× Q 翻訳訳語辞典
unusually   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりにも
   
look unusually old, unusually tired for a man of thirty: 三十代にしてはあまりにも老けこみ、疲れはてているように見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
いつにない
   
feel unusually cheerful and at ease with oneself: いつにないのびやかさを感じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
いつになく
   
feel unusually calm and insightful: いつになく心静かで頭が冴えている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
いつもと違って
   
have an unusually pensive air: いつもと違って何となく思慮深げに見える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 309
いつもにも似ない
   
in an unusually dejected tone: いつもにも似ない悄然とした口調で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 237
ことのほか
   
be unusually good: ことのほかすばらしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
さほどに
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
ずば抜けて
   
be unusually intelligent: ずば抜けて頭がいい ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 322
たいそう
   
an unusually determined and purposeful girl: たいそう意志の強いしっかりした子供 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 37
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 25
とんでもなく
   
an unusually large saucepan flies close by it: とんでもなく大きなソース鍋が赤ん坊の鼻をかすめる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 83
なんだか奇妙に
   
the unusually shimmering waters of Lake Biwa: 琵琶湖のなんだか奇妙にてらてらと光る湖水 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 181
add with an unusually discerning look: なんだか奇妙に分別くさい顔をして言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 221
ひときわ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 359
べらぼうに
   
an unusually large saucepan flies close by it: べらぼうに大きなソース鍋がすれすれにとんでくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
めずらしく
   
That morning again Omi had come to school unusually early: その朝もめずらしく早く近江は学校へ出て来ていた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
His voice was unusually quiet: 彼の声はめずらしく低かった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106

意外に
   
be unusually docile: 意外におとなしい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 65
異常な
   
an unusually large selection of records: 異常な枚数のレコード ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 167
異様なまでに
   
be unusually secretive: 異様なまでに秘密主義だ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 244
異様に
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 328
異例の
   
be unusually young: 異例の若さだ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 41
常になく
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
人一倍
   
have always possessed unusually good hearing: もともと(人は)人一倍耳がよい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
存外
   
I was being unusually obedient: その時の私は父の前に存外大人しかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
珍しいほどの
   
be regarded in one’s town as an unusually attractive woman: 田舎町には珍しいほどの色っぽい美人だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 66
珍しく
   
with eyes cast downward, one answer in an unusually anemic voice: 珍しく急に気弱な声になって下をむく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 170
the earth is, equally unusually covered with know: 地面にはこれも珍しく積雪がある 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 61
That day Naoko was unusually talkative: 直子はその日珍しくよくしゃべった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 73
one’s tone seems unusually bitter: (人の)口気は珍しく苦々しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
feel unusually tired and sick: 珍しく疲労と体調の悪さを訴える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
be unusually quiet: 珍しく神妙に黙りこみがちだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
be in an unusually good humor: 珍しく白い歯をみせ笑い声を立てる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
an unusually mild winter: 珍しくあたたかな冬 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 297
平常より
   
seem unusually quiet: 平常より何だかひっそりしている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 203
並はずれて
   
an unusually strong and well-constructed object: 並はずれて頑丈な細工も上等の木箱 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 9
変に
   
be unusually taut: 変につっぱっている アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 185
妙に
   
be unusually mild: 妙になまあたたかい 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 9

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

unusually large sth: 特大の(物)
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 81
you are unusually ...: あなたにしては珍しく〜だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 164
seems unusually fond of each other: 睦まじそうだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
sb’s head is clear and sb feel unusually fit: 頭がすっきりして気分がいい
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 90
have an unusually adult temper: 子どもとは思えないほどマセた、怒りっぽい態度だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
be unusually fitted to do: 〜するのにはうってつけだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 161
... set plants growing unusually fast: 〜で植物が徒長する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 203
an unusually determined and purposeful girl: たいそう意志の強いしかっりした子供
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 37
take what is for one a most unusually devious means of revenge: 〜には珍しい手のこんだ復讐をする
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 151
prefer to keep sb talking in this unusually expansive mood: せっかく(人が)常になく打ち解けて話している
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 274
a spell of weather unusually hot for ...: (場所)にしては珍しく酷暑の日が続く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
have an unusually good instinct for doing: 〜にかけては、僕は誰よりも目が利くつもりだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 56
an unusually sweet person: 珍しくいいお方
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 138
unusually vivid blue eyes: 異常にかがやいている青い目
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
ツイート