× Q 翻訳訳語辞典
shake   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おののく
   
feel one’s body begin to shake: 全身がおののいているのを感じる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 316
かける
   
shake cheese over one’s spaghetti: チーズをスパゲティーにかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
からだがふるえる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
がくがくゆれる
   
one’s legs shake uncontrollably: 間断なく、膝から下ががくがくゆれるほどの貧乏ゆすりをする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 15
ぎくりとなる
   
wheel around, shake and queasy look: ぎくりとなり、不安げな顔でふり向く エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 244
ぐらぐらする
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
こたえる
   
badly shake sb: (人には)そうとうこたえる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 77
こまかく上下にふるえる
   
shake one’s head: (人の)頭はこまかく上下にふるえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
さす
   
a few shake their fingers at sb as an aristocrat: ときどき思い出したように、指をさして、亡命貴族だと言う者があるだけだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
はたく
   
shake sth hard: ぱたぱたはたく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 180
ひねる
   
shake one’s head: 頭をひねる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 80
ひるませる
   
be not to be shaken by distress and danger: どんな危険や困難が迫ろうと、ひるむような女ではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
ふりあげる
   
shake one’s fist: 拳をふりあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
ふりだす
   
shake sth into hand: 掌に〜をふりだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
ふりはらう
   
shake the thought off: 想念をふりはらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
ふり上げる
   
shake one’s fist: 拳をふり上げる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
ふり払う
   
shake off bad memories: いやな記憶をふり払う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
ふり立てる
   
ふる
   
with a perfunctory shake of the head: おざなりに首をふってみせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
shake one’s tails and stomp frogs: 犬が尾をふって跳ねまわるようにはめをはずす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 182
shake one’s head, interested: いかにも興味そそられるといった感じで、(人は)首を横にふる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
shake one’s head judiciously: 分別くさく首をふる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
shake one’s head in an irritated way: うるさそうに首をふる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 381
shake one’s head: かぶりをふる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
shake one’s head: 首をふる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 53
shake one’s head: 首を横にふる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 145
ふるう
   
shake sth vigorously: 〜を激しくふるう メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
empty the bag and shake it: 袋を逆さにして、中のものをふるい落とす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
ふるえる
   
Sometimes his voice shook when his heart was pounding hard like this: こんなふうに心臓がどきどきするとき、ブライアンの声はついついふるえてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
shake slightly: こころもちふるえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 202
ふるわせる
   
shake oneself: ぷるんと体をふるわせる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 640
ぷるぷるふるわせる
   
"Ooohh!" Myra cried, shaking like a bowl of jelly on a plate: 「うおおおっ」皿にのせられたジェリーのかたまりのように身体をぷるぷるふるわせながら、マイラがうめいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
まく
   
shake sb off one’s tail: 尾行をまく 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 177
ゆさゆさと揺する
   
shake the coat: コートをゆさゆさと揺する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
ゆすぶる
   
shake sb to the core of sb’s being: 全身をゆすぶられる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
be shaking sb hard, trying to wake sb up: しきりに(人を)ゆすぶって起こしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
ゆする
   
shake sth in one’s fist: 握りしめてゆする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
give sb a harsh little shake: もうひとつ荒っぽくゆする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
わななく
   
John's voice shook: ジョンの声はわなないた レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 297
わなわなとふるえる
   
Sb was shaking like a woman ...: 〜してしまった女のようにわなわなとふるえていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
わなわなふるえる
   
one’s knees shake: 膝がわなわなふるえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470

ガクガクする
   
My knees are shaking: わたし、膝がガクガクしてる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129

握りかえす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
横にふる
   
shake one’s head slowly: (人は)ゆるゆるとかぶりを横にふる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
shake one’s head: かぶりを横にふる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
横に振る
   
shake one’s head: 首を横に振る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
寒けを感じる
   
sit in the the night and begin to shake: 夜気の中に腰を下ろし、ふと寒気を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
逆襲する
   
shake sb out of sb’s apathy: 因循らしく見える(人の)態度に逆襲する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
手をとり、握手する
   
shake sb’s hand: (人の)手をとり、握手する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
首を振りたてる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
襲われる
   
appear shaken by an earthquake: 地震に襲われたあとのようなありさまだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
傷める
   
self-confidence is shaken: (人の)自信を傷める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
振りまわす
   
shake sth violently: (物を)乱暴に振りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175
振り払う
   
shake the thought off: そんな想念を振り払う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
振る
   
vigorously shake one’s head no: 強く首を振って断る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 32
simply shake one’s head no: 黙って首を横に振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
shake one’s head slightly: 小さく首を振る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
shake one’s head: いやいやをするように頭を振る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
shake one’s head: かぶりを振る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
shake one’s head: 感心したように首を振る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
shake one’s head: 嫌々をするように首を振る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
shake one’s head: 首を振り振り トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
shake one’s head: 首を振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
shake one’s head: 頭を振って答える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
shake one’s fanny: 尻を振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
shake of the head: 首を振る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
身を震わせる
   
be shaking, one is crying so hard: 身を震わせ、激しく泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
身震い
   
halfway expect a case of the shakes after the event: 事件直後の身震いくらいはなかば予期している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
震え
   
the shakes idle down: 震えが治る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
have a case of the shakes: 震えがでる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
震える
   
shake itself: ぶるんと震える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 306
洗う
   
have Western District shaking BB down: 西署に行ってAAを片っ端から洗わせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
調べる
   
shake down sb: しらみつぶしに調べる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
追う
   
shake off flies: ハエを追う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
動転させる
   
be shook: 動転する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 73
二、三度振る
   
shake one’s dress: 浴衣を二、三度振る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
揺すぶる
   
shake sb out of a trance: 神がかりになった(人を)揺すぶって正気にもどす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
揺する
   
shake sb’s gently by the shoulder: 肩をそっと揺する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
揺り動かす
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
揺れる
   
shake wearily: 所在なげに揺れる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 44

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shaken: 狼狽しきった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 181
shake the life out of sb: 殺す
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 149
shake sb up: 〜して落ち込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 510
shake sb up: (人に)活を入れる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
shake sb out: 家捜しする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 187
shake sb badly: 震撼させる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
shake sb’s hand: (人に)握手を求める
shake sb: (人)を仰天させる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
shake sb: (人が)こたえる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 149
shake sb: (人を)まいて逃げおおせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
shake oneself: しゃっきりと首を立てる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 130
shake oneself: ぶるっと体を震わせる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
shake one’s head: どうしたことかと首をかしげる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
shake one’s head: 肩をすくめる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 288
shake one’s head: 笑いながら言う
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
shake off the drops of water: 雫を切る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
shake off ...: 〜をふりほどく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 405
shake off: 弾き飛ばす
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 127
shake me: あっけにとられる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 134
shake free: 振り解く
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 85
shake down sb: (人を)脅す
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 57
one’s jumpsuit shaking: ジャンプスーツの裾をひるがえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
look shaken: ぎくりとしたようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
look shaken: げっそりしたような顔だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 295
in two shakes: 二、三十秒後に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 189
be shook up: ギョッとする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 161
be really shaken: とびあがる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
be more shaken: 動揺をもっと表に出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
be badly shaken: ひどいショックを受けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
the path shakes itself: 道がぐらりと揺れる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 35
the path shake itself: 道ががくがくふるえる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
the noise of a gun make sb shake for minutes after firing it: 銃声を聞くと、そのあと数分間は、どうしても震えがとまらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
shaking off sloth and sensuality: 懶惰と肉欲をかなぐり捨てる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 274
shaken from one’s thoughts of ...: 〜の想念からはっと現実に返る
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 29
shake up one’s timbers: 眠気を吹っとばす
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 246
shake till one’s teeth chatters: 歯の根が合わないほどの震えに襲われる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 108
shake sb to the core: 〜に(人が)すっかりうろたえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
shake sb to awaken sb: (人を)ゆりさます
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 241
shake sb out of sb’s dreams: 夜中に(人を)揺り起こす
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 87
shake out another reef: もう一度帆をあげる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 30
shake oneself free of ...: 〜を振落とす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 35
shake one out for sb: 上下にゆすり、(たばこを)一本ふりだしてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
shake one’s slacks out to its former razor sharpness: ズボンの折り目をもとどおりにぴしりと決める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
shake one’s arm off: 腕が振りちぎれる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 146
shake off sb when sb try to hold one back: (人が)制止するのを振りきる
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 98
shake off rampant anxiety: 不安を振り払う
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 74
shake and tremble, and tremble and shake: がたがたがたがた、ふるえる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 43
run a light or two to shake anybody: 信号をひとつふたつ無視して追跡をぶっちぎる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
plan to do so in about two shakes: その気になればあっというまに〜できる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 394
one’s shoulders begin to shake gently: くっくっと肩のあたりをふるわせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
one’s hand shake so with laughing that one nearly let sth drop upon the floor: 笑いころげて手もとが狂い、キングを危うく床に落っことすところだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
like a child shaken by a nightmare: 悪夢におびえて目を覚ました子どものように
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 104
let things shake out: 全部ご破算にする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
let’s shake and bake: そろそろおっぱじめようぜ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 246
hold out the two hands to shake hands with sb: 手をさしだして、(人に)握手をもとめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 65
have been severely shaken: 抑えきれぬ感情の動揺があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
can not shake off the vague feeling of dread: 漠然とした恐怖感がずっと尾をひく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 134
can’t shake the notion that ...: 〜という思いが(人の)胸を去らない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 592
begin to shake one’s head emphatically from side to side: 顔をコキザミに左右に激しく動かしてみせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
begin to shake off the shock of sb’s intransigence: (人の)不埒なやり方に衝撃を受けたが、それも徐々にうすらぎはじめている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 258
be shaking terribly with the cold: 悪寒がしてとまらない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 428
be shaking one’s hand: 握手をもとめてくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
be shaken up by: 〜で、ショックだ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 142
be not shaking around: 物音がしない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
be enough to shake nerves of steel: いくら気の強い女でもあわてるにきまっている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 40
be enough to shake nerves of steel: どんなにしっかりした女でもあわててしまう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 42
be enough to shake nerves of steel: どんなに気丈な女でもあわててしまう
actually shake hands: 握手さえした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
shake one’s head angrily: 目の色を怒らせて首を振る
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 30
shake one’s balding head: 髪の薄くなった頭を振る
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 41
barely pause to shake hands: 握手するのももどかしげである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
with a benign shake of one’s head,: おだやかに首をふる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 55
shake one’s head, a blank expression on one’s face: 言ってることがよくわからないという顔で首を振る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 77
shake hands ceremoniously: おざなりに握手を交わす
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 42
shake hands like civilized people: 紳士らしく手を握りあう
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 436
shake one’s head in good-natured contempt: しようがないやつだといわんばかりに(人は)頭をふる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
shake crazily: ぐらぐらと揺れる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 187
shake one’s head in decision: はっきりとかぶりをふる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 204
shake one’s head decisively: きめつけるように頭を振る
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 26
earnestly shake one’s head in disagreement: 懸命に首をふる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 54
shake one’s head in disgust: いやな話だと首を振る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 61
shake one’s head in a dissatisfied manner: 納得がいかないというように首を振る
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 191
draw over one’s neck the arm that shake upon one’s shoulder: (人の)肩の上で震えている(人の)腕をひっかつぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
shake one’s head in a dubious moral way: ちょっともったいらしく、にわかに父親らしく頭を振る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 297
eagerly shake me awake: ものすごい勢いで私を揺り起こす
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 9
in the early part of the shake-down: ゆさぶりをかけはじめた当初
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 93
shake hands with every person individually as he or she goes out: 出て行く男女に誰彼の差別なく一々握手する
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 57
shake one’s head like a man who is far from being satisfied: ひどくふにおちないといったようすで頭をふる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
shake one’s head firmly: 大きくかぶりを振る
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 133
shake a frying pan containing corn kernels: コーンの粒の入ったフライパンを軽くゆする
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 153
shake hands on ...: 〜で手を打つ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 42
shake one’s head vigorously: 強く首をふる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 30
ツイート