× Q 翻訳訳語辞典
ordinary   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありきたりの
   
don’t want to be regarded as square or nice or ordinary: ありきたりの真面目な好青年になりたいとは思わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
be just an ordinary Ronson: ありきたりのロンソン ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
ありふれた
   
the usual ordinary type of crime: 普通のありふれた凶悪犯罪 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 193
be quite a nice ordinary woman: ごくありふれた人のよい婦人だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 158
an ordinary species of maybug: ありふれたコガネムシ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 75
ごく当たり前の
   
ざらにいる平凡な
   
an ordinary nymphalid: ざらにいる平凡なタテハチョウ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
そこらの並みの
   
ordinary man: そこらの並みの男 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
ただの
   
ordinary composite: ただの合成物 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 178
ordinary Berlin number: ただのベルリンの番号 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 39
I don't think he's an ordinary doctor anymore: 梅安め、ただの鍼医者ではなくなっている 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 66
an ordinary person: ただの人間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 12
たんなる
   
ordinary consultant: たんなる顧問 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 40
どこにでもある
   
a very ordinary steel locker: どこにでもあるスティールのロッカー 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 38
どこにでもいそうな
   
an ordinary R.A.F. officer: どこにでもいそうなイギリス空軍将校 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 225
なんでもない
   
the ordinary vacant lots around the city: なんでもない市内の空地 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
なんの変哲もない
   
this ordinary commonplace utterance: このなんの変哲もない、日常的な会話 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 160
a commonplace, ordinary relationship: なんの変哲もない、ごくありふれた関係 安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 116
ふだん
   
can find nothing out of the ordinary: ふだんと変わりのないことを確認する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
ふだんなら
   
Well, ordinary I'd say grand: ええ、ふだんならね、それはステキって言うとこなんだけど サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
まともな
   
ordinary working man: まともな勤め人 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 453
be no ordinary antagonist: まともな敵手ではない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 354

一般
   
ordinary visitors: 一般人 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 38
一般の
   
ordinary user: 一般のユーザー ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 283
一般的な
   
ordinary science: 一般的な科学情報 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
何の変哲もない
   
Quiet and old and simple and ordinary and very real: 静かで、古く、純朴で、何の変哲もなく、人々が地に足のついた暮しを送っている街 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 48
既成の
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
月並み
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 50
十人並みの
   
ordinary face: 十人並みの顔 クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 79
常軌
   
be out of the ordinary: 常軌を失している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
身のまわりの何気ない
   
ordinary things: 身のまわりの何気ないこと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 272
尋常
   
don’t seem that much out of ordinary: 〜がとくに尋常ならざることとも思えない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
尋常の
   
will not die an ordinary death: 尋常の最期を遂げない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 63
an ordinary conversation: 尋常の談話 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
世のつねの
   
But what meaning could ordinary misfortune have for me?: 世のつねの不幸が私にとってどんな意味をもっていたろう 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 96
世の常の
   
an ordinary sleep: 世の常の眠り 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 17
単なる
   
be not dressed as a priest but as an ordinary beggar: 僧形ではなく、単なる乞食のなりをしてゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 108
陳腐だ
   
be ordinary: 陳腐だ モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 136
当りさわりのない
   
some ordinary conversation: 何か当りさわりのない話 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 162
当り前の
   
be an ordinary woman at heart: 根は、当り前の女だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 213
日常の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 11
日頃食べ馴れている
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 249
特殊性
   
know that one’s circumstance is hardly ordinary: 自分の事情の特殊性を承知している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
非日常的な
   
out-of-the-ordinary urgency: 非日常的な緊迫感 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 102
平均的
   
ordinary Americans: 平均的アメリカ人 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 350
平均的な
   
an ordinary Vax computer: 平均的なVAXコンピュータ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 164
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
平俗な
   
an old man of ordinary circumstances: 平俗な境涯の老人 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 108
平凡な
   
look perfectly ordinary: 平凡な見た目をしていることが多い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
day by ordinary day: 平凡な日常の暮らしのなかで フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 255
並みの
   
be completely ordinary: まるで並みの人間 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
変哲もない
   
such a question, so ordinary and domestic: そんな変哲もない日常のこと クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 51
法則
   
ordinary physics: 物理学の法則 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 75
凡庸な
   
an ordinary man like sb: (人の)ような凡庸な人間 キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 164

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

seem perfectly ordinary: 別にどこといって変わったところもない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
ordinary everyday faces: 何事もなかったように涼しい顔
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 114
ordinary people: 市民
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 82
ordinary people: 凡人
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
no ordinary guy: ただのしろものじゃない
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 52
no ordinary: 只ならぬ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 18
look out of the ordinary: 見慣れぬ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
fairly ordinary sister: 見栄えのしない妹
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 265
be quite ordinary: 何事もない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 311
be ordinary: 月並みだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 263
we are really very dull ordinary sort of people in our family: ぼくたち家族は、ごくごく普通の平凡な人間だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 92
something quite out of the ordinary is happening: ただごとではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 160
something ordinary to sb, something known: (人にとって)周知のもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 18
say, trying to sound as if there is nothing out of the ordinary: さもなんでもないことのような声で言う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 392
ordinary common or garden: そんじょそこいらにあるような
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
ordinary companionship and routine: 当たり前のこと
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 79
one’s position is halfway between that of a government official and an ordinary citizen: 半官半民といった立場にある
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 137
not an ordinary white but yellow tinge to ...: ただ白いのでもなくうっすらと黄色味がかかっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 360
neither new nor of more than ordinary quality: 新しくもないし、とりたてて上等でもない
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 141
just an ordinary sth: ただの(物)
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
it isn’t sth at all, not in any ordinary sense: 世間で〜といわれているものとは似ても似つかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
in the ordinary way of ...: ごくあたりまえに〜するあいだに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 76
give sb the impression of profound intellectual torments beyond ordinary human comprehension: ずいぶんと深刻げで不可知な悩みのごときものが感じられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
even to the ordinary onlooker: 素人目にも
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
can’t be something ordinary: 〜が並々ならぬものである
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 90
be out of the ordinary: いつもとは別だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
be ordinary but passable: まずまず無難なところだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 85
be not for ordinary mortal eyes: やたらな人間がのぞき見を許されるものではない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
be no ordinary sth: どう見ても(物は)正気の沙汰ではない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 8
be in ordinary good clothes: いつもきちんとした身なりをする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 219
be altogether too ordinary: 日常茶飯事だ
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 127
anything out of the ordinary: 何か尋常でないこと
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 31
a nice but ordinary piece of wood: 上等な〜、といっても、しょせんは一本の棒切れでしかない
a flimsy houses of an ordinary Japanese town: 薄ぎたない日本の街
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
of rather ordinary appearance: 見かけは平凡な
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
An argument, rather than an ordinary conversation, seemed to be taking place: 能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
His attitude was not merely out of the ordinary: そのさまは常軌を失しているというか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
be quite happy to sacrifice a genius in the cause of a hundred ordinary people: 百人の凡人のために甘んじて一人の天才を犠牲にすることも顧みない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
be completely ordinary: かなり平凡なものにすぎない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 195
ten ordinary confused guys: 十人の平凡な、ごったまぜの連中
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 232
withhold the ordinary courtesy of love: 日常のちょっとした愛情表現さえ拒否する
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 107
Mine is the kind of ordinary story no one could possibly enjoy: 僕のは誰も好きになってくれないようなタイプの平凡な話なんだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 61
ordinary behavior is not expected of sb by most: 一風変わったふるまいに出ても、周囲はあまりおどろかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
ordinary-looking female: 美人でもない女性
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
the ordinary can give one the greatest happiness: 平凡であることが人間にとって一番、幸福なのだ
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
ordinary individual: 普通の人間
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 176
instantly transform one’s ordinary lashes into something lush and exotic: 睫毛が生き生きとエキゾチックに仕上がる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 42
just a bunch of ordinary people: ごく平凡なひとたち
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 67
one’s tone ordinary mildly disgruntled: ちょっと不機嫌そうな、ふだんと変わらない口調
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 78
ordinary seaman:二等水兵
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 217
be ordinary-looking: 顔立ちはありきたりだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
the seemingly ordinary men: 一見普通に見える人々
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 213
They're such ordinary-looking mountains too,: とても平凡な形をした山だしね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 26
ツイート