× Q 翻訳訳語辞典
virtually   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜も同然に
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 236
(〜する)ようにして
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217

いわば
   
Only the Boss had a virtually instinctual understanding of it: 先生だけが、いわば本能的にそれを理解されていた 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 189
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 285
おおむね
   
be lovely, but of virtually no practical use: 極めて美わしき〜なるも、おおむね実用には供しがたし 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 162
すでに
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 231
ぜったいに
   
it is virtually impossible to do: 〜するのはぜったいに不可能だ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 428
たぶん
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 127
なにぶんにも
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 57
ぱったりと
   
virtually nonexistent at night: 夜にはぱったりと姿を見せなくなる メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 269
ほとんど
   
virtually impossible: ほとんど不可能な サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 345
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 58
ほぼ
   
ban virtually all sth: 〜をほぼ全面的に禁じる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 254
まずもって
   
be virtually complete: まずもって水も洩らさぬものだ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 245
まったく
   
But if you don't know what the sentence is it's virtually indecipherable: だけどもとの文章がなにかわからないと、まったく解読不能だからね レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 27
まるで
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 105
わかりやすく
   
to say virtually: わかりやすく言えば オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 148

近い
   
be virtually impossible: 不可能に近い ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 25
実際
   
He was so deeply stimulated by virtually any female: 実際、どんな女性にも強い刺激を受ける最近のスターンだが、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
実質的に
    辞遊人辞書
同然
   
virtually worthless: 紙屑同然 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 143
be virtually disinherited: 勘当同然となる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
文字どおり
   
virtually every sth: 文字どおりありとあらゆる(物) トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
virtually anything: 文字どおりどんなことでも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
In these moods, he suspected virtually every man who came into his view: こうした気分に襲われると、文字どおり目に入るあらゆる男を疑ってしまう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 275
文字通り
   
at virtually any moment: 文字通りいかなるときでも トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 56
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 137

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

virtually a recluse: 世捨て人同然
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 41
be virtually irreplaceable: 余人をもって代えがたい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 32
be virtually empty: ガラガラだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 424
virtually tell sb that ...: 〜みたいなことを(人に)いう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
virtually no cervical cancer: 子宮頸ガンにも縁がない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 90
virtually give sth away: くれてやるようなものだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 226
virtually call sb a coward: 腰抜けといわんばかりのけんまくになる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 80
virtually any chair would have looked too small for sb’s massive physique: (人の)大きな体にはどの椅子も小さくみえる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
sb’s churchgoing virtually stops: 教会にも足が向かない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 238
in a virtually crippled state: 足がほとんど利かないまま
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
go on, following one’s train of thought and virtually talking to oneself: 連想のおもむくまま、独り言のように呟く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
be virtually sold out: 完売に近い
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 346
be used for virtually nothing: 遊ばせておく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 105
be suddenly virtually deaf: 突如としてまったく聞こえなくなる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
be reprimanded virtually every time sb attempts to photograph anything questionable beauty: 汚ない風景にカメラを向けると必ずといってよいほど注意を受ける
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 67
be reduced to virtually nothing: 無料同然になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
along a virtually unexplored route: 未踏ルートの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 237
sb virtually carried him off the field: (人に)抱えられるようにしてグラウンドを去った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217
a point from which it is virtually impossible to withdraw gracefully: 退っ引きならない所
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 15
ツイート