× Q 翻訳訳語辞典
vision   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ヴィジョン
   
force the fatal vision on sb: (人に)致命的なヴィジョンを植えつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87

映像
   
a picture, almost a vision: 絵というよりも映像といったほうがふさわしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
空想
   
the mother of sb’s vision: 空想の中の母 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
見方
   
one’s vision of sth: 〜に対する自分の見方 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35
幻影
   
morose vision: 陰鬱な幻影 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
光景
   
have visions of ...: 〜の光景が目に浮かぶ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 47
have a vision: 光景を想像する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
視界
   
still obscure one’s vision: それがあるかぎり、すっきりと視界が晴れることはない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 77
into one’s field of vision: 視界に入ってくる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
視線
   
in sb’s direct line of vision: その視線の先に マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 68
想像する
   
have visions of sb doing ...: 〜している姿を想像しちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
展望
   
vision of the future: 先行きの展望 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
頭にちらつく
   
vision of a pair of clear hazel eyes: 澄んだはしばみ色の瞳が頭にちらつく デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 132
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
   
all-encompassing vision: 鳥瞰的な目 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 24
目線
   
in the same line of vision: おなじ目線上ながら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
有様
   
carry the vision correctly to sb’s brain: 神経はその有様を正確に脳に伝える ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 183

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

X-ray vision: 透視能力
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 84
the replacing vision: 後継
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 191
second vision: 千里眼
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 407
have X-ray vision: 透視の目をもっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 275
have vision: 目先が利く
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 31
field of vision: 眺望
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 23
watch with peripheral vision: 視界の隅で〜を捉える
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 58
test sb’s vision to see if there is any doubling: ものがダブって見えないかどうか視力検査をおこなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
sth of one’s own vision: 自分の考える〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
see sth with perfect vision: 〜をまざまざと見てとる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 287
sb has a vision of ...: (人の)目には〜の情景が浮かんでくる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 52
sb’s vision of ...: (人)からみた〜の典型
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 49
sb’s hardening vision of ...: 〜が見えてきた(人の)目
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
one decide the pattern is actually a product of somebody’s hellish vision: こんなろくでもないもようがあるものか、と思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
keep driving with no vision: やみくもに運転しつづける
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 135
have visions of ...: 〜する図を想像した
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 26
have visions of ...: 〜を想像する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
have a vision of ...: 目に〜がうかぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 108
have a sudden vision of sb doing: ふと、〜している(人の)姿を思い浮かべる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 276
have a sudden vision of ...: 突然、〜の姿が目にうかぶ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
do not like this vision: こいつはぞっとしない図だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 219
completely obliterate sb’s field of vision: 視界をすっかり遮ってしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 230
an experience of intense, pure vision: 極度に強い幻惑
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 28
alternate between total vision and absolute blindness: 明視と盲目の間を往復する
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 102
With clearer vision they could correctly assess the situation: その目ざめた目には、事態がようやく正確に把握せられてくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 92
one’s blurred vision: 模糊とした視野
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 32
but it still obscure one’s vision: それがあるかぎり、すっきりと視界が晴れることはない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 77
close off the vision: そんな幻覚をしめだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 106
one’s field of vision become constricted: 視野がせばまってみえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
rain cut one’s field of vision considerably: 雨で眺望が利かない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 23
distract sb from freezing vision: (人を)ひえびえする幻影から覚めさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 162
It was an explosive target that preempted his field of vision: 勲にとって、それは目の前をおおうほどの、大きなさわがしい標的だった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260
impaired vision: 視野を隠された
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 198
the indefinite objects that enter one’s field of vision: ぼんやりと視界に入る物象
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
in light of the new appreciation and vision of ...: あらためて評価しはじめている現状からすれば
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 21
logical vision: りくつにかなった想像
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
a man with a remarkable imagination and vision: 見事なイマジネーションとヴィジョンを持ち合わせた人物
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
by a prescient vision of some overgrown, mesomorphic schoolboy suddenly appearing and chelenging sb to a match: そのうち雲つくような大男でも現われて試合をいどまれる懸念もあったから
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 68
a nakedly romantic vision of sb: (人を)臆面もなくロマンチックに美化した絵
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 215
nervous vision: おびえからの想像
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
obscure one’s vision: (人の)視界は限られる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 168
preempt one’s field on vision: 目の前をおおう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260
Slowly his vision cleared, but the brilliant light remained: 視力はしだいに回復してきたが、いぜんまばゆい光は消えない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
a vision of something sexless and faceless: 男とも女ともつかない顔のない存在
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 403
like a butterfly zigzagging across sb’s field of vision: 蝶々がひらひらと視野を横切るようにして
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 24
ツイート