× Q 翻訳訳語辞典
special   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありがちな
   
a drunk’s special sentimentality: 酔っぱらいにありがちな甘ったるい感傷 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 157
かけがいのないもの
   
That evening at Bud and Olla's was special: バドとオーラの家でのその夜は、かけがえのないものだった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
ご贔屓の
   
sb’s special apprentice: (人)ご贔屓の徒弟 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 215
とっておきの
   
special meal: とっておきの御馳走 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 128
とりわけ
   
take a special dislike to sb: とりわけ〜をきらう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
どうする
   
don’t have any special aim in ...: 〜してどうするあてもない 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 11
に限って
   
on this special day: この日に限って 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 55
ひとかたならぬ
   
feel a special sense of obligation to sb: (人に)ひとかたならぬ恩義を感じている 辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 124
ふつうじゃない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
べつに
   
no special meaning so far as I know: べつに意味なんか無いのじゃなくって 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 73
やむにやまれぬ
   
..., driven by one’s special needs: やむにやまれぬ必要から アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 117
わざわざ
   
make a special trip to ...: わざわざ〜へ行く 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 375

一種独得の
   
have a special way of doing: 一種独得の〜をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
殊更に
   
put special emphasis on ...: 〜を殊更に強調する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 66
粋な
   
be sb’s special present to ...: (人の)粋なはからいだ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 38
精鋭
   
dispatch special forces to ...: 精鋭部隊を〜に派遣する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 85
専門に
   
keep special watch on sb: (人を)専門につけねらわせる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 191
浅からぬ
   
there is some special fate linking ... and ...: 〜と〜とは、因縁浅からぬものがある 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 179
全く別の
   
can take on a special magical meaning: 全く別の魔法的な存在になったりする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
特に
   
be observing any special vigilance: 特に警戒を厳重にしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 168
特殊
   
cover a special operation: 特殊作戦の支援に当たる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 251
特殊な
   
special type of hostility arising from its frustration: その挫折の結果として起こる特殊な敵意 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
特製
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 157
特定の
   
<例文なし> ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 242
特別
   
Special Master: 特別補助裁判官 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
special counsel: 特別顧問弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
be given special treatment: 特別待遇だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
特別な
   
possess no special qualities worthy of note: (人に)特色がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
特別の
   
make a special appeal for leniency: 事情を斟酌していただくための特別の請願をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
maintain a special friendship: 特別の友情で結ばれている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
keep a special man: 特別の職人を抱える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
have a special stance: 特別のスタンスをとって構える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
ask sb for a very special favor: (人に)特別の頼みごとをする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
別に
   
not with any special purpose in mind: 別に特別な目的があったわけではない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
優待
   
offer discounts and special rewards to end users: 顧客に割引や優待サービスを実施する ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 13
例外的な
   
a special relationship: 例外的な関係 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 467

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

special training session: 研修会
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
special smile: 一種独得の笑顔
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
special secrets: こつ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 48
special ring: 合図
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
special preparatory courses: 就学前の予備学習
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
special introductory offer: お目見え特価
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
Special Forces guys: グリーン・ベレーの連中
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
special effect shot: このショットはSFXで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 202
nothing special: ただの人
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 81
nothing special: どうってことない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 15
nothing special: なんでもない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
nothing special: 平凡な〜だ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 9
family’s special ointment: 家伝の膏薬
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 52
be pretty special: 〜はいいねえ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
be nothing special: あまりぱっとしない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
with special praise for ...: 〜は絶品だ
treat as a special case: 別あつかいする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
this wouldn’t have been of special interest to sb: それだけなら(人も)気にも止めなかっただろう
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
that’s very special pleading: これはまた尋常ならざる申しようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 273
take a special dislike to sb: (人を)目の敵にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
special qualities of the Japanese psychology: 日本人心理の特性
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
since that special night: いつかの一夜以来
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 145
share a special palship: ウマが会う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
serve the special New Year’s breakfast on lacquered trays: 正月料理の膳に就く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
seem to have a special quality of its own: 〜が格別だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
have a special voice: 口ぶりがかわる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 74
have a special reason for doing: どうしても〜するよりほかはないとおもいきわめる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 17
have a special dinner and bottle of wine: ごちそうを囲み、ワインを開ける
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 175
have a special desire to do: 〜したくてたまらなくなる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 44
feast on special buckwheat noodles: 年越蕎麦を祝う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
do not have anyplace else special to go: どこといって他に行くとこもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
cause much ringing of the handbells that announce special editions of newspapers: 号外の鈴の音の高鳴る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 406
build one’s own specials: めいめい好きに飲み物を調合する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
be really rather special: ちょいとうまい
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 95
be not feeling special enthusiastic: あまり望みが持てねえ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 30
be in no special hurry: 急いでいるわけじゃない
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 21
be considered a very special breed: 一種特別な目で見られる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
a bit too special: ちと相手が悪い
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 166
A and B share a special bond: AとBの仲のよさ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
special access: 結びつきを強める
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
special accommodation among sb: (人のみに)許された特典
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 213
have no special allegiance to sth: (物に)特別な思い入れはない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 185
any special time: 別に何時に
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
the special Arctic camouflage: 北極海用の特殊迷彩
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 56
be paid special attention: 特別サービスをしてもらう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 28
This subtle kind of bashfulness gave a special character to their marriage: この種の羞恥こそかれら夫婦の特質をなすものだった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
something a bit special: すこしく特別なもの
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 28
special branch man: 警視庁特別部員
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 125
treat as a special case: 別あつかひする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
special case: 例外
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129
Theirs was clearly a special relationship;: これは、どうみても例外的な関係だった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 467
at the close of a special session: 特別議会の閉会まぎわに
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 7
I did have a special clue although not in the sense my wife thought: 妻の言うような意味ではないにしても、べつな心当りはあるわけだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
contribute to a special study of ...: 〜を特別に勉強する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
the passion sb and sb bring to their meetings and couplings take on a special intensity: (人と)(人が)会って身体を重ねるとき、そこには特別な高まりのようなものがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
a special course: 特別研修
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
one’s special delicacy: 〜随一の珍味
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
Kae tried to discover if Otsugi had any special secrets,: 加恵は最初のうち、姑のそういう身じまいのこつを見極めようと思ったのだが、
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 48
grant a special dispensation: 特別の例外を許す
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
dissemination of special knowledge: 特別な知識はあまねく流布すること
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 19
always show special fondness toward sb: 〜を可愛がる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
gain some special privileges: 特別に有利な待遇を受ける
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 103
get something special off sb’s own Welcome Wagon: (人)自身の特別な引っ越し祝いをうける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
He put special emphasis on the word 'impostor', but Kurimoto said nothing: 彼は「贋者」という言葉を殊更に強調するように言ったが、栗本は黙っていた・・
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 66
Took a special dislike to me--said I was to be booted off the ship instanter: とりわけ、私はきらわれたものだ--即刻本艦からおっぽりだすそうだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
be phrased in such special jargon: 特殊な言いまわしを使う
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 26
with one’s special knack at doing: 御得意の〜で
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 144
must feel a special sense of obligation to sb: (人に)ひとかたならぬ恩義を感じているのは必定だ
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 124
"I ain't feelin' special enthusiastic," Bill persisted: 「おれには、あまり望みが持てねえけどな」と、ビルは言い返した
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 30force