× Q 翻訳訳語辞典
stone   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すっかり
   
be stone drunk: すっかり酔っ払っている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433

   
pull the sword out of the stone: 若き日のアーサー王さながら、岩に刺さっていた剣を抜き放つ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
   
two birds with one stone: 一石二鳥 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 89
those among them without sin to cast the first stone: このなかにたれか罪なき者あれば石もて我を打て スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
suspect stone: あやしげな石 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
sheer stone face: 石肌 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
out of stone: 石造りの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
be turned to stone: 石になってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
be as impressionable as stone: 石のように鈍感なタイプだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
allow one’s face to become a frozen mask of stone: 顔は凍って石の仮面になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
石をぶつける
   
be stoned: 石をぶつけられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
石畳
   
on the stones just outside the door of the wine-shop: 酒店のすぐ店先の石畳に ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
石畳の
   
long stone streets overhung with black, steep roofs and innumerable towers: 傾斜の急な黒い屋根や塔が林立する延々たる石畳の街 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 69
石造りの
   
magnificent stone home: 石造りの豪壮な自宅 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
石彫の顔
   
stone faces crimson: 石彫の顔もまた真紅の色に映える ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
度胸
   
You just had to have the stones to enforce discipline: 規律を徹底させるには、度胸がなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 219

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

get stoned: ラリる
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 17
be completely stoned: 完全に酩酊する
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 45
the loose stones of the river bed: 石ころだらけの川原
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 294
step firmly up the stone steps: 石段を一歩々々、ふみしめるように上って行く
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 5
no stone left unturned: やっぱり一筋縄ではいかないな
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 134
leave no stone unturned to prove it: それを証明するためには草の根を一本残らずかきわけることも辞さない
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 274
kill the suggestion stone dead: その勧告をあっさりつぶす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 98
in a smoke of stones: 投石の雨をぬって
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 149
don’t plan to leave a stone unturned: あらゆる手段を尽くすつもりだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 220
do not leave a stone unturned: 一押しも二押しもする
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 189
chisel sth in stone: 〜が自縄自縛となる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 127
be made of stone: 血も涙もない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 278
against the grey stone: 灰色の石碑に
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
such ample leisure have the stone faces: あの数々の石彫の顔も、ひどく手持無沙汰げに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
fling one’s stone at a distant stalk: むこうのほうに立っている草の茎めがけて石を投げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
a large stone bird bath: 大きな石でできた小鳥の水浴び場
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
the bridge spans the river on stone piers: 橋が石の脚柱にのって川をまたぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
walk briskly up the high flight of stone steps: 高い一続きの石段をとんとんとのぼる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 136
walk briskly up the high of stone steps: 高い石の階段を一気に駆けのぼる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 56
chateau and hut, stone face and dangling figure: 城館、埴生の宿も、石彫の顔も、ダラリと下がった死骸も
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 319
sit on the bare stone in a circle: 石の上に車座になる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 82
a dark storm-beaten city of stone: 嵐にうたれる鉛色の石造りの街
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 10
be stone-cold deaf: 〜の耳は完全に聞こえない
decaying stone: 崩れかけた石
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
dilapidated stone pillar: 朽ちた石塔
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 35
For a piece of stone this size, it needs to be twice as thick: 石のテーブルでこの大きさだったら、厚さはこの倍はなきゃあ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
graved stone: 彫像
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
It's practically graven in stone: そんなきまりかなにか、石碑にでも彫りこまれてるんじゃないかと思っちゃうわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
by one’s heap of stone: 石置き場のそばに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
be hemmed in by a stone wall: 石の塀で仕切られている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
inscription on stone: 墓碑銘
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 44
dumb tonnages of insensible granite that bear their tiny lives in its stone intestine: 石の胎内に彼らの小さな命を孕んだ無感覚な花崗岩の大集積
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
limitless expanse of stone: 底の知れぬ厖大な山塊
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 230
a lump of stone: 石ころ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
an owl made of stone: 石でこさえたふくろう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 63
a massive pile of stone: 石の巨大な造築物
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 80
pass through a broken-down gate with stone pillars: こはれた石の門からはいる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
stone paving: 石畳
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 32
a perfect stone: 投げやすい石
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
pumice-stone face: あばた面
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 104
shy an occasional stone at sb: 時々石をぶっつけてやる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 152
a single slab of stone: 一枚岩
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 39
stepping stone:沓脱の石
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
stone-face:怖い顔をする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
stone-flagged embankment: 板石を敷きつめた堤防
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 44
in strong stone houses: がっしりした石の屋敷の中に
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 18
two stones sweeps of staircase meeting in a stone terrace: 石造の階段が二つ、ずっと左右から上って石のテラスで一つになる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 212
the stone faces showed as if they were in torment: 例の石像群の顔は、まるで責め苦にでもあえぐかのように、ゆがんで見えた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
an unseeable stone roof: 闇に塗り潰された洞窟の天井
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
Stone-quarrying’s more about the size of it: 採石場で働いていたというところだろう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 88
"Young man!" said Stone sharply: 「若いの」ストーンが口調をきつくした
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 153
ツイート