× Q 翻訳訳語辞典
unique   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いいがたい
   
a unique sense of weight: いいがたい重量感 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
くらべもののない
   
a moment of unique relief and of exhilaration: くらべもののない安堵と感動の一瞬 グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 135
ならでは
   
sb’s unique mastery of the occasion: (人)ならではのみごとな状況対応ぶり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
またとない
   
a unique opportunity: またとない機会 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459

ユニークな
   
to hit the ball sb have perhaps the most unique style: (人の)打法ほどユニークなものはないのではないか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
ユニークに
   
this rather unique likeness of the late Mr. Presley: このプレスリー先生の晩年の肖像画、なかなかユニークにできてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137

異常な
   
the strangest and most unique things: 世にも不思議な、きわめて異常な事件 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
the strangest and most unique things: 世にも不思議な、異常な事件 ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 52
何とも不思議な
   
practice a unique form of ...: 〜するのに何とも不思議な風習がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 36
造り付けの
   
a species of men whose unique quality is badness: 造り付けの悪人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
他に類を見ない
   
be something quite unique in one’s experience: 〜の経験のうちでも他に類を見ない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
特異な
   
promise to make sth an absolutely unique one: きわめて特異なものだと思わせる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 9
a rather unique opportunity presents itself: いささか特異な状況がもちあがる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
特異な存在
   
Among Naval Captains, indeed among men, he was unique: 海軍の艦長のたちのなかでも、というより男たちのなかで、彼は特異な存在であった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 49
特徴がある
   
with a unique delivery: せりふまわしに特徴がある ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 132
特有の
   
one’s unique breathy hyeh-hyeh laugh: 「ひゅひゅひゅ」という(人)特有の息を吸い込むような笑い声 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 65
独特の
   
give one’s own unique look: (人)独特の目つきでにらみつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in a unique way: 一意的に
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 201
unique attraction of the sight: どれほどの妖しい美しさを持っているか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
there is no room for a unique answer: 独自な見解はとりえない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 90
particular and unique identity of the Jewish people: ユダヤ民族の類を見ぬアイデンティティ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 171
one’s own unique existence: 自分の固有の存在
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 3
my point of view is not unique: 私の考え方が決して私だけのものではない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 8
each emotion plays a unique role: 情動にはそれぞれの役割がある
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 24
be not a unique thing: 〜はとくに驚くべきことではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 358
be by no means unique to Japan: 必ずしも日本人だけとは限るまいが
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 127
be a unique AA way of doing things: いかにもAAらしいところ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 185
a faculty absolutely unique to man: 他の生き物には絶対になくて、人間だけにあるもの
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 55
it is from this attempt that sb develops one’s unique ...: そしてそこから(人)独自の〜が発展してくるのである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 110
rather unique opportunity presents itself: いささか特異な状況がもちあがる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
produce a unique odor: 独特の香りを発散させる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
ツイート