× Q 翻訳訳語辞典
English   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ことば
   
never bother to learn any English: ろくすっぽことばをおぼえようとしない 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19

イギリス人
   
they are English after all: そこはやはりイギリス人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
イギリス的
   
the very English Pyms: すこぶるイギリス的ピム夫妻 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21

英語
   
there is no way of expressing sth in English: これは英語ではいえません 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 11
speak perfect English: 非の打ちどころのない英語をしゃべる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
英国女
   
that period English beauty: あの古風な英国女の美しさ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
英国風
   
an honest-to-God English mixed grill: 本格的英国風ミックスト・グリル ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 180
英国物の
   
new suit of English tweed they had rushed to have ready in time: その日に無理矢理に間に合わせた英国物の新調の背広 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
言葉遣い
   
one’s birth, one’s indolence, the good English of one’s despatches: (人の)家柄や怠け癖、(人が)作成する報告書の申し分ない言葉遣い ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take this job teaching English: 英文学の先生になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 270
get an English accent: イギリス人みたいなお上品な口調になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 103
be a big Dutch and English item: オランダやイギリスで非常に珍重される
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 338
English accent: イギリス英語
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
always eager to practice my English: ずっと前から、英語をしゃべるのが好きなんです
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 29
assume English fathers: イギリス人を父と慕う
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 209
they say, those boastful English that ...: なんでも自画自賛屋のイギリス人どもは、言ってるようだが、〜だとか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 225
talk to the English-speakers in the bunch: 英語のわかる一団と話をしてみる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 273
reply in a clipped English accent: 歯切れのよいイギリス風のアクセントで答える
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 8
follow English codes: イギリスの流儀に従う
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 209
ritzy English company: イギリスの高級メーカー
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 27
cry in one’s incurably Hungarian English: ハンガリー訛りのどうしても抜けない英語であきれる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
an English custom: 英国風
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
sb’s definitely not English: (人が)英国人でないことは決定的だ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 111
one’s English threaten to desert one entirely: その英語はすっかり怪しくなる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 149
one’s difficult English: 舌足らずの英語
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 100
'Accurate?' Mickey echoed,puzzled by the English: 「アキュリット?」その英語がわからなくて、ミッキーはおうむ返しにきき返した
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 228
observe in English to sb, whom one’s eyes first encounter: まずいちばんそばにいた(人に)英語で言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
be an entirely English child: 少年はどこから見てもイギリス人だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
His English lordling's voice: 'The people and the noise,' he explained: 安手な英国貴族の声色で、「この人間たちと、この騒ぎではな」と、理由をつけくわえた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 102
barely manage to answer in faltering English: しどろもどろの英語で答える
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 106
be fluent in English: 英語が達者だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
say in quite good English: 流暢な英語でいう
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 159
sb’s English is all but impenetrable: しゃべる英語はほとんどちんぷんかんぷん
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 113
be becoming less English: だんだんイギリス人らしくなくなってくる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 209
like most English peculiarities: イングランド固有の事物のご多分に洩れず
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 39
in one’s best lilting English: とっておきのまろやかな英語で
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 79
Would they mimic his English accent?: シドのイギリス英語を選手たちはおもちゃにしないだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
moth-eaten English: 根をおろしたイギリス人
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 55
overcome one’s native mistrust of the English: 以前からのイギリス人不信をねじふせる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 196
Not your English ton, George, naturally Metric: 英トンじゃないぞ、ジョージ、いうまでもないが。メートル・トンだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 410
explain in pidgin English: かたことの英語で説明する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 196
a profound English accent: 生っ粋のイギリス英語
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 270
one’s English becomes a little rash: すこしせっかちな英語になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
The English love routine: イギリス人は型どおりの行動を好む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 282
in singsong English: 丸暗記したような英語で
in this kind of singsongy English accent: あの歌うような英国風アクセントで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
have no skill in the English tongue: 英語を話すのが得手ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
speak no English: 英語は通じない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 252
I have an English car, a vintage Aston Martin: あたしはイギリスの車に乗ってるよ。一昔前のアストンマーチン
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
speak English well: 流暢な英語を話す
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 369
worthy of a grand old English house: イギリス旧家の名に恥じない
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 11