× Q 翻訳訳語辞典
petty   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ちっぽけな
   
abandon oneself to petty rages and lusts: ちっぽけな怒りや欲望のためにあとさきの考えもなくなる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 99
つまらぬこと
   
I assure you, Tortoises don't spend their time on the petty: 大丈夫、亀はつまらぬことに時間を費やしはしない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 192

下らない
   
reduce ... to a petty joke: 〜に下らない冗談を持ち出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
些細な
   
petty annoyance: 些細な迷惑 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
come to a head in a petty quarrel involving sb: (人の)些細な諍いをきっかけににわかに高まる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 15
心がせまい
   
be bitter and petty: 辛辣で心がせまい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
馬鹿げた
   
be rather silly and petty: 馬鹿げた意地だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
卑小な
   
a petty person: 卑小な人間 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 236
微罪
   
petty or not: 微罪であれなんであれ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
木っ端
   
petty official: 木っ端役人 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 377

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the petty meanness: 陋劣
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 8
petty thievery: こそ泥
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 303
petty affair: 瑣事
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
petty doings of everyday life: 日常生活のこまかい起伏
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
in one’s petty righteousness: 自分なりの道徳観念から
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
be not into the petty crap: めそめそしない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 357
an odd form of petty trickery: へたな細工
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 159
sb’s absorption in sb’s own petty affairs: 自分らの瑣事に汲々とする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
petty argument: 小ぜり合い
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 69
tease and irritate and drive wild with petty torments: つまらない責苦で、〜をさいなみ、いらだたせ、狂乱させる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 203
petty quarreling: 小ぜり合い
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 147
ranging from petty A to major B: 小はAから大はBまで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
I'm bitter and petty right?: おれは辛辣で心がせまい、そういいたいんだろ?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
petty thief: こそ泥
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 441
ツイート