× Q 翻訳訳語辞典
taking  
奪うこと
   
there can be little real satisfaction in the taking of life: 命を奪うことに真のよろこびはありえない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 152

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sth lead to the taking of fantastic risks: 〜から恐るべき危険をあえて冒す
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 179
taking advantage of one’s position in ...: 〜に勤めているのを幸いに
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 97
taking advantage of doing: 〜をよいことに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 34
be taking advantage of one’s position as victims: 被害者としての立場に甘えている
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 21
don’t see oneself taking it all the way: トコトンやろうとしない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 87
always taking the same route: いつもの道を通って
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
that isn’t taking anything away from sb: (人は)そんなことでビビるような男じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 60
be approached about taking the job: この職の候補者として接触を受ける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
wondering what I ought to say an appropriate leave-taking: キツカケがつかめない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 156
An argument, rather than an ordinary conversation, seemed to be taking place: 能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
be taking the army’s part: 軍人贔屓
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 197
austere leaving-taking: あっさりした出航
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
be taking one’s bearings: ちょくちょくと身のまわりの状況をたしかめる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
before taking his head between her hands and kissing him on the mouth: ・・・から、両手で彼の顔をはさんで口にキスをした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
be a restorative measure the body is taking on its own: 体が自らを回復しようとしていて、〜はその手段だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 130
taking long breath: 大きな呼吸を一つフーッと吹いて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259
idea of taking over the first store’s business: この古い店の客を横取りしてしまおうという魂胆
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 44
But he was taking no chances: それでもまだ大事をとった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 91
taking great care not to do: うっかり〜してはならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 398
taking care of ...: 〜の御心配
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 15
be quite capable of taking care of oneself: 身のほどをよく知っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 312
be taking a chance: 危ない橋を渡っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
be taking enough chances: じゅうぶん危険はおかしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
I am taking no chances: 念のためです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 162
be taking no more chances: もうぐずぐずしていられない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
be taking no chances: 用意周到な男だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 221
with great changes taking place: 騒然として
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
as if taking a constitutional in a prison: 刑務所のなかで無理やり散歩させられているかのように
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
be taking incredible courage for sb: (人)にとってものすごく勇気のいることなのよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
be taking credit for sth: 〜によほど自尊心をくすぐられる
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 363
taking a deep breath: ふっと大きく息をする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 61
taking a few deep breath: 大きく息をつく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
forbear one’s desire for A by taking B: AがほしいところをBで辛抱する
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 230
one’s voice taking on a distant,thoughtful quality: ぼんやりと考えこむようにいいながら
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 50
taking drugs: 薬を使うなどという行為
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
taking it easy: 一息入れている
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 108
By that time, everybody was taking care what they said in front of others: もうそのころには、誰しも人前へ出たときには言葉に気をつけるようになっておりました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
Kelly unfolded the chart, again examining the river he'd be taking up: ケリーは地図をひろげ、自分がさかのぼる川をもう一度よく見た
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 173
for the express purpose of taking ... off to sb: (人に)向かって上げてみせるためだけ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 156
without taking one’s eyes off ...: 〜に目を落としたまま
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 302
never taking one’s eyes away from sb: その一部始終を見守る
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 51
with a ten-dollar grin taking up most of one’s face: 十ドル相当の笑顔をのぞかせる
without taking one’s foot off ...: 〜に片足をのせたまま
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 161
seem to be taking forever: 一朝一夕にはまとまらない様子だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 239
taking on a full-blown system of thought: そうするための思考システムの習得
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 59
taking things a step further: いっそのこと
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 106
be pretty good taking people down: 検挙成績を上げてる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
Imagine! I thought as I bounced along in the taxi taking me west: 考えてもみろ! と西へ向かうタクシーにゆられながらわたしは思った
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
jump into the river and taking sb with one: (人ごと)川に入る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 133
try to prevent their husbands from taking a juniour spouse: 夫が若い第二の妻をめとるのをいやがる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 59
less taking up about down of hems, less mending: 直したり、繕ったりする面倒が省ける
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 28
impress upon sb the importance of taking all the little everyday necessities: もっとこまごました日用品が大切だと言う
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
was taking a long time to do: 〜は手間取った
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
wouldn’t mind taking a risk: こんな危ない芸当をするのを何とも思っていない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 51
be not taking any risk: 危険は皆無
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
one’s voice taking a note of respect: 語調を改める
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 146
taking from sb sb’s one privacy, the night: (人から)たった一つの秘密の慰めである夜をうばってしまう
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 105
what is taking sb so long to organize oneself?: いったいあの(人々は)なんでさっさと尻をあげようとしないのだろう?
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 141
be taking one’s own step into ...: 〜へ自分なりに一歩踏み込もうとしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
sb’s way taking sb past ...: たまたま道は〜の前を通っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
the picture on the adultery puzzle is taking shape: 不倫の謎を説明する図がだいぶ見えてきた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 91
Smiley prompted, taking her mittened hand in both of his: スマイリーは彼女の手袋をはめた手を自分の手で包んで、話をうながした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
be very much surprised at sb’s taking it so quietly: (人の)落着きはらったようすに、〜はあきれ顔だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
rag doll taking a final bow: 最後の挨拶をする操り人形
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 51
really taking off: 大躍進だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 181
ツイート