× Q 翻訳訳語辞典
words   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
それ
   
you mark my words: それを覚えとけよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128

言語
   
arouse passion that words can not express: 言語を絶して心を魅す 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
言葉
   
mumble only the vaguest and most non-committal words: 不得要領の言葉を吃りがちに呟く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 342

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

words: 口上
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 193
few words: 言葉少ない会話
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
with those rousing words: 檄を飛ばしておいて
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 369
not able to find the words for a reply: 答えの言葉に窮する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 411
seem about to stumble on one’s words: 口ごもるように
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 233
Chieko's confession was so abrupt that Hideo could find no words: 秀男は二の句がつげないほど、思いがけない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
can build an acceptable melody with meaningful words: 深遠な言葉にふさわしい旋律をつくることができる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 21
with the words and their deadeye accuracy: その言葉があまりにも急所をついているために
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
a remarkable achievement for two short words: たった二語の組合せながら、その効果は絶大で利用範囲も広い
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 321
actual words: このとおりのお言葉
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 194
address some friendly words to sb: (人に)愛想をいう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 13
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
sit meditating after these earnest words are spoken: そこまで思いつめての話の間、(人は)、黙ってじっと聞いている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 34
break out in the air and words sb know so well: 節も文句も(人に)おなじみの歌をうたいはじめる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
it takes all one’s strength to push the words from one’s mouth: 言葉を口から押し出すのにたいへんな苦労がいる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
don’t catch all the words: いっていることがみなまではききとれない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
almost speak the words aloud: 思わず口に出して言いそうになる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
Alone they communicated as they always had, few words: 兄弟はいつもどおり言葉少ない会話で意思を伝えあった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
one’s last words to sb were always ...: 出がけにはかならず〜といった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
there are angry words between ...: 荒い言葉のやりとりが始まる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 76
"We've got to get you putting words to the page," he had announced: 「言葉を並べてもらわなければならないんです」とブレイクはわたしに言い渡した
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
this play upon words is appreciated: この言葉遊びが理解される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 137
there are around a hundred thousand words: 大ざっぱに考えて、ざっと一○万語が収録されている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
sb’s words can only arouse in me a dumb incredulity: そう言われても私は、きょとんとしている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 91
sb’s words arrest sb: (人が)(人の)ことばに打たれる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 63
barely articulate the words: ほとんど、ろれつの廻らぬ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 105
behave as though words are too precious a commodity to squander: 言葉を惜しがる人のように
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 231
as soon as the words are out of one’s mouth: その言葉を口にした瞬間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
She assumed, in other words that something was wrong with her: いいかえれば、わるいのは自分のほうだと考えたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
attach little importance to one’s words: つぎに口からでた言葉にはいくぶん真剣味がくわわっている
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 107
without even attempting to find a common language to exchange a few broken words in: なにかお互いにわかる片言を話そうという気も起らず
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
We exchanged a few awkward words: それから私たちは二言三言手持無沙汰な会話をした
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 119
bad words: 汚い言葉
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
behind one’s words: 言外に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
sb’s smile belies sb’s words: 言葉とはうらはらに笑う
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 433
bestow a few words: ふたことみこと言葉をかわす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
draw breath between one’s words: 息さえ言葉のひまひまに吸う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
relieved beyond words: 言葉にならないくらいありがたい
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 61
use big words: おうぎょうな言葉をつかう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 215
use all the big words one knows: えらいきれいごとを並べたてる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 70
one’s words a bit muffle: くぐもった声
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
bite back one’s words: 言葉を噛み殺す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
take a real bite on the words: 一語一語かみしめるようにそういう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
unwittingly miscopy blurred words: 薄れかけた文字をむざむざ誤記している
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 52
blurt out a few words: 何かもそもそと口にする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
boom out in words: 言葉をひびかせる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 38
to borrow sb’s words: (人に)言はせると
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 134
sb’s words continued to echo vividly in her brain: (人の)一言は脳裡に冴え冴えと生きていた
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 21
brave words: けなげな言葉
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
break the words into ...: 〜にかき消され、声は〜に変わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
can feel sb’s words on one’s breast: 言葉が胸の上にふりかかるのを肌で感じる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
have a sense of having wasted words and breath: 口をきいただけ損をした気がする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 56
hang breathlessly on sb’s words: かたずをのんで一句一句に聞きいる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
but sb think they are nice grand words to say: ともかくもったいぶったことばを口にしてみたい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
the right words to cajole or entreat sb: 甘えや拗ねのことば
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
can still read the words: 文字は十分に判読可能だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
what words can one possibly utter to sb: (人に)どう話したらいいのだろう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
select words with elaborate care: 言葉を慎重の上にも慎重にえらぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 251
haven’t meant for the words to carry a sarcastic edge: 皮肉な言い方をするつもりではなかった
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 78
The words were casual, as if they carried no significance for him: 自分にはなんの意味も持たないかのような、無造作な言葉だった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
catch sb’s words: 言葉をききわける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
lean forward to catch the opening words of sb’s story: 身を乗り出し、(人の)最初の一言を待ちかまえる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 35
catch sb up on sb’s words: 聞きとがめる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 128
it is through certain words of one’s that ...: 〜になったのもひとえに(人の)ことばのゆえ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
those are the few words I choose as my uninvited contribution: 横からさう言つたらにやにやされてしまつて
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 149
carefully chose words: 口ではこういう
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 155
the words are not clear: 言葉ははっきり聞きとれない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
it has not required sb’s words to make it clear that ...: (人の)言を待つまでもなく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 299
be too far off for sb to make out one’s words clearly: まだ距離があるので内容までは聞き取れない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 204
make one’s words coil themselves around and around the listener: 言葉そのもので聞き手を雁字搦めにする
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 16
color sb’s words: 言葉に花を添える
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 105
the only words that come out: 唯一出てくる言葉
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
words of consolation come to sb’s lips: 慰謝の言葉を口に出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 80
words come out ...: 〜とたずねる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
command words: 言葉を使いこなす
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 176
be communicating without words: しきりに目で何事か相談し合っている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 41
long and complicated words: 小むずかしい言葉
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 108
one’s confusion too expansive for words to contain: 当惑が大きすぎて言葉にならないようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 70
Western consciousness of the dual meaning of words: 西洋人が得意な言葉の二義性の認識
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
the most words sb have said, consecutively, for years: (人が)この何年間かにいっきに話した言葉の中で最長のもの
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 105
sb’s words spoken half by way of apology, half in order to console sb: 弁解のような慰謝の様な(人の)言葉
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 12
Herr Kretzschmar continued, picking his words with much greater severity: ヘル・クレッチマーはいよいよ言葉を厳密にえらびぬきながら、先をつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
try to control one’s words: 言葉に気をつける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
later feel one have forfeited control over one’s own words: あとになってあんな発言をしなければよかったと後悔する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
speak the words coolly: たいそう冷静に言う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
offer words of cordiality to sb: (人に)愛想のいい言葉をかける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 188
it takes only a couple of words and one is up in a flash: 二言三言でサッと起きてしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
despair at coy words so ill-suited to one’s predicament: そんな可愛らしい言葉など似合うような状況ではないと絶望する
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 9
beneath those words sb’s heart is cracking as sb speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
put one’s craven little words on paper: 小心翼々と書く
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 168coarse