× Q 翻訳訳語辞典
rough   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あらあらしい
   
throw the words out in rough tomboysh style: あらあらしく蓮っ葉に言い捨てる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
おおまかな
   
develop a rough estimate of ...: 〜のおおまかな見通しをたてる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 69
おぼろげに
   
have a rough idea: おぼろげに想像はつく ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 90
かなりひどい
   
be in rough shape: かなりひどい状態である マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 31
がさがさした
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 83
がさつで
   
He presented his natural self, large, rough expansive: そこにあるのは本来の彼、大きくて、がさつで、尊大な自己をむきだしにした姿だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
がさつな
   
sb’s rough ways: がさつさ 志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 310
こっぴどく
   
sb get real rough with me: (人に)こっぴどくやられる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 206
ごつい
   
rough hand: ごつい手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
ざっと
   
make out a rough list of possible suspects: 容疑者の可能性のある者をざっと書き出す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 52
be a rough translation: ざっと訳す ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 91
ざらっとした
   
feel again the rough texture: ざらっとした手ざわりがよみがえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
たまったもんじゃない
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 278
つらい
   
really rough time for sb: 毎日はつらい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 82
have some rough times: つらい時期を経験する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
ひどい
   
went through a rough spell: ひどい時期があった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
be very rough with sb: (人に)ひどい態度をとる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 336
やくざ
   
<例文なし> 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29

イヤな
   
there is something kind of rough at work: 店でちょっとイヤな事がある 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 9

   
in rough weather: 悪天候に見舞われると バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 79
悪い
   
sb’s rough manner: (人は)お行儀が悪い 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
rough boys: 悪い仲間たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
安っぽい
   
the interior is of simple, rough construction: 内部は安っぽい造りだ 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 101
過酷
   
proved rough from the start: 最初から過酷きわまりないものだった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
気の重い
   
have just come off a very rough case: 気の重い事件が片づいたばかり デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 36
荒々しい
   
rough souls: 荒々しい人たち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
make one’s rough brand of love to sb: 荒々しいしぐさで(人を)抱く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 193
hear sb’s rough steps approaching: (人の)荒々しい足音が近づく 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 111
a rough Japanese sea: 荒々しい日本の海 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
荒くれ
   
be grim, rough swart: 真っ黒な顔をした、恐ろしい人相の荒くれ男 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 81
荒くれた
   
some rough figure: 妙に荒くれた男の姿 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
assign sb to one of the rougher cottages: (人が)荒くれたコッテージに入れられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 230
荒けずりの
   
join their horny hands over the rough table at which they sit: 向い合って坐っている荒けずりのテーブル越しにごつごつした手を握り合わせる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 93
荒っぽくなる
   
be rough: 荒っぽくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 418
荒れくれた
   
assign sb to one of the rougher cottages: (人を)荒れくれたコッテージに放り込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
冴えない
   
look a little rough around the edges: 冴えない感じだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 224
雑な
   
a rough and sketchy affair: 雑で簡単なもの セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 173
手荒い
   
rough embraces: 手荒いしぐさ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
素朴な
   
rough still shapes like ...: 〜のように素朴で静かな姿 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 82
大ざっぱな
   
rough wordless blueprints: 言葉にならない大ざっぱな設計図 バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 46
大まかな
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 44
大変
   
that sounds rough: そりゃ大変だったな ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
it’s rough being an only daughter: 一人娘は大変だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 42
凸凹の
   
level off a piece of rough ground: 凸凹の地面をならす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
波瀾万丈の
   
a rough life: 波瀾万丈の人生 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 21
無骨な
   
rough men assembled: 群がっている無骨な衛士たち マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 185
無礼きわまる
   
rough woman: 無礼きわまる女 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 63
乱暴
   
have grown up rough: 成長して乱暴者になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sounds rough: そりゃ大変だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
rough sketch: 略図
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
rough sb up: (人を)うんと締めあげる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 308
rough plush: 独特のふわりとしたかたまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
rough hand: 暴れん坊
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 99
in rough unison: ふたりばらばらに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 141
these common, rough people, with their coarse faces and brutal gestures: がさつな顔つきと野卑な身振りのこの俗悪な連中
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 123
the rough and smooth of one’s marriage: (人の)結婚生活の浮き沈み
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
the girl who comes in to do the rough work: 掃除洗濯をしにくる娘
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 95
smooth off some of the rough edges: 神経のささくれをやわらげてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
see rough times ahead: 前途に待ちかまえている苦難をはっきり見据えている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
sb gave him a rough time: 彼は(人に)こっぴどくやられた
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 50
roughing in outlines with sb’s quick tricky touch: (人の)手早く派手なタッチで大まかな形を描いていく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 109
rough sb up fairly frankly behind closed doors: 内々には相当きびしく叱責する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
rough sb up a little bit: ちょいと痛い目を見せる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
rough it a little: むさくるしいのを少し我慢する
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 232
prove to be a very rough flight: (飛行機が)ひどく揺れる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
play rough and tumble ...: 〜にこっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
know the rough spots like the back of one’s hand: 急流のルートをつかんでいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 143
I’m feeling rough today: きょうは気が立ってるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 250
have lived that rough as sb’d be ashamed to hear of: (人が)聞いたらおったまげるくらい、手荒いことをやってきた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 127
have had one’s rough spots: 危機がなかったわけではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
have had a rough night: いろいろとたいへんなことがあった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
have a rough time: ただではすまない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
get ready for a rough time: さあ、いよいよだわ、と気持を引き締める
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 361
forge alone through this rough terrain: こうした難所を一人で強行する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 91
be rough worn, and faded: 白くささくれ立っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
be a bit rough: ちょっと危ない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 44
be rough and whitened with age: 白くささくれ立っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
it’s all a bit rough for sb: こいつはどうも(人)らしくない荒っぽさだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
rough-and-tumble atmosphere: 八方破れの雰囲気
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
have a bluff, rough-and-ready face: 顔つきはいかつくて、ぶっきらぼうで
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 53
without bothering to change out of one’s rough work clothes: 着物も着替えずに厚司姿のまま
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 92
at the bottom of rough leafy lane: 葉の茂るでこぼこ道のつきあたりに
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 58
the rough wheezing breathing: ぜいぜい荒い呼吸音
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 63
be so rough and chapped: 荒れて、ガサガサとした感じです
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 95
sb’s rough manner and coarse speech: (人は)お行儀が悪く、言葉遣いもぞんざいだ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
rough-tongued friend: 口汚ない相棒
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
a genial if somewhat rough-mannered old bachelor: やや武骨だが、気のおけない老独身者
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
the rough-and-tumble work in Afghanistan: アフガニスタンでの乱暴な生活の日々
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
rough-and-tumble of life: 人生のさまざまな難局
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 72
Tentatively she ran her hand down the rough whitewashed brick: そしてそのざらざらした白色塗料を塗った煉瓦の表面に、おずおずと手を這わせた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
sb have given him a rough time: 彼は(人に)こっぴどくやられた
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 50