる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
contact is lost: 触接を失う
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
a lost contact: 触接を失した敵目標
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
his jerky voice lost in the crash of the guns of ‘A’ turret: うわずった声は、すでに一番砲塔の轟然たる砲声にかき消されていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
declare the struggle lost: 闘争の敗北を宣言する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
new ones will emerge to replace them without effort, cost, or lost opportunities: 新しい組織がちゃんと生まれてくるものだ。手間も元手もかからない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 205
be entirely lost: 絶体絶命の人間
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 123
have lost so sb could quit evens: こないだの負けをなんとかチャラにもちこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
ruined evidence of a lost life: 過去の生活の朽ち果てた痕跡
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 127
much face is lost: 面目はまるつぶれだ
She faltered as if she had lost her way: そこで話の脈絡を見失ったかのように、ちょっといいよどんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
finally, I lost the photograph.: そしてそうこうするうちに、私はとうとうその写真を失くしてしまった
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 150
Finally, my father lost his patience: とうとう父は堪忍袋の緒を切らせた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
have sprung fully grown and totally lost: すっかり途方にくれてさまよい出る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
have lost the opportunity to do: 一旦〜しそびれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
He was lost the emotional pathways hopelessly tangled: 感情の水路がどうしようもなくもつれてしまい、途方にくれた思いだった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
the game already hopelessly lost: 敗色濃厚の試合
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 336
have lost patience with this hypocritical stinking world: この偽善に満ちた、悪臭ふんぷんたる世界に我慢できない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 186
Aboard the flagship, it was lost to sight almost immediately: 旗艦からその艦影は、たちまち見えなくなった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
Indeed, could anyone be more entirely lost than I?: まったくのところ、あの時のぼくほど、絶体絶命の人間は、またとあったろうか
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 123
there is not an instant to be lost: ぐずぐずしていられない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 177
have since lost one’s old interest: 〜に前ほど興味が働かなくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
was probably about to join the lost city of Atlantis: 海底に消えた文明としてアトランティス大陸の仲間入りをしかねない瞬間だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
looks like you lost a little paunch: 腹へっこんじゃったですね
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
be a little lost: どうも勝手がわからない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 245
long-lost woman: 遠い昔に行方知れずになった女
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 511
long-lost heir: 長い間行方が知れなかった相続人
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 143
But suppose he lost both?: しかし両方を手に入れ損なったら?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 59
plainly there is no time to be lost: 一刻もぐずぐずしてはいられない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 75
be lost in ...: 〜にかき消される
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
be lost amid ...: 〜に紛れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 261
be lost again in recollection of the past: 追憶が(人を)しめつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
be lost on sb: (人には)話が見えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
the moment is lost in vulgar details: 最後の時間がこうしたくだらぬ些細なことによって使いはたされてしまうのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 110
really lost a valuable witness: ほんとに惜しい証人を死なせてしまった
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 81
this is an occasion that makes a man speculate on all he has lost: 今日のような日は、人間誰だって、取り落したもののことを考えるものなんですよ、ね
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 18
lost in the novelty of the sensation: その新しい感覚に酔いしれているうちに
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 80
I haven’t lost it yet: まだまだおれの腕は鈍っていない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
have lost one’s wife: 奥さんを亡くしたばかりの(人)
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
ツイート