× Q 翻訳訳語辞典
sarcastic   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
嫌味をこめて
   
with sarcastic concession: 嫌味をこめて譲歩してみせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51
口の悪い
   
sarcastic relative: 口の悪い親戚 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 44
皮肉
   
in an indifferent but heavily sarcastic tone of voice: さりげない声のなかに十二分の皮肉をこめて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 253
皮肉たっぷり
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
皮肉屋
   
Peter was always waspish, sarcastic: ピーターはもともと辛辣な皮肉屋なのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 246
冷笑を浴びせかける
   
become coldly sarcastic of sb: 無慈悲な冷笑を浴びせかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

don’t be sarcastic: 皮肉を言うな
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 67
say with a tweak of sarcastic skepticism: その口調には、不信の気持ちと軽い皮肉がこめられている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 138
make only a few sarcastic comments about ...: 〜をやんわり皮肉る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
lash out with a rather obvious sarcastic remark: かなりはっきりしたあてこすりを言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 208
in this very sarcastic voice: 皮肉たっぷりの口調で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 21
be meant to be quite sarcastic: せいぜい皮肉に言ったつもりだ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 97
add a slightly sarcastic jibe: やんわり皮肉をつけ加える
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
a sarcastic grin breaks over sb’s face: にやりと笑う
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
at sb’s mildly sarcastic accents: (人の)穏やかながら皮肉っぽい声に
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 18
haven’t meant for the words to carry a sarcastic edge: 皮肉な言い方をするつもりではなかった
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 78
Colonel Moore looked annoyed, which was my purpose in being sarcastic: ムーア大佐は、こちらの狙いどおり、ムッとしたようだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
quite sarcastic: うんと皮肉な
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36