× Q 翻訳訳語辞典
Nicholls  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

A liar and a gentleman, Nicholls thought gratefully: 嘘つきだが紳士だな、とニコルスは気持ちよく思った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 492
Nicholls flushed darkly, began to stammer an apology but Vallery cut him off: ニコルスはぱっと赤面し、もごもごと詫びの言葉をならべはじめたが、ヴァレリーがさえぎった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
'Below!' Nicholls called loudly: 「おーい!」ニコルスは大声で呼ばわった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 411
But they themselves were now in a pretty bad state, Nicholls realized: だが、当の自分たちは、かなりひどいことになっているのにニコルスは気づいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 291
Nicholls looked at him curiously: ニコルスはけげんな顔で相手をみつめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
Nicholls shook his head decisively: ニコルスはきっぱりとかぶりをふった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
'Damned old fool!' said Nicholls feelingly: 「あのじじいのばか者!」ニコルスは色をなしてどなった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 37
'Yes, yes,' Nicholls was impatient: 「そうですね」ニコルスはじりじりした
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 265
Nicholls sank back incredulously on a locker: ニコルスはあきれて、そばのロッカーの上にすわり込んだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 153
Nicholls hadn't even heard the interruption: ブルックスの制止は、きこえさえしなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
'Look, sir, this is madness!' Nicholls was desperately anxious: 「艦長、これはもう気ちがいざたです!」ニコルスはもうじっとしていられなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 289
Nicholls drained his glass and regarded his superior officer moodily: ニコルスはグラスをあけ、上官の顔をむっつりとみとめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
Nicholls is a smart boy--very smart indeed: ニコルスは考えました--まったくぬかりのないやつです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 70
And then, at last, Nicholls understood: すると、ニコルスにもやっとのみ込めた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 166
Nicholls's voice was very low: 今度はニコルスの声はうんと低かった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 264
young Nicholls: ニコルスのやつ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
ツイート