× Q 翻訳訳語辞典
view   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜論
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 16

あるから
   
in view of ...: 〜であるから ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 370
いわせる
   
in my view: わたしにいわせれば ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
きめてかかる
   
view sb as ...: 〜ときめてかかる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
ながめる
   
view ... from a more distant perspective: もっと距離をおいて〜を眺める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
ものの見方
   
resent the way this whole event is being viewed: この事態についての世間のものの見方を、承服することができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 482

意見
   
views on public affairs: 公的意見 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
refuse to take a view: 意見を控える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
do not take this view of it: この意見には賛成できない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 404
come round to sb’s view: (人の)意見にしたがう ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 52
意志
   
a mirror and implementor of sb’s views: (人の)意志をそのまま伝え、実施する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
映写する
   
view the other reels: 他のフィルムを映写する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 151
   
a top view of sth: 俯瞰した〜の絵 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 426
角度
   
感じ
   
support this view: さらにその感じを深める 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 62
観ずる
   
viewed in this light: かく観ずれば 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 141
景観
   
you will not find the view particularly exciting: とくべつすばらしい景観というわけのものではありません アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 94
見える
   
safe from view in the shelter of ...: 〜でむこうから見えない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
見かた
   
evidently share sb’s view: (人の)見かたに異存はないはずだ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 233
見る
   
view sb with suspicion: (人を)疑いのまなこで見る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
見解
   
voice the political views: 政治的な見解を口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
take a view: 見解をまとめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 169
見晴らし
   
have a free view: はるか彼方まで見晴らしがきく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 86
見通し
   
give one a long view along each of the four main points of the compass: 東西南北に見通しがきく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
見方
   
one’s view of truth-bending is a good deal more lenient than sb: 真実をねじまげるという行為に対して、(人)よりもずっと寛容な見方をもっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
考え
   
have an ingrained view: 〜という考えがしっかりしみついている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
a casual view of the situation: 事態を軽んずる考え 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 413
思う
   
wonder how sb view ...: (人が)〜をどう思ってるか、感想をききたい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
view sth as ...: 〜は ...と思う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35
視界
   
there is no activity in one’s view: 視界にはなんの動きもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
mask one’s view: (人の)視界をふさぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
写真
   
aerial view: 空中写真 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
信じる
   
view ... as ...: 〜を〜なものと信じる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
信条
   
political view: 政治的信条 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
心象
   
portray one’s view of ...: 〜を見る人の心象を描きだす クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 128
対面する
   
view the body: 遺体と対面する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 373
view sth: (何かと)対面する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 31
眺め
   
with a view: 眺めがいいことだけは保証する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 101
whether one have a good view or not: 眺めのよしあしなんて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 97
have a close-up view of ...: 〜をつぶさに眺める ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 176
a glamour view: 眺めはすばらしく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
眺める
   
view ... with frightened suspicion: 〜を恐怖と疑惑の混じった目で眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
眺望
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
哲学
   
See it big or don't see it at all, my view: でかく考えるか、さもなきゃなにも考えるな--わたしの哲学だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 149
展望
   
a much wider view oped before sb: 展望がひらける 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 257
   
from the point of view of the public: 他に認められるという点からいえば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
認識
   
incisive view: 鋭い認識 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
評価
   
have a positive view of sb: (人を)積極的に評価する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 295
have a different view: 評価がことなる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
評定
   
the Committee’s view of one’s worth: (人に)対する委員会側の勤務評定 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
目で確かめる
   
I’d rather you view sth yourself: なにとぞ御自分の目でお確かめ頂きたく存じます スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the view of sb: 〜像
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 88
take a view: 結論を出す
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 127
take a dim view of sth: 〜を嫌う
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 30
sb’s point of view: 観方
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 172
panoramic view: 眺望
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
on view: 上演されている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
in view that ...: 〜のため
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
in sb’s view: (人)に言わせれば
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 40
in plain view: まる見えの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
in my view: わたしにいわせりゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 52
get sb’s view: (人に)諮る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 187
from that point of view: その点
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
come into view: 浮かびあがる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 110
come into one’s view: 目に入る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 275
be in view: 肉眼に見える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 198
a rear view of sb: うしろ姿
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 408
with a view of the sky through a hole in the roof: てっぺんにあいた穴から空を見上げながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 231
what a poor view people take of it: 人が薄気味わるがる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 77
wander into the view of the television cameras: テレビの画面で見失う惧れがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
trying to view the situation in the best possible light: できるだけ明るい口調で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
tickets for private views: 展覧会の内見
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
there is a sweeping view of ...: 〜が一望である
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 100
that point of view: そういう考え方
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 184
take any light, frivolously optimistic view of the matter: 甘く考える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 129
take a wider view of ...: 〜をもっと広くとらえる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 73
take a dim view of ...: 〜を高く買っていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
share sb’s views on ...: 〜については、(人と)おなじくらいうるさい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 295
sb in one’s view would do ...: (人は)〜すると見ている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
sb have a point of view: (人の)考え方に一理ある
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 36
sb’s view is that ...: (人の)信ずる所によれば
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
realize that this man shares one’s views of the case: この男も自分と同じことを考えていると察する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 74
raise one’s eyes from one’s lonely labour, viewed the prospect: 働きの手を休めて、あたりの景色に目をやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
pretend to be wholehearted agreement with sb’s views: (人に)向かって至極同感であるような様子を見せる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
nothing particularly sinister is on view: これといって凶々しい光景は眼につかない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 173
look at it from sb’s point of view: (人の)立場を考える
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
it could be viewed as ...: 〜だと思われかねない
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 97
in view of this strange scenery: その珍しい風景を眺めながら
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
in view of the great importance of sb’s story: 話の重要性に鑑みて
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 167
in the view of ...: 〜にしてみれば
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 163
in the back where there’s a good view of the ocean: ずっと奥の方の海の見えるところ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
in full view of the public: 衆目の前で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 405
in full view of ...: 〜に姿をさらして
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
in a business point of view: 商売上の立場から
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 113
have views on sth: 〜に好感情を持たない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
have the most spectacular views of the mountains: 息を呑むような山々の絶景を楽しむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
have fierce views on ...: 〜に対して猛烈に厳しい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 182
have a quite cockeyed view of ...: 〜を斜め上から見る恰好になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
have a good view of anyone who ...: 〜する人間が丸見えだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 250
have a fine view of ...: 〜が見渡せる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
have a clear view of sb doing: (人が)〜している姿がそっくり見える
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
gradually loom into view: ゆっくりと浮び上ってくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 5
get one’s points of view across: 自分の考えを理解させる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 379
from this point of view: その点になると
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
from the point of view of ...: 〜から言っても
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
from sb’s point of view: (人に)してみれば
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
from one point of view: 見ようによっては
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 35
from one’s point of view: (人に)とっては
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
from my point of view: 僕としては
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
from an undeniably hoyden point of view: 反良俗的女性の見地からするとき
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 87
from a purely psychological point of view: 全く心理学的な観点から
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29
from a financial point of view: 会計の面からいえば
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
form one’s point of view one couldn’t have come at a better time: 〜にとって、いちばんいい時間だった
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 116
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から詳細にしらべてみる
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から注意ぶかくしらべてみる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
examine sth closely from every point of view: あらゆる角度から念入りに調べてみる
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
crane one’s neck to get a better view of sb: 首を伸ばして(人の)姿を追う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 66
consider it from another point of view then: そうでなくっても
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
command a sweeping view of ...: 一望のもとにながめられる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 175
come into clear view: 〜がはっきりと見える
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
come abruptly into view: ぱっと視野にとび込む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 339
buy into that view: その言葉をうのみにする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 309
be viewed as sb’s proxy: (人の)身内と見られている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
be viewed as ...: 〜であるかのように受け止めている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 140
be unafraid of expressing one’s views: 公然と自説をぶち上げる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 104
be sth from one’s point of view: 〜のつもり
be firm in one’s view: 断固として信念を変えない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 75
be able to take a full View of the whole Performance: 訓練の有様がくまなく眺め渡せる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 44
a noble set of markings springs into view: みごとな指の跡が一揃い浮き出る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 151
a full frontal view of ...: 〜をアップで写したもの
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 127
a distant view of close things: 近くのものを遠くに見る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
the view abruptly opens up: いきなり視界がひらける
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 10
An addict, Lena had an ingrained view: For sin you pay sometime: かつて中毒者だったリナには、罪の報いという考えがしっかりしみついているようだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
admire the view: 景色に見とれろ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
And in my view at the peak of his career, my father achieved his ambition: そして、執事としての円熟期に入った頃、その望みはかなえられたと思います
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 52
He could see his car, and there was no activity in his view: 自分の車が見えるほか、視界にはなんの動きもなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
gaze appreciatively at the view: 景色をつくづくながめる
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 45
block all view to the world outside: 外の景色を確認することはできない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 37
take a very casual view as if ...: 〜だろうぐらいにちょっと安易に考えている
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 5
conventional view in neuroscience had been that ...: それまでは、〜というのが神経科学の通説だった
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 41
in view of the great delicacy of the matters: 非常に微妙な問題であるから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 370
the view is shabby and desolate enough: 殺風景にうらぶれて見える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 285
cannot take a detached view: 他人事ならず思う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 333
be discreetly held outside one’s view: ことごとく(人の)目にふれないようにされる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 231
take a very egocentric view of it: 自分勝手だ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 40
lay out to exploit the view of ...: 〜を借景にする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 166
false view of life: 過てる人生観
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
form a clear view of ...: 〜をよく知っておく
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 257
in full public view: 衆目のさなかで
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 44
In the half-light, the squadron came gradually into view: 薄闇のなかに、僚艦がしだいに浮かびあがってきた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 110
half-hidden from view under ...: 〜になかばかくれながら
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 54
be held outside one’s view: (人の)目にふれないようにされる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 231
want to get home, the view doesn’t matter: 景色などに目もくれずひたすら家路を急いでいる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 189
the view of ... that ignore ...: 〜を視野に入れない見方
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 21
one’s inability to see sb’s point of view: 〜の見解にたいする理解力の欠如
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 15
take a jaundiced view: ひねた見方をする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 205
Licensed lunatics most of them, in my view: たいていが公認の狂人ですね、わたしにいわせりゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 52
view her in terms of the pleasure her body is likely to confer: 彼女の躯が与えてくれる快楽の量を計る
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 76
ツイート