× Q 翻訳類語辞典

たびに  

and の訳語→ 〜が、 が、〜 したあげく したまま しては〜し しても だが〜 と〜の別なく ながら のうえ の上で〜する もあり〜もある あげく あるいは いいえね いいかい いましも いやそれより いよいよ おかげで かつ が、その実〜 けれど ことに さて さらにいうなら さらに付け加えさせて頂くなら しかも したがって してみれば しながら じっさい すると するとどうだろう そういえば そういったとたん そうなったら そうなれば そこへもって来て そしてついに そのあとで そのうえ そのくせ その間 その瞬間 そもそも それからな それだけならまだしも それで それでも それとても それなのに それにさ それにね それに何といっても それも それ故 だいたい だからこそ だけど だの ついては つと つまりな ですから では というわけで とくに ところで とたん とはいうものの ともども どうやら なににもまして なのになんだ なるほど なんで にも ので ふうん まあいい またあとを まだある もうひとつ もちろん やおら やはり ようやく ブレンド プラス 以下 以来 一所に 一方 加えて 果たして 含めて 共に 結局 兼ねる 実際 上に 第一 同時に 頼りに ...

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で ところだった とともに と同時に ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか のように の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ さえ さながら ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて のに はずみに ひけをとらぬ ひどく まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜 という〜から のこらず は挙って あちこちの あらゆる あらゆる点で ありったけの ありとあらゆる いたるところの いちいち いついかなる瞬間でも いつも いろいろ かたっぱしから くまなく こぞって ことごとく ごとに すっかり ずつ そこかしこの そっくり それぞれ だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どれもこれも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの ひとり残らず まで みな みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何から何まで 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 体じゅうの 代々の 必ず 片っぱしから 片っ端から 片端から 毎回 毎年 余すところなく 例外なく

when の訳語→ 〜くせに したあかつきには したころ したときだった したとこで したところで したとたん したのも した時代 した時点で してからも するにいたって する際に する段になると すれば すれば必ず ということになると というところで というのに ときた場合 なのに なんかの場合 におよんで のには の時分 の状況において 時代 あいだ あい間に あかつき あかつきには あのときは あれば いちど〜すれば いっしょに いっぽう いつ いよいよ〜とき うちは から かりに がてら さすがに するや そしたら そのとき それから そんなころ たとえ〜でも ちょうどそのころ と、そこへ とき ときは とたんに となると なので には ふと 一度でもあるか? 何時 頃あいに 際に 時期 時点 時分 場合 折り 矢先 刹那

そのほかの「たび」で始まる語句・表現

たび たびたび たびたびの たびたびの〜 たびたび書いた たびだっていく


ツイート