× 翻訳訳語辞典
  訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
candidate
   
過去五年間で最高に有望な: be the best candidate in five years セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 118
evidence
   
共犯者のも濃厚だ: evidence of an accomplice is definitely there 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 55
line
   
三角法を使って最終的なを引く: the trigonometric closing of lines プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
rim
   
白い肌の: a pale rim of flesh トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
slash
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 126
streak
   
燃えるように赤い一本の: a single bright streak of red スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
stripe
   
油をなすりつけられたシャツには、四本のねずみ色のがくっきりと残る: rub grease across the shirt in glaring dark-gray stripe スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
wire
   
高圧: high voltage wire トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

システムに接続している回はかれこれ五○○本である: There's about five hundred lines entering the system
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 38
その視は魂でも抜けたように、例の床上に落ちる: sb’s eyes in gloomy abstraction seek the ground
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
筋目のはいった光は、闇をます艦橋をよぎって、薄気味わるくその先を照らしていた: The barred beam shone eerily across the darkening bridge
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
化学学:actinology
辞遊人辞書
菌類(細菌):actinomycete
辞遊人辞書
名前と住所を書くための点を引いた空欄: dotted lines reserved for names and address
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
放射の全身照射をできるだけ安全に行う: optimally administer total body irradiation
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 309
顔をあげて(人に)視をもどす: look up at sb again
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
空中補給路:airlift
辞遊人辞書
一直:airline
辞遊人辞書
一直の:airline
辞遊人辞書
航空路:airline
辞遊人辞書
の:airline
辞遊人辞書
距離:airline
辞遊人辞書
電話回はもれなく監視する: set traps on all sb’s telephone line
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
全員、(人に)視をあつめる: all look at sb
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
が(人に)とどまり、つひに動かなくなる: look all the while at sb
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 66
〜と〜の間に、一を引く: allow it is the difference between ... and ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
いぶかしむというより挑むに近い視を(人に)じっとそそぐ: vouchsafe sb a quizzical, almost challenging glare
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
つい脱してしまう: be always in bad with one’s foolishness
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
消滅放射:annihilation
辞遊人辞書
また新らしい香を立てる: light another stick of incense
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 192
空中:antenna
辞遊人辞書
姑息でばかげた対ソ強硬路をとる: take a naive and foolish hard-line approach to the Soviet Union
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
を離脱する: have to be removed to the rear areas
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
南北に通っている幹道路: main north-south artery
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 8
(人に)きつい、値踏みするような視を投げかける: give sb a hard, assessing stare
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
漸近の:asymptotic
辞遊人辞書
皿に視を戻す: turn one’s attention to one’s food
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 92
〜に視をはわせる: turn one’s attention to ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
自動人形から視をそらさない: keep one’s attention upon the child-automatons
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 54
〜のほうに視を向ける: give one’s attention to ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 315
サインをするときも単純なをさっと走らせるだけですむ: an autograph is a simple, short scribble of the pen
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
を合わせようとしない: avert one’s eyes
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 45
自分が悪いことでもしたかのように視をそらす: guiltily avoid sb’s eyes
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 342
(人の)視にも臆することがない: don’t avoid sb’s looks
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 579
(人の)突きつめたような視を意識しながら: well aware of the obtrusive gaze of sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 329
中心:axis
辞遊人辞書
あの青い不可解の一をやみくもに崇拝する: reckless homage to that mysterious azure boundary
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
級メンバー: ‘B’ squad
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
を〜に戻す: look back into ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
をもどして鼻面を前肢に埋めこむ: put one’s muzzle back down on one’s paws
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
ちらちら視を交わす: pass the looks back and forth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
を(人に)移す: one’s eyes shift back to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
海岸をぶらぶら北上する: a leisurely swing back up the coast
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
底意地のわるそうな視を〜にちらりと向ける: direct a brief, baleful glance at ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
有刺鉄: barbed wire
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
有刺鉄:barbwire
辞遊人辞書
(人に)ろくに視もくれずに: with barely a glance at sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
非常を張る: set up a barricade
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 63
このなら: on that basis
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
上位打: the middle of the batting order
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 177
:battlefront
辞遊人辞書
妊娠: the scar that means one have borne children
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
どうしても視をそらしてしまう: can not bear to meet sb’s gaze
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 42
一同の視はそちらに集まる: become the focus of everyone’s eyes
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
寝室のど真ん中を境界を走る: the perimeter line runs through the bedroom
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
操縦用の指令電波発信装置:beeper
辞遊人辞書
(人を)視の外に置くような方角へ足を向ける: begin deliberately to walk away from sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
太陽が地平の下に姿を消す: the sun goes below the horizon
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
スピーカーのがなり声: the blaring of a radio speaker
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 11
肩ごしに振り返って悲しげな視を送る: peer bleakly back over one’s shoulder
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
はぴくりとも動かない: gaze do not waver one blink
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 167
〜のが一本、ぼんやりと入っている: a blurred streak of ... stands out
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
表情はこわばり、からだのが身がまえるかたちになっていた: Her expression was hard, her body poised, on the alert
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 21
このだってさ、あんた、いつなくなるかわかんねえよ: Take this spur line, boy, before they shut us down, which may be any day
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
もつれそうな視をふりほどく: break sb’s eye contact
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
そういって、彼は雪をすかしてちょっとの間じっと水平に目をこらしたが、あきらめた: He peered out into the snow, scanned the horizon briefly, then gave up
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
きれた導: a broken lead
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 102
〜するなか、時節遅れの寒冷前が暴れまわる: a late cold front bucks its way through ...
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 167
水平にせりあがってくる: bulk high against the horizon
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
勲の内部ですでに燻ぶりだした導火の匂いを嗅ぐだろう: They might detect that within him was the odor of a burning fuse
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 286
その《脱》なんて言うのが神経にさわるんですね: That digression business got on my nerves
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
があいたことを告げるツーッという発信音: the buzz of an open line
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
ナンシーにとって、インターネットは単なる通信回とソフトウェアの集合ではなかった: To her, the Internet wasn't just a collection of cables and software
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
色つきの電: colored cables
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
(人に)向けたたよりなげな視: caged stare at sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 36
(人に)〜ということを、巧妙に思い知らせるような視を向ける: look at sb in a way that is calculated to let sb know ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 269
電話の回が繋がる: the call is placed
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
それはそれは静かな視でじいっと〜を見詰める: look intently and calmly at ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 29
基地: fire camps
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
一、二度すばやく、さりげなく、視を投げかける: glance at sb once or twice with the quick, careless glance
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 79
CATスキャンすなわちコンピューターを使ったエックス体軸断層撮影の指示を出す: order a CAT scan
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
こちらを横目でうかがう視をとらえる: catch the sideward glances
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
(人の)視を惹く: catch sb’s eye
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 270
あわてて視をそらせる: catch oneself shifting one’s eyes
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
中心:centerline
辞遊人辞書
ここに送られるということによって、すでにはっきり死を経験してしまった人間特有の変り果てた視: eyes that are changed by the death one had died in coming here
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
ソ連戦の全局面を変える: alter the whole character of the Russian war
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
急いで(新聞の)一面に視を走らせる: quickly check the front page
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 62
(人の)心の琴に触れる: strike a responsive chord in sb
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 25
Tweet