× Q 翻訳訳語辞典
says  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that says it all about ... right there: まったく〜って国は!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
no matter what anyone else says: 世間がなんと言おうと
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 61
apropos of nothing, sb suddenly says ...: (人は)何かの拍子にふと言う
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 12
don’t pay much attention to what sb says: (人の)言うことなんか気にもとめない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
pay no attention to anything sb says: 他が何を云っても取り合ってくれない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 52
Sitting pretty, Rockhurst says and everyone below: ロックハーストによれば、じっとすわりこんで、全員船内にいるらしい
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 359
body language says: 〜という態度だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
‘...’, says one briefly: 「〜」とだけ、〜はこたえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 137
"But of course I can read it," she says bristling: 「あら、もちろん読むわよ」彼女はむっとして言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 109
He says they do it out of envy and call it civic-mindedness: ねたみからそういうことをしておいて、それを公徳心と呼ぶそうです
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 252
common sense says that ...: 正論からすれば
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 60
'It 's cute,' says Lip: 「それがまた凝(こ)ってやがるんだ」とリップは言う
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 154
... says sb, encouragingly: 〜と促す
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 263
follow everything sb says: (人の)話に一心に聞き入る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 186
the look on one’s face says ...: その顔は〜と語っている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
as the fellow says: よくそういうだろ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 38
'That's fair,' he finally says: 「それはたしかです」彼は考えたあげくに言う
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 113
finally one says that ...: 〜と念をおす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
get a note that says ...: 〜という手紙をことづかる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 369
... says one grimly: かたい表情で言う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 72
who says one has to do: どうしても〜したいという人
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 91
he says the same of you: 向こうでもあなたのことをそう言っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
can’t hear a word anybody says: 隣の人と話もできない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 304
humbug’s what it says: くだらんことばかり書いてある
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
"Have you read Kant?" she says icily: 「カントを読んだことがあるの?」女はつんとしたまま言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 109
says the imperturbable master: 侯爵は悠然としていう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 214
Or a kid who says this is boring: それとも退屈だと投げだすガキか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
listen to what sb says: (人の)訴えを聞く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 112
it says nothing of age or marital status: 年齢も、既婚か未婚かも不明だ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 9
a marker that says ...: 〜という標識
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 362
on the one hand is the message that says ...: 一部には、〜という声がある
Naturally, Angela says nothing: 当然のことながら無言のまま
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 113
never says a word: ひとことも口をきかない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
That obstinate fellow says some amazing things: あのへんくつが、えらいこと言うた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 76
'Jake says he doesn't believe it, actually,' I offered: 「ジェイクは、まだ信じられないといっていた」わたしは口を出した
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
Possibly, I though, this man is who he says he is: 案外本人の申し立てるとおりの人物かもしれないぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 211
reason says ..., but ...: 辻褄のあう考えでは〜と言うけれど
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 82
'Didn't really think you'd mind,' says he, righteously: 「別に、そっちの迷惑にもなるまいと思ってさ」彼は悪びれるふうもなく言った
deny robustly anything that anyone else says: 他人のいうことすべてをかたくなに否定する
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 70
You are, it says a sap: あんたは、とその声が言うのだ、もう落ち目だ、と
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 21
Time enough, too, says you: 年貢のおさめどき、とでもぬかすのか
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
that’s what sb says: (人が)そう言い捨てる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
He finishes laying out everything on the bar and says:: もってきた道具をバーのカウンターにならべ終えて、テッド、口をひらく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
sb says ...: (人の)話では、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
says ...: 〜の話によれば
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 127
what sb says: (人の)反応
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 108
some says ...: 〜とかいう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 195
sb says that ...: 〜と(人)
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 370
sb says that ...: (人に)よるとだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
sb says that ...: (人の)話だと〜である
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
says you: さあ、どうだか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
says a voice: こたえる声がある
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 187
one says that ...: (人に)よると〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
one says ...: 〜にいわせれば、〜だそうだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
from what sb says: (人の)話では
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
as the ad says: 広告のうたい文句のとおり
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 24
They're screwing me at the hospital canteen, he says: 売店の奴ら、俺をぺてんにかけてやがる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
So, having no reply to give to what the old man says: てなわけでじいさんに 返事してやるひまもなく
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 157
Brooks says a few more days of this will kill him: もう二、三日あの状態がつづけばあぶないとブルックスはいっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
It's a sucker bet even when the tote-board says it isn't: いくらオッズ板の数字がおいしそうに見えても、食われるのは客のほうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
have trouble with sb who says ...: (人が)〜といってごねている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 195
the voice says: 相手が言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
'Well,'says he, 'I might be wrong.': 「そうは言っても」と彼は答えた。「おれは間違ってるかもしれないからな」
neither man says a word: どちらも押し黙っている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190he
ツイート