× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ appearance       Next
appearance   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なりふり
   
be careless of one’s appearance: なりふりをかまわない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 190
ようす
   
give one a rakish and dishevelled appearance: 向こうみずなとりみだしたようすに見える ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 166

印象
   
the most cheerful and well-behaved appearance: なるたけ明るく柔和な印象を与える 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 384
外観
   
take some care over one’s appearance: なかなか外観を重んじる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 155
strongly resemble sb in appearance: 外観が(人に)よく似ている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 411
some people’s appearance is at war with their self-image: 人によっては、自分自身のイメージと外観がまるでずれていることがある イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
imposing appearance: みごとな外観 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
格好
   
with such an unsavory appearance: そんなだらしない格好を人目にさらしたら ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 413
恰好
   
for appearance’s sake: 恰好をつけるために 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 126
   
attention to one’s own appearance: 顔の手入れ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 13
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 60
顔かたち
   
a gentle accent which seems molded exactly to his appearance: といっても、顔かたちを見て初めてそれとわかるていどのなまりだ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
顔貌
   
appearance and language: 顔貌といいしゃべり方といい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
気配
   
a prevalent tendency towards an appearance of vegetating unwillingly: 何かいやいやながら伸びたとても言いたいような気配がありありと見てとれる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
建前
   
maintain diligently the appearance of ...: あくまでも〜という建前を崩さない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 130
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 17
見かけ
   
nimble than one’s appearance might suggest: 見かけよりも敏捷なのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
appearances deceive: 見かけではわからないものだ オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 219
見せかけ
   
that is for appearances: それは見せかけだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
見てくれ
   
see an improvement in sb’s appearance: (人の)見てくれをすっかり変える ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
be more serviceable than one’s appearance suggested: 見てくれ以上にはける代物だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
姿を現す
   
make lots of public appearances: 精力的に公衆の前に姿を現す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 390
姿形
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
   
give rather the merry appearance of ...: むしろ嬉々とした趣が見える 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 86
出勤
   
sb’s first appearance: 初出勤 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
出向く
   
make the necessary phone calls or court appearances: 必要なら電話をかけ裁判所にも出向く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
状況
   
a very unlikely appearance: 見るからに怪しい状況 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 170
身だしなみ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
身なり
   
unkempt appearance: かまわぬ身なり ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 179
   
giving the appearance that ...: まるで〜している図である コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 33
体裁をとる
   
one’s liking for an appearance of consensus: 全員一致の体裁をとりたがること 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
態度
   
keep a meek appearance and a steady pace: 神妙な態度と一定の歩調で進む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 199
同席
   
want sb to put in an appearance at ...: 〜に(人を)同席させたい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
舞台を踏む
   
one’s first really professional appearance: 初めてプロの舞台を踏む ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
風体
   
At least nobody could complain about my appearance: それはともかく、誰ひとり私の風体に文句をつける者はいなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
風体風貌
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 228
風貌
   
be good-natured in appearance: 人の好さそうな風貌をそなえている アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 259
a patently British appearance: 見るからにイギリス人の風貌 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 259
容姿
   
sb of uninspirational appearance: ぱっとしない容姿の(人) アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 279
容貌
   
lose all interest in one’s appearance: 身だしなみを、容貌を整えようとする気力を失う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 55
容貌風姿
   
have quickened sb’s appreciation of the personal appearance of other people: 他人の容貌風姿にたいする(人の)鑑識眼はだいぶ肥えた ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
様のもの
   
the appearance of a manuscript: 原稿様のもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138