× Q 翻訳訳語辞典
knife   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
とぎすまされた
   
a short, razor-sharp knife: とぎすまされた小刀 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 293

ナイフ
   
with a knife in sb’s purse: バックにナイフを忍ばせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
the ugly starkness of a rusty knife: 錆びたナイフのような醜悪な切先 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
the glint of a knife: ナイフをちらつかせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
take knife and fork in hand: ナイフとフォークを手にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
put down one’s knife and fork with a clatter: ナイフとフォークをカチャリと音立てておく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
put a knife in sb’s heart: (人の)心臓にナイフをつきたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
pull a knife: ナイフを突きつける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
draw a knife across ...: ナイフですぱっと斬りつけてやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
draw a knife: ナイフを抜く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473

刃物
   
flash a knife: 刃物を使って脅す 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 37
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
短刀
   
sb’s voice is as sharp as if it were a knife sb wanted to stab me with: 短刀でも突き刺すような言葉の感じである 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
包丁
   
press the point of the knife up against sb’s Adam’s apple: 包丁の先端が(人の)喉仏にぴったりとあてられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
have no business sharpening one’s knife every night: 素人が毎晩、包丁砥ぐことない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
feel something crack under the weight of one’s knife: 包丁に固い手応えがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Swiss Army knife: スイス・アーミーの万能ナイフ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
knife through one: 鋭いメスで切り裂かれたように全身に走る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
knife sb: (人を)血祭りにあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
put the knife in sb: (人に)とどめを刺す
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 28
knife one’s way through ...: 〜を突き進む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 241
knife its way through ...: 〜のなかを突っ走る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
be especially good with a knife: 特に包丁さばきが自慢だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
admire the delicate Florentine handle of the knife: フィレンツェ風のナイフの優美な柄をほれぼれとながめる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 48
a knife-edged silhouette against ...: 〜にくっきりとシルエットを浮かびあがらせて〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 175
look slowly all along the carving-knife: ゆるゆると肉切り包丁をひとわたり眺める
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 83
sit with the knife in her hand, very much puzzled how to begin: ナイフを手にして、どうしたものか頭をかかえている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 139
Wilma crouched, holding her knife out like a giant switchblade: 巨大な飛出しナイフをもつ手つきでナイフをつかみ、ウィルマは姿勢を低くして身がまえた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
He picked up a knife and spread the sauce evenly over the white flesh: 彼はナイフを手に取って白身の魚の上にまんべんなくソースをのばした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 12
feel a knife twist inside one: ナイフで胸をえぐられる思いだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
be far more horrified than if sb had pulled a knife: (人に)ナイフを突きつけられたとしても、ああまで仰天しなかっただろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
The carving knife impaled her just below the breastbone: 上を向いたウィルマのナイフは、ネッティの胸骨の真下をぐさりとえぐった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
escape from sb’s kindly knife: (人の)慈悲深い刃から危うく逃れる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 231
Watson, this knife is surely in your line?: ワトスン、このナイフはどうも君の領分らしいぜ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 24
be no longer to be trusted with a knife: もう包丁は持つな
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
new knife: 見馴れない文化包丁
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
produce a knife: ナイフをとりだす
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 108
put one’s knife down and do: 包丁を動かすのをやめて〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 218
She opened one of the kitchen drawers and removed her butcher knife: キッチンのひきだしをあけたネッティは肉切り庖丁をとりだした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
Slowly the knife is driven into the side of his chest: ズシリとナイフが脇腹に刺った
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 145
tear the knife out of sb’s hand: その手からナイフをもぎ取る
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 46
imagine the tickle of a knife against one’s ear: 自分の耳にナイフが触れたりするところを想像してしまう
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 100
The knife hand came back wildly as the mugger started folding up: 男は身を二つに折りつつも、ナイフの手だけはもう一度やみくもに尽きだしてきた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 513
ツイート