× Q 翻訳訳語辞典
rolling   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
どよめき
   
an indecisive rolling of cheers: ためらうような喝采のどよめき シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 157
むくむくと盛り上がる
   
rolling cloud-banks: むくむくと盛り上がる入道雲 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
もうもうと
   
the oily, black smoke flattening down on the surface of the sea, rolling thick, impenetrable: 真っ黒な油脂性の煙幕を海面すれすれに、厚く、一寸先も見えぬほどもうもうと張りつめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
よどみなく
   
rolling discussion among sb: (人の)あいだでよどみなく交わされる議論 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 404

ローリング
   
the continuous rolling of the cruiser in the heavy cross-sea made accuracy impossible: はげしい横波をうける巡洋艦のたえまないローリングは、射撃の精確を不可能にした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388

巻き上げ式の
   
rolling bulletin boards: 巻き上げ式の掲示板 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 183
重々しい
   
the portentous rolling tread of sb: (人の)もったいぶった重々しい足どり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29
大きく
   
let loose a rolling grin: 大きくニカッと笑う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 191
大波がうねる
   
there was only the rolling empty sea ahead: もう前方には、大波がうねるからっぽの海があるばかりで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 469
動揺
   
unearthly rolling: 常ならぬ動揺 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
波荒い
   
the rolling sea: 波荒い海上 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a rolling pin: のし棒
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
sb’s eyes do a funny rolling trick: わざとらしく目をむく
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 33
a limousine car comes rolling gently along: リムジン車がゆっくりと流してくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 52
shit always rolling downhill: 面倒な仕事は下にやらせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
and the hail-cloud rolling away: 雹を降らせた雨雲はようやく通り過ぎる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
waste one’s strength rolling around: エネルギーをむなしく費やす
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 102
sb’s eyes are rolling back into sb’s head: (人の)眼球が上がって白目になる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 260
have the ball rolling at last: いろいろなことがやっとうまくいきはじめる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 111
two large tears come rolling down sb’s cheeks: なみだが二つ、頬をつたってころがりおちる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 91
the crowd is rolling: 客たちがリズムに乗って波打つ
it ends in sb’s rolling over: しまいにはもんどりころがる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
be rolling in one’s grave: 草葉の陰で苦虫をかみつぶしたような顔をしている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
He grinned again, his big lips rolling back: 彼は厚い唇をめくるようにして、またにたっと笑った
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 195
a rolling hospital-type gurney: 病院式移動寝台
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
rolling head over heels: もんどり打って
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 27
sashaying slightly, a hip-rolling walk: やや斜にかまえ、腰をゆすりながら歩くさま
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
a quick-rolling ring: ころころと転がっていく指輪
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 117
refulgence of the rolling swell: ぎらつくうねり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
the echoes is rolling out over ...: 〜に残響がどよもしている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 223
the convoy, rolling heavily in cross seas, ...: 輸送船団は、横波にはげしいローリングを見せながらも〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 170
time rolling: 動きだした時間
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 79
let the thing start rolling: 最初にことわる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 143
slowly and wearily rolling his shirt down with uncertain hands: あやふやな手つきで実にのろのろとシャツを直した
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
the red rolling grass sweep up: 赤いインディアン草が風にそよぐ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 56
ツイート