× Q 翻訳訳語辞典
wouldn’t  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

発音したら舌を噛んでしまう: wouldn’t have been able to pronounce
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 354
譲歩のきざしはまったくない: wouldn’t give any actual ground
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
この相手なら気障にならないはずなので: assuming it wouldn’t sound all that affected in this kind of company
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
困る: wouldn’t allow it
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 145
でなきゃ電話に出るわけないでしょ: ... or I wouldn’t be answering the phone
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 210
抗弁無用の決意をしめす: show one wouldn’t take no for an answer
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
お使い役なんて、こんりんざいごめんだわ: wouldn’t have been the messenger for anything
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 121
たとえ子供といえども、(人が)(場所で)人目を惹かないはずがない: wouldn’t have gone unnoticed as a boy
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
〜と思っては失礼じゃないか: it wouldn’t be very nice of me if I assumed that ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 28
(人が)そんなに淋しく窮屈な思いをせずにすむだろう: wouldn’t be too depressing or awkward for sb
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 49
あまり寝ざめが悪くない: wouldn’t feel too bad
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
会話がスムースに流れつづける: the conversations wouldn’t have missed a beat
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
今じゃもう見るかげもありませんが: you wouldn’t believe it to look at me now
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 81
想像もつかないところにいる: wouldn’t believe this place
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
びくとも動かない: wouldn’t budge
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 328
火が移りそうでなかなか移らない: should have fired quickly but the flame wouldn’t catch
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 78
〜してもそう悪くはないと思いますが: certainly wouldn’t object too much if ...
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 124
〜するチャンスをむざむざふいにするはずがない: wouldn’t walk away from the chance to do
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 306
やっていけなくなる: wouldn’t stand a chance
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 108
べったりになっちゃう: wouldn’t let sb out of my clutches
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 97
迷惑はかけない: this wouldn’t come back on sb
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
ひとこと褒めたって何を損するわけでもない: one lousy compliment wouldn’t kill sb
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 134
問題をこじらせてはいけませんでしょう: wouldn’t do to compound the problem
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 349
滅相もない: wouldn’t cross my mind
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 117
(人)ってかわいそう。ああはなりたくないわね: wouldn’t be in sb’s place for a good deal
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 65
ぜったい、(人の)代わりはつとまんない: wouldn’t be in sb’s place for a good deal
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 57
(人に)命じられなかったことに手をだす: sb wouldn’t tell you to do
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 245
〜をどうしてもほしくなる: wouldn’t want to do without sth
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 42
拷問にかけられたって、口を割ることはないだろう: wild horses wouldn’t draw it from sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 155
〜するなんて考えられない: wouldn’t dream of ~ing
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 352
〜は考えもしない: wouldn’t dream of ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 246
ただじゃ済まない: wouldn’t have got off easy
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
イヤな心配をしないでも済む: wouldn’t even have to worry about such silly things
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
本気で〜する気はない: wouldn’t really ever do
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 154
〜は気恥ずかしい: wouldn’t feel right about ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 128
なに、そんなのはいまにはじまったことではない: it wouldn’t have been the first time
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
口でいうのは、ちょっとはばかられる: wouldn’t be a fit subject to be talking about
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 526
おれだったら(人に)逆らったりはしないね: me, I wouldn’t fuck with
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
〜になど、金輪際、鼻もひっかけやしませんよ: wouldn’t give two whoops in hell for ...
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 232
目の表情で悟られないようにと願いながら: hoping the look in his eyes wouldn’t give him away
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 519
〜させては悪い: it wouldn’t do any good to do
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
ひょっとして、〜したことはないだろうな?: you wouldn’t happen to have been in ...?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
できることなら、来客はいっさいおことわりしたい: wouldn’t have any visitors if one could help it
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 102
Bの眼の前でしないようなこと: sth A wouldn’t do if B were here
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 167
〜だってやりかねない: wouldn’t hesitate to do if one had to
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 77
足の踏み場もない: there wouldn’t be an inch to move in
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
それだけなら(人も)気にも止めなかっただろう: this wouldn’t have been of special interest to sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
まだはっきりした分別もつきかねる: wouldn’t know one’s right mind
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88
〜かもしれない: wouldn’t know ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
何と言えばいいのか見当もつかなかった: wouldn’t have known what to say
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
あんな外道は生かしちゃおきません: I wouldn’t have let that motherfucker live
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
もう相手にされない: wouldn’t listen to sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 263
承知しない: wouldn’t listen
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 74
見向きもしない: wouldn’t look at ...
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
そんなのみっともない: it wouldn’t look nice
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
あんなものは相手にするな: wouldn’t mind sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 47
こんな危ない芸当をするのを何とも思っていない: wouldn’t mind taking a risk
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 51
〜だっていい: wouldn’t mind ...
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
あれなら、許せる: if they were all like that I wouldn’t mind
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 252
あなたがお会いになるはずだ: be sure you wouldn’t mind
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 51
〜を見のがしっこはない: wouldn’t have missed sth for the world
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 273
(人が)教えてくれたのはそこまで: wouldn’t tell me much more than that
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 353
弁護士なんて商売はあがったりだろう: there wouldn’t be any need for lawyers
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 96
(人)なら平気だ: one wouldn’t give two pins
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
ツイート