× Q 翻訳訳語辞典
trace   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をたぐる
   
trace sb’s background: (人の)線をたぐる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 44
〜気
   
without a trace of makeup: 白粉気のない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 315
〜味
   
a trace of weakness: 弱味 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401

おもかげ
   
Yet look as he might, he could find no trace of the old fields and forests: どこに昔の畑や森のおもかげがあったでしょう 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
かけら
   
if there were just a trace of humor: ユーモアのかけらでもあれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
かげ
   
there isn’t a thing to be seen, not a trace of sth: 〜が、かげも形もありません 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 49
a trace a vapor, of a smile: 笑いのかげ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
かすかに
   
a trace of spitefulness: かすかに意地悪な ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 47
つきとめる
   
trace sb’s connection: (人の)接続経路をつきとめる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 272
とされている
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 61
なぞる
   
trace over ...: 〜をなぞる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
なでる
   
lightly trace the surface with one’s finger: 表面をそっと指でなでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 499
わかる
   
We'd already traced one suspicious connection to a 1200-baud line: すでに、正体不明の利用者は1200ボーの回線でアクセスしたことがわかっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 38
わずかに
   
with a trace of sullenness around the mouth: 口元だけがわずかに不快げにゆがむ ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 74

イメージ
   
with no trace of the morbid, masochistic tendencies: マゾという病的なイメージはない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 80

一片
   
look down at sb without a trace of sympathy: 一片の同情もない目で(人を)見おろす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
一抹
   
a trace of ...: 一抹の〜 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 15
   
there is not a trace of ... in one’s expression: 表情には〜の影はない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 108
観察する
   
trace the course of ...: 〜の過程を観察する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
逆探知する
   
trace sb: 逆探知する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
手がかり
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
証拠
   
wipe away all traces of sabotage: 破壊工作のどんな証拠をも消し去る コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 48
   
with no hesitation and no trace of wonder on one’s face: (人の)顔に驚きの色も当惑の影もうかばない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 31
辿る
   
trace sb’s gaze: (人の)視線を辿る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
追う
   
trace the circuits of a chip: 集積回路の動きを追う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
伝わる
   
trace through family trees: 家系を通じて伝わる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
破目
   
kick over the traces: 破目を外す 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 40
微かに
   
hear a trace of static on the line: ざっという雑音が微かに聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
描く
   
trace a large lax circle: ゆるく大きく輪を描く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
名残
   
no trace of ...: 〜の名残すらない クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

trace sb’s connection: 逆探知する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
trace of fire: 火の気
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 288
trace evidence section: 物証係
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 183
a trace of ...: 些少の〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 42
a trace of ...: 寸分の〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
you won’t find any trace of another man: 愛人のアの字もない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 215
without the trace of a smile: にこりとも頬を緩めずに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 320
without a trace of difficulty: 苦にしている風はなく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
with the trace of a smile: 含み笑いをしながら
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 15
with no trace of ...: まったく〜の気配を見せない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
wear the faintest trace of lipstick: 口紅を薄くつける
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 191
want to trace one’s ancestry: 実の親の身元を詳しく知りたがる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 11
trace the entire link back to ...: 逆探知は〜をつきとめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
trace sth to ...: 〜を追って〜を突きとめる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
trace sth back to ...: (物を)〜だと突きとめる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
trace sth’s tiny hard trail down one’s throat: 喉の奥を〜がぎくしゃくと通りぬけていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
there isn’t trace of ...: その辺には影も形も見えない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
there is not even a trace of a smile on sb’s face: (人は)苦笑さえしない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
there is no trace of amusement in the eyes: 愉快そうな目つきは消える
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 619
there is no trace left in the box of ...: 籠のなかの〜の姿は消えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
there is little trace of the length and solemnity of sb’s face: 面長でしかつめらしい(人)自身の容貌はほとんど受けついでいない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 12
the last traces of summer heat were fading away: 残暑もそろそろ衰えかけた
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 10
squeeze every trace of compassion: 人を思いやる気持ちをすっかり絞り取る
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 81
smile in a quickly fading trace: 顔に微笑がうかび、すぐに消える
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 245
show no trace of hesitation: ためらう風もない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 215
show no trace of ...: 決して〜する風でなく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
seem to trace the influence of sb: どうやら(人が)音頭をとったものらしい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 188
police calls can be traced almost instantly: 警察は瞬時に電話の逆探知をすることができる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 223
no trace of terror now in one’s radiant face: その晴れやかな顔には恐怖の影はみじんもない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 238
never wear a trace of make-up: 白粉気のない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 57
mop up the last trace of gravy: 皿のグレイヴィをきれいに拭き取る
keep the feds from tracing sth to sb: 〜と(人)とを結びつけようとする政府の追及をかわす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
haven’t a trace of guilty conscience: 少しも自分をやましいとは思わない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 138
have not one trace of affection for sb: (人を)好いてはいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
feel a trace of contempt for ...: 〜にかすかな嫌悪感がある
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
fail to reveal any trace of sth: 何の収穫も得られない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 330
fail to find any trace of sb: (人の)影もかたちもない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 14
eyes was perhaps lodged a trace of ...: 目に〜が宿ったような気がした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
don’t feel slightest trace of pity for sb: 不憫という感じは少しも起こらない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
disappear without a trace: 忽然と消える
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 141
carry equal traces of admiration and amazement: 賛辞と驚きがこもっている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 93
can find traces of green: ちらほら緑色のものが覗いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
can be traced to ...: 〜を応用した
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 237
be without a trace of cloud: ひとひらの雲さえ認められない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 224
be traced to ...: 〜が原因だ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 132
be traced to ...: 〜の原因は〜に起因する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 229
be traced to ...: もとをただす
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 86
be motivated no trace of pure, even vulgar curiosity: 気持ちに好奇心や物見高さがない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
allow oneself the traces of a wry expression: 声がかすかにひきつるのをあえて隠さない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
be very agreeable to trace the likeness: とりわけ似た点がたどれて楽しい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
trace ... all the way: 〜の尻尾をつかむ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
not only trace ..., but also find ...: 逆探知すると同時に〜を調べる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
And just when the trace seemed promising: それも、今度こそと望みを新たにした矢先のことである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
Here was a way to avoid a phone trace: 電話を逆探知する必要はない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
bear trace of the drunken folly of the pirates: 海賊たちが酔いにまかせてばかさわぎをした跡が残っている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 259
She also had not one trace of affection for her brother Oshu: そしてまた彼女は、血のつながる弟の欧洲をも好いてはいなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
show no trace of disdain: 決して軽んじる風でなく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
without a trace of disorder: 寸分の狂いもなく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
find a trace: 手がかりをつかむ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
There was no longer any trace of the magnanimity of a leader of troops: そこには軍の指導者の闊達は残っていない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 346
But now, we've got to trace both Tymnet and a telephone call: しかし、こうなったら私らとしては、タイムネットと電話と両方を探知しなくてはなりませんね
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
perpetual trace of a sneer: たえず浮かぶ嘲笑
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 16
book trace: 古本稼業
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 92
worthless trace: 無用の探知
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 204
ツイート