× Q 翻訳訳語辞典
steam   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かっかする
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
もやもや
   
let off steam: もやもやを吹っとばす アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 240

カッカする
   
Both of them were still steaming when they filed into his office: 二人ともまだカッカしながら監督室に入っていった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 301

湯気
   
steam rises: 湯気がたちのぼる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
steam is rising: 湯気がのぼっている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
steam come out of ...: 〜から噴き出す湯気 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
squint in the steam: 湯気ごしに目をこらす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
shrouded in the billowing steam from the pots: ほうほうと立ちのぼる湯気にまみれて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 7
be full of steam and smoke: 湯気と煙がたちこめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
be almost translucent from the steam: 湯気に湿ってほとんど半透明になっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 38
湯気で蒸される
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
頭がかりかりする
   
spend most of the night awake and steaming taut: 眼は冴え、頭はかりかりし、神経は張りつめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

steam open envelopes: 封筒を湯気で開封する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 194
blow off steam: うっぷん晴らし
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 151
what’s got you all steamed up?: なぜそんなにのぼせてるんだ
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 40
trail off, like a windup toy running out of steam: ねじがほどけた玩具のように、尾をひいて消える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 77
there’s nothing to get steamed up about: そう怒らずに
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 59
the steaming volcanic crevices: 活火山の火口
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 38
still steaming about ...: 〜による怒りをしずめえぬまま
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 112
steam away from ...: 煙をもくもく吐きながら(場所に)別れを告げる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 95
steam a fastball by to strike sb out: 湯気の出るような速球を投げてバッターを三振に切ってとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
run out of steam: 話す種がなくってしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
must eventually run out of steam: どうせそのうち品切れになるだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 87
make the steam arising from the bubbling lake: 〜のため池は沸き立ち
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
make off quite unharmed, under one’s own steam: 元気でどんどん逃げだす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 221
it is better for sb to let off steam at sb’s expense, to vent on sb, than to do: 胸の中に長い間つっかえているものを(人に)向かってぶちまけて気がすむのなら、〜するよりは、まだそのほうがいい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
have oneself got so infernally steamed up: どうにもおさまりがつかないほど頭に血がのぼっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 70
as son as one is steamed up enough to get this feeling in one: この気分が十分身体じゅうにみなぎるのを待ちかねて
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 11
a steam of drool runs out of one’s mouth: 口から涎がこぼれ落ちる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
need hardly add that one is simply letting off steam: 言ふまでもなくこれは憂さ晴らしである
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
We both need to blow off steam: おたがい、うっぷん晴らしが必要なのだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 151
"With my heart going like a complete steam engine," as he later claimed: 「おれの心臓はまるで蒸気機関のようだった」と、あとで彼は述懐している
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
go like a complete steam engine: まるで蒸気機関のようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
My networks were as essential to the lab as steam water, or electricity: 私のネットワークは、スチームや水や電気と同様、研究所の生命活動の一端をつかさどっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 201
The hand groped forward, he clutched at a steam pipe as if to steady himself: その手が前方におよぎ、彼は身をささえるかのようにそばのスチーム・パイプをつかんだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 234
hear the reverberations of the steam engine: 蒸気機関のひびきが伝わってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 188
be the last of the steam age: 蒸気機関時代の尾をひきずっている
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 141
old steam-engine: 古めかしい蒸気機関
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
or simply run out of steam: それとももう話す種がなくなってしまったのか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
ツイート