× Q 翻訳訳語辞典
patience   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
がまん
   
patience has ceased to be a virtue: がまんにもほどというものがある ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 9
まああわてるな
   
"Patience," said the craftsman,: 「まああわてるな」と、職人が答えた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 115

我慢
   
sb’s long-standing patience and support: (人が)我慢強く、気長に(人を)見守る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 594
堪忍袋
   
with this insult, one’s patience is at an end: この侮辱を受けて僕の堪忍袋は切れる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
reach the end of one’s patience: そろそろ堪忍袋の緒が切れかかっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
put sb past over patience fifty times and oftener in a day: 一日のうち五十回以上も(人の)堪忍袋を破る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 59
lose one’s patience: 堪忍袋の緒を切らせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
寛容心
   
have no patience at all for ...: 〜にはまるで寛容心を持たない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 252
辛抱
   
it is a question of patience: こうなれば辛抱あるのみ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
counsel patience: いまは辛抱のときだと助言する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 394
辛抱づよい
   
thanks for your patience: ありがとう。あなた、辛抱づよい人なんだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
耐久力
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 128
忍耐
   
better patience: 忍耐が肝要 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
忍耐心
   
have a keen patience: 類稀な忍耐心を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
忍耐力
   
wait with this terrific patience for seats: ものすごい忍耐力を発揮しながら、座席のあくのを待つ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with patience: 我慢強く
with patience: 気長に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
with flimsy patience: しびれを切らして
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
lose patience: しびれを切らす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
lose patience: 堪えかねる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 250
lose one’s patience: 痺れをきらす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 178
press each point home firmly but with patience as if one was trying to persuade a child: ざっとこれだけのことを噛んで含めるように説明する
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
losing patience with such stupidity: 阿呆らしくなったので
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 180
lose one’s last remaining shred of patience: 堪忍袋の緒は、切れてちぎれてどっかいっちゃう
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 10
just lose patience with sb: ついに(人に)しびれを切らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 163
have the patience to do: 気を長くもって〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 177
feel oneself running out of patience and say: とうとうしびれを切らして言う
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 121
be losing one’s patience: 堪忍袋の緒が切れかかっている
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 426
I must counsel you to patience: ここは辛抱が肝腎です
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 173
Smiley replied with deadly patience: スマイリーは非常な忍耐をもってこたえた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
have remarkably deft hands and a keen patience: 動きの精妙な両手と、類稀な忍耐心を持っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
devoted humble patience: ひたすらに忍耐する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 164
Finally, my father lost his patience: とうとう父は堪忍袋の緒を切らせた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
fling one’s customary patience and caution to the wind: いつもの辛抱強さと用心深さを投げすてる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 55
have lost patience with this hypocritical stinking world: この偽善に満ちた、悪臭ふんぷんたる世界に我慢できない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 186
with inexhaustible patience: 根気よく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 14
time enough have gone by that could be justified by sb as patience: (人の)忍耐ぎりぎりの時間がたっぷりとたつ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 102
at the outer limits of the patience and restraint of ...: 〜の忍耐のギリギリの限界のところで
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 182
stubbornness and patience: 我慢と忍耐
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
ツイート