× Q 翻訳訳語辞典
sympathy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いたわり
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 256
いたわる
   
in a tone of sympathy: いたわるような口調で 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 32
かわいそうだ
   
feel no sympathy: かわいそうだと思わない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
なぐさめ
   
a friend’s sympathy: 友だちのなぐさめ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 94

悔み
   
express one’s sympathy: 悔みを述べる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
共感
   
You've had too much, he thought in unexpected sympathy: きみはもうじゅうぶんやったよ、と思いがけぬ共感がわいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
見舞の言葉
   
stand up and come over to offer one’s sympathy: わざわざ席を立って見舞の言葉を述べに来る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
   
sympathy for oneself: 自己憐憫の情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
心情の共感能力
   
an overexpenditure of sympathy: 心情の共感能力を乱費する ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 65
同情
   
sense a stirring of sympathy: 同情心が動きはじめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
look down at sb without a trace of sympathy: 一片の同情もない目で(人を)見おろす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
hold a great deal of sympathy: 非常に同情がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
have sympathy for ...: 〜に同情がわく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 482
get the sympathy vote: 同情票が集まる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
can feel no real sympathy for sb: (人に)何の同情も起こらない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
同情心
   
save one’s sympathy for sb: 同情心は〜に残しておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
don’t have a sympathy: これっぽちも同情心なんて湧いてこない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
ask with practiced sympathy: お手のものの同情心あふれる声をつくってたずねる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 125
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
友情
   
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁の社会では、驚くほど友情が篤くて連帯意識が強い ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁仲間には不思議なほどの友情と仁義があるものなのだ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
there is a wonderful sympathy and freemasonry among horsy men: 馬丁仲間のあいだには、おどろくほど友情と仲間意識とがある ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 25
憐憫の情
   
be worried about developing sympathy for sb: 〜に憐憫の情をわかさないかと心配だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 576

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

show of sympathy: 人のいい顔
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
capacity for sympathy and understanding: 理解力
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
be in sympathy with sth: 〜系の
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 110
warn all human sympathy to keep its distance: 人情などはいっさい受けつけない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
there is so keen a sympathy between us: 私たちのあいだには、何か目に見えないつよいつながりがある
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 184
regard sb with sympathy: (人に)憐憫のまなざしさえ向ける
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 140
play on one’s sympathy: 泣き言を聞かす
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 5
laugh out of sympathy with sb: (人の)笑うのにつりこまれる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 223
express one’s sympathy for ...: 〜を思いやる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
can’t work up any sympathy for sb: (人の)気がしれないね
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 122
be in sympathy with new forms of art: 新しい芸術を標榜する
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 79
be in sympathy with ...: 〜に同情的な見方をする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
a surge of momentary sympathy: 強い親愛の情
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 25
And, again, my deepest sympathy to you and your family: 閣下とご家族に、あらためて深くご同情申し上げます
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 138
apparently in sympathy: 共鳴せるものとみなさる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 17
be hard to please and distinctly lacking in sympathy and understanding: 〜のようにきげんのとりにくい思いやりのない頑固者はない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
feel a meddlesome sort of sympathy for sb: (人に)お節介な同情を寄せる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 46
make me able to feel a surge of momentary sympathy: 強い親愛の情をかきたてる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 25
Is it an impertinence, madame, or may I be permitted to offer my sympathy: マダム、少しぶしつけのようでございますが、私が心からあなたに同情申しあげるのを許していただけますか?
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 271
there is little sympathy for the meaningless problem of ...: 〜といった愚劣な悩みはまるで同情を買わない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 44
express sympathy with sb’s plight: 相手の状態に同情を表明する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 86
He was earnest suddenly, serious, a sponge of pity and sympathy: にわかに真顔になり、深刻そうな顔になり、憐(あわ)れみと同情をたっぷりと込める
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 322
unexpected sympathy: 思いがけぬ共感
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
sb’s unlawful sympathy with sb: (人に)たいする理屈にあわない同情
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 146
With well-chosen words, Honda expressed his sympathy for the way Isao felt: 本多はゆきとどいた文言で勲の現在の心境を思いやり、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
ツイート