× Q 翻訳訳語辞典
routine   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いちおうの
   
have made routine inquiries, then respectfully backed off: いちおうの捜査はしたが、敬意を表して引き下がった デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 183
いちおう形式的な
   
be doing routine follow-up: いちおう形式的な追跡調査をやっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 215
いつものでんで
   
go into this nodding routine: いつものでんでやけにうなずいた サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
いつもの手
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
いつも通り
   
be consumed in routine: いつも通りに過ぎる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 298
おきまりのこと
   
This was as routine as dusk Action Stations themselves: これは、薄暮総員配置とおなじように、おきまりのことだった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
きまり
   
make it one’s daily routine to do: 〜するのが毎日のきまりになっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
daily routine: 毎日のきまり 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
きまりきった
   
routine correspondence: きまりきった通信文 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
しょっちゅうやってるごく普通のこと
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 228
やりくち
   
fuck-everybody-I’m-the-best routine: みんな糞くらえ、おれだけが最高だ、というやりくち フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
やり方
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 52

パターン
   
be classic sth routine: 古典的な(物の)パターンだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 60
ルーティーン
   
one’s life on the water follows a strict routine: 海上では律儀にルーティーンを守る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25

演技
   
have seen sb perform this routine before: (人の)この演技を前にも見たことがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
何番煎じかわからない芸
   
give the routine a round of applause: 何番煎じかわからない芸に拍手を送る エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 68
簡単な
   
take over several routine jobs, unasked: いくつかの簡単な仕事を、だれにもいわれずにやりだす ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 230
繰り返し
   
numbing routine of humdrum tasks: 平凡な義務の単調な繰り返し トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 51
型が決まっている
   
Mostly the hacker's trips through my system were becoming routine: ハッカーが私のシステムに侵入したときの行動手順は、今ではほとんど型が決まっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
型どおりの行動
   
The English love routine: イギリス人は型どおりの行動を好む ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 282
経過
   
go through the same routine: おなじ経過をくりかえす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
決りきった
   
the most routine of business meetings: ごくごく決りきった商談 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 173
   
we have had that routine: その件はもういい フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 52
手管
   
a cute little routine develops: ちょっとした可愛らしい手管が実行されている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
十八番
   
have one’s routine: 十八番の演目をもっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
定時
   
routine police patrol: 警察の定時パトロール クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
定常化
   
develop an operational routine: 作戦行動が定常化する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 478
日常生活
   
accept me into one’s quiet routine: (人の)静かな日常生活の中に私を受け入れてくれる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 80
日常
   
fulsome odors of shore routine: 忌まわしい陸の日常の臭い 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
日課
   
in a routine as fixed as prayer: 日々の祈りのように決まりきった日課として トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
暮らし
   
break out of one’s hermetic routine: 世捨て人の暮らしを断ち切る オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 86

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s routine: (人が)きまってくりかえす
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 28
routine procedures: 手順どおり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 99
routine business matters: ビジネス問題一般
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
one’s routine endeavor: 日課
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
just routine: ほんの形式
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 328
Jiminy Cricket routine: 良心的に見せかける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
developed a routine: 生活にひとつのパターンができる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 182
would one’s life ever be routine again?: また変りばえのしない日常が戻ってくるのだろうか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 418
the path of one’s usual routine: かよいなれた道
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
the old boola-boola routine: 男同士の昔話
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
that whole museum routine: この博物館の模様
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
return to the routine of ...: 〜のかんを取りもどす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 82
raise one’s mind for the instant from the routine of life: しばらく日常の生活をわすれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
ordinary companionship and routine: 当たり前のこと
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 79
nothing happens to disturb the usual routine of one’s life: べつに変わったこともなく、平凡な日がつづく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 134
love to do routines like that: こういうことをやるのが好きだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
life returns to the same smooth routine: 日日の生活はまた無風状態に戻る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 159
let routine play it’s part: ルーティンだけは進めさせてくれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 96
know the hospital routine: 病院に慣れている
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 303
keep up the moral indignation routine: いつまでも悲憤慷慨している
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
it is one’s usual routine when ...: 〜ときは、いつもこのやり方だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
if one makes any changes to one’s routine: ここで筋を曲げたら
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
have been following this routine for a whole month: このひと月、同じことを繰り返している
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
go into one’s crying routine: 愁嘆場を演じる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 271
get to be something of regular routine: 〜と同じパターンが何度も繰り返される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 238
do the whole routine: みんながやるようなことをやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
do a routine of flash impersonations: 例によって瞬間物真似芸をやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 522
be just routine inquiries: われわれの気やすめに、うけたまわっただけだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 119
a good Irish routine: アイリッシュかたぎ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
'You sure it was just routine' she asked: 「ほんとにきまり仕事かしら」彼女は気にかけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 343
after this odd description of one’s daily routine of employment: 決った毎日の仕事について、こんな奇妙な言い方をしたあと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 43
routine milkrun: 伝書鳩のように定期便を飛ばす仕事
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 239
Abel quickly returned to the routine of his work: アベルはまたたく間に仕事のかんを取りもどした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 82
numbing routine of hundram tasks: 平凡な義務の単調な繰り返し
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 51
ツイート