× Q 翻訳類語辞典

いいかげん  

あだ疎か いい加減 ちゃらんぽらん でたらめ 与太 出たら目 出ほうだい 出任せ 好いかげん 好い加減 徒おろそか 徒疎か 無責任

いい加減に かなり けっこう ずいぶん それなり なかなか まずまず 中々 中中 中程度 却々 却却 可也 可成 好いかげんに 好い加減に 幾分 相当 程々に 程程に 程良く 結構 過不及無く 適度 随分

中ぐらい 中位 中庸 程好い 程良い 適当

軽い もの柔らか 温厚 穏やか

責任がある

enough の訳語→ 〜ぐらいの役にしか立たない なかぎりである なことに に足る に足るほど に懲り懲りする に不足はない 程度に あちこちの あるていど あれほど いたって いたるところに かなりの かなりの数の からくも ここまで こと足りる こりごり こりごりする こりる これくらいにする これだけ〜なら さんざん ざらに しようがない じゅうぶん すごく それぐらいにしとこう それだけで充分な それほど それほどの たくさん ただでさえ たっぷり とことん とりあえず なかなかに なかなかの ひとかたならず ひとかど ひととおりは ふんだん ほど ほどよく まだまだ もういい もういいでしょ もうたくさん もうわかった もう十分だ もう十分なだけ もう十分に わずか 一人前の 恰好の 極端に 山ほど 手ぬるい 充分 十分 十分である 十分な 十分に 精いっぱい 滞りなく 非常に 不自由はしてねえ 不足はない 本当に 明快な 用が足りる

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いかにも いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かえって かわりに このさい ごく さすがに さぞ しかし すこし それはもう それよりか ただ だったら ちょっと ちょっとした つとめて ではなく というより というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと どちらかといえば なかば なくって なんだか なんて なんとなく なんとはなしに はなはだ ばかに ひどく ほとほと ほとんど ほんとうに まあ まずまずの むしろ めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 案外 依然 何だか 何の 感じの 気味 極めて 近い 思いのほか 実に 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 多少 避け 妙に

thoroughly の訳語→ 〜でいっぱいになる 通しで あまりにも きれいに そのもの つくづく とことんまで どこからどこまで どこから見ても 奥深くまで 果てる 完全に 極限に 隅々まで 隈なく 見るからに 散々 思いきり 悉く 十二分に 心底 体中くまなく 丹念に 端から端まで 徹底的に 非の打ちどころなく 非常な 複雑に

そのほかの「いい」で始まる語句・表現

いい いいあんばい いいあんばいに いいえ いいか いいかい いいかえて いいかける いいかげんだ いいかげんな いいかげんなことは言わない いいかげんに いいかげんにする いいかげんに書く いいかた いいから いいかわす いいかんじ いいか見てろよ いいがたい いいきかせる いいこと いいことがある いいことだ いいしれぬ いいすぎ いいそえる いいぞ いいたいこと いいたいことをいう いいたいの いいだす いいだろう いいつけ いいつけられる いいつける いいつのる いいですか いいですね いいところ いいところに目をつける いいところを知る いいとこ見せる いいとし いいとも いいともよ いいと思う いいと言う いいなおす いいなずけの いいなり いいなりにさせる いいにくい いいにくそう いいにくそうに いいね いいねえ いいのがれがきく いいのこすこと いいのだが いいはる いいふくめる いいふらす いいほど いいも悪いも いいようにする いいようもないほど いいよどむ いいわ いいわけがましく いいわけする いいわけをする いいんだ いいんだよ いいカモ いいカモだと踏む いい争う いい人 いい仲 いい値段 いい兆候 いい具合に いい分 いい加減 いい加減な いい加減な見当 いい加減に いい合う いい天気だ いい容姿をしている いい年をして いい御身分の いい感じ いい放つ いい時 いい機会 いい歳こいた いい歳をした大人の いい気 いい気になる いい気持ち いい気持ちがしない いい気持ちはしない いい渋る いい潮時 いい点 いい男 いい知れぬ いい知れぬ親しみ いい立てる いい終わる いい線いっている いい線をいっていると思っていた いい腕 いい草 いい越す いい返す いい顔 いい顔をした いい顔をする いい鴨


ツイート