× Q 翻訳訳語辞典
spirit   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきいきとして
   
vivacious spirit: いきいきとして活発なところ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 60
おもむく
   
in the spirit of one’s faith: 信仰心のおもむくまま ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
まぼろし
   
spirit of waterfall: 滝壺のまぼろし 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 32
らしさ
   
the gracious spirit of spring: 快い春らしさ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 44

レベル
   
say ... in much the same spirit that ...: 〜と同じようなレベルで言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 90

意気
   
in tremendous spirits: 意気高らかに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
意欲
   
sb of spirit: 意欲に燃えた(人) トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 311
機嫌
   
lose some of one’s good spirits: 上々の機嫌を損じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
気持
   
it’s the spirit behind it that counts: その気持がうれしいじゃない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
気持ちのあり方
   
it is the spirit here that count: 要は気持ちのあり方だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 203
気分
   
revolutionary spirit: 革命気分 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 174
in high good spirit: 意気揚々とした気分で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
気力
   
be full of spirit: (人の)気力が生き生きする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
景気
   
detect little of the New Year spirit: 正月めいた景気がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
元気
   
show a little spirit: 元気をだして 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 137
be fairly good spirits: なかなか元気そうだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
a momentary return of sb’s old spirit: 一瞬もとの元気にかえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 327
   
troubled spirits: 荒れさわぐ魂 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
one’s spirits aren’t in severe physical trouble: 魂が肉体のきびしい試練に屈しない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 290
士気
   
Spirits were very low when they were all assembled in room 217,: 全員が二百十七号室に集まったとき、士気は目に見えて低下していたが、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
手引きする
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 111
趣旨
   
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 65
女神
   
winged spirits: 翼をもった女神 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
   
   
the flame of sb’s spirit: 心から燃えあがるよろこび ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
spirit of dependence: 依頼心 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 8
profound converse of spirits: 心と心の深い結びつき 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 142
our spirits can commune: わたしたちの心は結ばれている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 198
one’s spirit feels refreshed: 心がすうっとする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
maladies of the spirit: 心の病気 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
lift everyone’s spirits: 人々の心を浮き立たせる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 85
fill one’s spirit with ...: (人の)心を感動で満たす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 43
精根
   
the repository of one’s spirit: 精根を傾けた原稿 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
精神
   
spirit of non-discrimination and equality: 無差別平等の精神 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 85
public spirit: パブリックの精神 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 41
one’s spirit is on alert: いま精神は高揚している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
modern spirit: 今日の時代精神 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 170
feel there is a life of the spirit: 精神生活を体感する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
feel any concern for sb’s spirit: (人の)精神を気遣う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
enfold one’s large spirit: 偉大な精神が宿っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
be kind of a free spirit: 自由な精神の持主 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
a failure of spirit: 精神的に失敗 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
地霊
   
the spirit of the dark continent is hard to dislodge from one’s mind: 魂に棲みついた暗黒大陸の地霊は、おいそれと退散してくれない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 167
熱意
   
condemn sb as deficient in the wit and spirit: 機知と熱意に(人は)欠けていると宣告を下す オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 135
様子
   
in a spirit of brooding dejection: むっつりと、思い屈した様子で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 486
   
sb’s attendant spirits: (人の)守護霊 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
霊魂
   
there is a terrible spirit living inside sb: (人の)中に、恐ろしい霊魂が巣食っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the moving spirit: リーダー格のやつ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
the Great Spirit: 神
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
spirits: こころもち
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 111
spirit sb away: (人を)さらう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 202
sb’s spirits heighten: とみに元気づく
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 9
one’s spirit gorges: 高揚感に満たされる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 627
of such dauntless spirit: 気丈な
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 249
lower the spirits: 〜にほとほと気が滅入る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 260
in the spirit of truth: 正直に
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 106
in high spirits: 勢い
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 60
in high spirits: 弾んだ気持そのままに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
in famous spirits: すっかり張りきって
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 220
in a spirit of play: ふざけて
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 145
evil spirits: 妖怪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
an evil spirit: 悪魔
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 83
a spirit of hope: 希望
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 174
a kindred spirit: おなじ道を歩む者
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 47
young man full of ambition and high spirits: 少壮気鋭の徒
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
with a great deal of spirit: じつにいきいきと
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 75
treat the subject in a frivolous spirit: わざとたわいのない受け答えをする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
the idea that ... rejuvenates sb’s spirit: 〜と考えると、精神的に甦るのを感じる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 3
still, one is not bad spirits: 落胆しているわけではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
spirit sb into ...: (人を)〜にもぐりこます
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
seem in fine spirits: 元気をとりもどしたようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
sb in excellent health and spirits: はちきれんばかり元気な(人)
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 178
sb and sb are such kindred spirits: (人と人が)心が通じあっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 207
say with a sudden declension in one’s high spirits: たいした勢だったのに急にがっかりした声になる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 81
say sb with spirit: 勢いこんでいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 171
revive one’s flagging spirits by doing: 〜して元気をつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 289
relieved and in high spirits: 心も晴れ晴れとした
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
put one’s in good spirits: 胸がわくわくしてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
provoke sb’s fighting spirit: (〜で)(人の)全身に闘志が漲ってくる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 142
prepare to meet sb in friendly spirit: 心やすく迎えようとする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 106
one’s spirits quite high: (人は)意気揚々とする
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 200
one’s rare manifestation of spirit: 一時的の精神力
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 203
men with troubled spirits: 心にひっかかりのある男
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 486
kill the spirit in ...: 相手を疎外し、意気喪失させる
in a spirit of play: 面白半分に
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 97
have some of the more implacable spirits upon one’s track: 執念ぶかくつけねらわれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 150
have got the spirit: 実に冴えている
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
go away in an unkind spirit: 気を悪くして出てゆく
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 116
get caught up in the spirit of the occasion: この場の事情をわかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
forswear the new spirit of rebellion: 反抗心の芽を摘み取る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
fellows of the most indomitable spirit: じつに不敵のつわものども
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 64
feel one’s spirits begin to lift: しだいに気分がほぐれてくるのを感じる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 80
do in a devil-may-care spirit: なんでもかまわない、やっちまえと思って〜する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 91
destroy the fabric of team spirit: チームワークをがたがたにする
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 150
come home in high spirits: たいした元気で帰ってくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 155
be relieved and in high spirits: 心も晴れ晴れとした
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
be really in the spirit of things: すごく気分がいい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31
be no longer the carefree spirit: もうのんきな娘ではない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 41
be in such high spirits about having done: 〜して飛び立つ嬉しさをもつ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 85
be in great spirits: 大はしゃぎにはしゃいでいる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 46
be in good spirits: 心は落ち着いている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
be cursed by evil spirits emanating from the dead dogs and cats: 犬猫の祟りを受ける
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 99
be always in calm good spirits: いつも平静だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 15
be always apparently in good spirits: いつも生気溌剌としている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 14
be a kindred spirit: 共通の好みをもっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 258
the spirit of sth has been clear: 〜精神はその趣意、もって単純明快である
a lady of great courage and spirit: たいへん心のしっかりしたご婦人
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 45
detrimental to the spirit of ...: 〜の精神を損なう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
disturb the stillness of sb’s spirit: (人の)精神の高き静謐を毀す
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34
be well embodied the spirit of ...: いかにも〜らしい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 116
endeavour to stay the spirit of a fast-dying man: 今もう死にかけている人間の魂を、なんとか引止めようとする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
essential spirit of ...: 〜の根本精神
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 104
like an evil spirit seeking rest and finding none: まるで憩いを求めて得られない悪霊ででもあるかのように
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
an evil spirit is at work: 魔がさす
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 235
endeavor to stay the spirit of a fast-dying man: 今もう死にかけている人間の魂を、なんとか引止めようとする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
high spirit:浮かれすぎ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 375
like some homeless spirit: まるで行き場を失った魂のように
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 88
haven’t quite imbibed ... spirit: 〜の精神を完全にのみこむまでには至っていない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 63
as if to infuse it with a spirit of its own: 心を移すように
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 120
be sordid and mean-spirit: 下品で悪意に満ちている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
model spirit: 模範精神
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 199
be a spirit moving among mortals: 人間世界の中に降臨した精霊
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 165
old “oyake spirit”: 従来通りの「おおやけ」精神
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 42
passivity of spirit: 受容の心
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 150
rebel spirit: 反骨精神
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 298
refresh one’s spirit: 精神を休める
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 166
ツイート