× Q 翻訳訳語辞典
practice   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の場
   
some deep unwritten law adapted from business practice: ビジネスの場におけるある動かしがたい暗黙の鉄則のようなもの べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283

したもの
   
in those days, it was common practice for sb to do: その時分は(人が)よく〜したものだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186
しっかりやる
   
Practice your fundamentals: 基本をしっかりやんだよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
ならわし
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
まねをする
   
practice doing: (〜の)まねをする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 66

システム
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 278
トレーニング
   
a kind of closed practice: いってみれば部外秘のトレーニング プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30

演習
   
walk through a practice run of one’s presentation: プレゼンテーションの予行演習をする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 329
家業
   
sb take over the practice: 家業は(人が)つぐ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
開業する
   
practice on one’s own: ひとりで開業する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
practice: 開業する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 56
学ぶ
   
practice one’s kindness lessons: 優しさについて学ぶ バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 81
活動
   
intelligence practice: 情報活動 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 71
   
out of practice: 勘がにぶる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 322
   
the practice of the law: 弁護士業 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
業績
   
have a robust securities practice: 証券取引の分野でめざましい業績をあげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
訓練
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 101
訓練を積む
   
But he had practiced such deliberate oblivion: しかし、意図してそれを忘れるように訓練を積んできた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
be well practiced in doing: 〜する訓練を積んでいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 339
刑事事件
   
drum up some kind of a practice: いくらかでも自力で刑事事件を獲得する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
稽古
   
have had plenty of practice: 稽古は十分つんだんですぞ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 148
現実
   
theory and practice don’t always go hand in hand: 理想と現実は、食いちがいを生じ易い 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 299
行為
   
remain the best practice in ...: 〜においても依然として最善の行為である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
仕事
   
tribulation of practice: 仕事の悩み トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
retire from the practice: 仕事から引退する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
practice of law: 法律の仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
In the aftermath, his practice never insubstantial, had grown significantly: その結果、彼の仕事は--それ以前でも決して無名ではなかったのだが--一挙に大幅な伸びを見せた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
can not cut in practice: 仕事になじめない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
仕事をする
   
be practicing against sb: (人と)敵対して仕事をしている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
姿勢
   
be inspired by the practices at Home Depot: ホーム・デポ社の姿勢に刺激を受ける ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 20
治療
   
sb’s medical practice: 医者として行う治療 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 248
実行
   
put the idea into practice: ちょくらちょいと実行する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
concrete actions to put sth into practice: 実行に移すための具体的な行動 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
実際
   
how the American psychiatrists deal with one’s patients in practice: アメリカの精神科医が実際にどのように患者に接しているか 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
実地にためす
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 265
実地体験
   
have fifty years of fuckin’ practice: 五十年間の実地体験がある タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
手法
    辞遊人辞書
修行
   
sb after years of practice: 何年も修行を積んだ(人) プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
involve the practice of ...: 〜の修行を通じて得られる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
出る
   
practice in ...: 〜に出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
商売
   
a large and lucrative practice: 手広く、この割のいい商売 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
生活
   
sb’s strange practices: (人の)奇矯な生活 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 97
特技
   
It was her practice to produce instant nicknames for people: 人を見るとすぐ綽名をつけるのは彼女の特技だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
   
sb’s nocturnal practices: (人の)夜の癖 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 139
弁護士業
   
law school and practice: ロースクールと弁護士業 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
弁護士生活
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
命ずるところを行う
   
understand sb and practice sb: (人の)言葉を理解し、その命ずるところを行う バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 128
遊び
   
engage in some sexual practices: セックス遊びをやる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 113
練習
   
practice makes perfect: 練習は成功の母さ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 190
play the wrong compositions at practices: 練習にはあまりふさわしくない曲を吹く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
in one’s days of practice: 練習を重ねた結果 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
have had practice in doing ...: 〜なら練習ずみだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 229
練習する
   
help sb practice sth: 〜の練習相手になる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 270
have been practicing it considerably to do ...: 〜する練習に怠りない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 10
練習法
   
weird kind of punitive practice: チョンボをした選手に科す風変わりな練習法 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take practice strokes: 素振りをくりかえす
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 258
sex practice: 房中術
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
sensible practice: 常識
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 264
resign from practice: 自分からリタイアする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
practice the expression: 常日頃、こういう顔つきをするように心掛けている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 100
practice run: 習作
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
practice doing: この手で〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
medical practice: 医療界
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
improve by practice: 長いあいだにはだんだんうまくなる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 197
if practiced: 訓練のたまものかもしれないが
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 281
customs and practices: 風俗や習慣
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 15
be in private practice: 開業して
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
a standard practice: 定石
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 161
was common practice in feudal times: 封建時代の昔にはあったことだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
turn common sense into common practice: 当り前のことを当り前にできる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 67
the invariable practice of doing: 〜するという定石
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
still it is good practice to say it over: おさらいしておくにこしたことはない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
still it is good practice to say it over: それでもここでおさらいするのは悪くありませんね
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
practice out of Rome: ローマ教皇庁の命令で〜する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
practice one’s charm on AA: AAに愛想をふりまく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 195
practice makes perfect at anything: どんなことにも慣れというのはあるものだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 174
practice a unique form of ...: 〜するのに何とも不思議な風習がある
one’s practice does not include ...: 〜は専門外だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
no need to practice economy: 金に苦労のない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 50
laugh, with practiced artistry, trying to buff sb off: 慣れた様子で笑い、(人を)いなそうとする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 477
it will get me into practice for Who’s Who: 紳士録を作る時の用意っていうわけだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 95
it is not good practice to do: 〜するようではまだまだ修業が足りない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
in one’s initial year of practice: 弁護士一年生の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
in one’s early years in practice: 弁護士を開業したてのころの
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
have had long practice in ...: 〜にはたけている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49
have had a lot of practice: 年季がはいつている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 32
have got a thriving practice among well-to-do people: 患者の金持階級からだいぶしぼっている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 109
have a plenty of practice in the execution of practical joke: 手のこんだ悪戯に熟練している
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 90
go to London for a physician to take charge of one’s practice: 〜の留守をあずかる医者を捜しに、ロンドンにゆく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 61
establish a lucrative medical practice: 医師として成功してぜいたくする
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 211
do not practice good journalism: ジャーナリズムの手本とはいえない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 276
be a very sound ecological practice: エコロジー的にみると、〜だって、とても理に叶ってる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
as is the common practice: ふつうに行われていることであるが
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 105
always eager to practice my English: ずっと前から、英語をしゃべるのが好きなんです
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 29
adopt the practice of one’s Soviet colleagues: ソビエト人科学者たちの顰みに倣う
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 327
a fine therapeutic practice: 十分効果的な治療
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
batting-practice:バッティング練習
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 35
constant practice: たゆまざる稽古
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 28
the practice of weaponless defense: 武器を使わない護身法
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
practice such deliberate oblivion: 意図してそれを忘れるように訓練を積む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
demonstrate the best practice in that process: そのプロセスのベスト・プラクティスを実践している
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 29
depart from the almost invariable practice of ...: 〜という定石をやぶる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
lean into the wind with the ease of long practice: 長年の訓練のたまもので風に向かってゆっくりと上体をたおす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
a sagging bureaucracy ministering over entrances, exits, and timeouts from the practice of law: 弁護士の開業、廃業、資格剥奪をつかさどる公的機関
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
follow some deep unwritten law adapted from business practice: ビジネスの場におけるある動かしがたい暗黙の鉄則のようなものが働いている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
I've had practice in confessing fortunately: いいあんばいに、告白なら練習ずみなの
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 229
fly out to one’s lonely practice area: ほかに誰ひとりいない自分だけの練習空域に飛んでいく
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
have had plenty of practice: たんと稽古を積んだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 158
practice out loud:声に出して練習する
辞遊人辞書
the pre-practice calisthenics: 練習開始前の柔軟体操
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
pregame batting practice: 試合前の打撃練習
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
practice one’s retaliation: シッペがえしをする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 87
ツイート