× Q 翻訳訳語辞典
space   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くうかん
   
seem miles away, in a totally different space: まるで異空間にいるように遠い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
たえま
   
the spaces between sth: (物の)たえまを 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 110
ひろびろした
   
have a feeling of airiness and space: 風通しがよく、ひろびろした感じだ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 36

スペース
   
unfilled space: がらんとしたスペース トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
park a few spaces away from sth: 〜から二、三台分離れたスペースに駐車する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
nose into a space: スペースをみつけて割りこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
create a fancy space for ...: 〜のためのスペースをていねいにこしらえる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
absorb most of the space on ...: (物が)ほとんどのスペースを占める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188

遠く
   
stare into space: 遠くへ目を向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 66
stare dreamily into space: 夢見るように遠くを見つめる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 32
間合
   
bring one’s opponent into one’s own space: 敵をみずからの間合にひきずりこむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
虚空
   
stare into space: 虚空をにらみすえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
--: -- ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 233
空間
   
over an expanse of space: 空間のへだたりを超えて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
everything around sb seem to rush into a different space: 空間ごとゆがんだようだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
広い土地
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
広さ
   
consider the space: 広さの問題だ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
時間的間隔が離れている
   
in hideously spaced installments: それぞれの場面場面の時間的間隔がいやになるくらい離れていて サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
   
it’s easier to concentrate in a small space: 狭い所のほうが落ち着くんだよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 143
場所
   
never can find an inch of space to do ...: 〜する場所もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
be parked in the crip space: 足のわるい人専用の場所に車をとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
all stack in a small space: 狭い場所で肩を寄せ合っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 90
推移
   
there is no space of time: 時間の推移はない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 196
   
space inside the chest: 抽斗の中 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 12
   
stare out into space pop-eyed: 大きく見ひらいた目をぼんやりと宙にさまよわせる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 263
stare off into space: じっと宙を見据える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 31
部屋
   
have filled this space with sth: この部屋には〜がたくさん置いてある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
部分
   
occupy so much space in ...: 〜に非常に大きな部分を占める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 286
並ぶ
   
closely spaced wires: ぎっしり並んだ針金 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 108

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stare into space: 空を見つめる
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 307
cracks and spaces: 隙間
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 36
closed space: 密室
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
with hardly an inch of space: 隙間もなく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 477
with every inch of space covered in labels: 隙間もないほどレッテルの貼られた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 176
thrust one’s head into the space: 首をつっこむ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
the result was considerably more space: これで可なりゆとりが出来た
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 122
stare off into space for a moment: つかのま目を宙にやる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 275
run out of space: あとがない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 256
provide great space for the player: 音の高低に差があってなかなか吹きこなせない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
one’s teeth are irregular and badly spaced: 歯は隙間だらけの乱杭歯だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 50
interior office space with cheap paneling: 窓のない安っぽいつくりのオフィス
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
in the space of several minutes: ほんの数分のうちの
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 23
find a space in the crush: みんなの鮨詰になっているなかへ割込む
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 269
fall into the blank space below: 虚空をまっさかさまに落ちていく
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 143
clear a space at the table: テーブルの上をかたづける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
can have space for ...: 〜が収まる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 15
be washed in space: 回りに何もない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 108
be very glad to get out of the wood into an open place: 森から広っぱにでたときにはアリスは真実ほっとしてね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
be just a little spaced out from traveling: 旅行から帰ってきて少し疲れている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
an obscure sense of distance and space: 漠とした感じ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
Americans begin to explore space: アメリカが宇宙開発に乗り出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
what lie beyond its borders in space and time: 時空間の境界のかなたに横たわるもの
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 168
the blackened space: 黒焦げになってしまった空間
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
it is only framed in space that beauty blooms: 回りに空間があって初めて美しいものは生きる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 108
a broad, low space: 平べったい空間
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 49
pitch-dark space in the ceiling: まっくらな天井うら
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 63
in a closed space: 閉めきった場所で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
this confined bright space: 四方を壁で囲まれた明るい場所
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 137
oppressively confined space: 圧し潰されたような空間
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 55
crip space: 身障者専用のスペース
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
a dozen of sth packed into a space: 十数脚の(物が)詰め込まれている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 230
the wall behind him, in the space between two drainpipes: うしろの壁に這っている排水管のあいだ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 48
"Fuck the handicap space" Keeton said, and slammed out: 「けっ、なにが身障者用スペースだ」キートンは叩きつけるようにドアを閉めた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
hand sb through the space between the tables: (人の)手を引いて席のあいだを縫うように進む
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 64
"The handicap space" Norris shouted: 「身障者用の駐車スペース!」ノリスは声を張りあげた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
be hovering in the space about sb: (人の)まわりにたゆたう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
if the space is left blank: いっそ空白のままにしてもらえば
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 184
He's parked in the crip space again: あいつ、また身障者専用のスペースに車をとめてやがる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
a predominantly gray, glass-enclosed space: どこもかしこもグレーのガラスで囲まれた部屋
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
Why do you so readily offer me working-space?: なぜそのわたしにすすんで仕事場を提供しようと言われるのかな?
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 320
run out of disc space: ディスク・スペースがいっぱいになる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
senseless waste of space: 無駄な空間の浪費
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
simply space out: 何もしないでボッとしてる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 264
small space: せまい場所
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
never solving how one body could have space for the muscles of such wings: あれを動かす筋肉がどうやったら一つの体に収まるのか、しきりに頭を悩ました
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 15
a sparse space: ひとのまばらな部屋
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
stare off into space: 宙を見すえる
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 109
take a second trip through Space Mountain: スペース・マウンテンにもう一度乗る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
ツイート