× Q 翻訳訳語辞典
rich   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いくらでも
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 28
いよいよ
   
be rich nourishment to the child’s pride and black temper: あの子供の高慢と邪心とをいよいよ助長する E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
えも言われぬ
   
resonances in rich confusion: えも言われぬ混沌とした響き アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 252
げらげら
   
oblige with a rich laugh of appreciation: さもおかしそうにげらげら笑う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
ずいぶんと
   
exchanging language of rich vulgarity: ずいぶんと野卑な言葉もとびかわす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 150
ずっしりして
   
the paper has a rich creamy feel: 封筒の用紙はずっしりしてなめらかな紙質だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
たっぷり
   
rich gusts of Slav laughter: ヴォリュームたっぷりのスラヴ人の高笑い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 464
なかなか
   
be rich in overtones: なかなか含蓄がある 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 123
ふんわりした
   
stroke the rich fur through one’s fingers: ふんわりした毛皮を撫でさする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
ゆったりした
   
call out in a comfortable, oily, rich fat, jovial voice: 愉快な、なめらかな、ゆったりした声で呼び立てる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 54

羽振りがいい
   
don’t do anything to let on about how rich one are: 羽振りがいいのを気どられるようなことは何一つしない シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 38
強い
   
speak a rich Southern dialect: (人の)言葉には強い南部の訛りがある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 93
   
be never rich: 金とは縁のない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
金はある
   
Rich, good-looking, charming: 金はある、ハンサムだし、チャーミングだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
金持ち
   
the richest of the lot: 金持ちのなかの金持ち ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
豪華な
   
fling the rich pall over the picture: さっと豪華な棺衣を絵にかぶせる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 179
feel rich: 豪華な感じ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
豪奢な
   
rich furniture: 豪奢な調度類 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
rich carpet: 豪奢なカーペット トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
財産
   
be rich: 財産がよっぽどある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 88
a rich man: 財産家 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
実入り
   
was AA dollars richer: AAドルの実入りになった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 315
重そうな
   
bright the scenery with one’s rich red color: 重そうな赤い強い色をぽたぽた点じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
小金を持っている
   
rich widow: 小金を持っていると評判の後家 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 208
深みのある
   
rich careless voice: 深みのある無造作な声 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
盛大な
   
rich oath: 盛大なののしり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167
大金を手に入れる
   
be richer than one have ever been before: 生まれてこのかた見たこともない大金を手に入れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
大変〜のある
   
be rich in implications: 大変含蓄のある 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
長者
   
the drug-rich: 麻薬長者 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
得もいわれぬこくがある
   
be more enormously more subtle and rich: はるかに美味で得もいわれぬこくがある アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
内容を持った
   
richer concept: 内容を持った概念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 111
内容豊富な
   
rich version of ...: 内容豊富な〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70
表情豊かな
   
a rich patois: 表情豊かな訛り メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 10
富裕な
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 170
豊か
   
rich and graceful shipping town: 豊かで感じのいい港町 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293
豊かな
   
make oneself rich: 自分たちが豊かになる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 36
laugh one’s brown rich laugh: あの豊かな声で呵々大笑する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 82
豊富な
   
strike an extremely rich vein of ore: 非常に豊富な鉱脈を探り当てる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
裕福
   
incalculably rich and desperately insecure at the same time: 測り知れぬほど裕福で、無防備このうえもない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 257
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
裕福な
   
from a rich family: 裕福な家庭の娘 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
朗々としている
   
one’s voice is rich and calm: (人の)声は朗々としているのにおだやかだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the rich: 富豪
the new rich: 成金連中
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
rich world: 先進国
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 323
rich scent of summer grass: 草いきれ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
new rich people: 成金家族
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 332
idle rich: 華族
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 307
get rich: 金持ちになる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
be very rich: 大富豪
be rich: 金をためた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 53
a rich man: 金に不自由しない男
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 421
a country with rich material resources: 物量の国
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 339
with a rich enjoyment: さも楽しそうに
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 165
none is as rich: どんな富豪も、(人の)豊かさの前には顔色なしである
my own lawyer that get rich off me: わたしからしこたましぼりとっている弁護士
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 170
let out a rich laugh: 高笑いをひびかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 126
grow rich with trading: 商売で金持ちになる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 195
give a rich laugh: おかしそうに笑う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
examine sth with rich professional appreciation: 医者らしい手つきで、ゆっくりと調べる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 52
be rich in its implications: なかなか味わい深い日本語である
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
be rich and full of summer: 真夏の熱気をはらんだ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 266
be eccentric and rich: 奇人で知られる富豪だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 7
be a nice rich marriage for her: すばらしい玉の輿だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 161
it is very agreeable to be rich: 裕福であることに越したことはない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
But in his dreams he spoke a rich American argot, savory as any jazzman's: しかし、夢のなかでは、ジャズメンのようにしゃれたアメリカのスラングを自在にあやつっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
be not a barrier to becoming rich: 成功への道を閉ざされるわけではない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 63
be comfortably, if not seriously, rich on the begetting: 大富豪とはいえないまでも、店の経営でかなりの財産を築いている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 37
brilliant in deceit against the rich: 金持ちを巧みな策略で翻弄する
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 43
busy rich: 実業家
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 307
choke oneself on the rich pollen: 花粉にむせかえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 42
be enormously more subtle and rich: はるかに美味で得もいわれるこくがある
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
a fat rich dripping beefsteak: こってり分厚い血のしたたるようなステーキ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 648
the studio is filled with the rich odour of roses: アトリエの中には薔薇のゆたかな香りが満ち溢れる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
be filthy rich: 悪臭を放つほどの大金持ちだ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 137
one foot on the rich carpet: 片足を豪奢なカーペットの上に置いて脚を組む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
this rich and interesting subject: この豊かで奥深い話題
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 260
I was a rich man, once: これでも元は財産家なんだがなあ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
rich possessions: 高価な品々
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
rich-kid talk: 金持ち坊や族のジョーク
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
all that rich food and easy living beginning to tell: ああいう安楽な贅沢三昧の暮しがたたる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 297
strike the poor as well as the rich: 貧富の別なく襲いかかる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 19
ツイート