× Q  ?  翻訳訳語辞典
Turner
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
とんぼ返りをする人
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ひっくり返すもの
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ひっくり返す人
   
<例文なし> 辞遊人辞書
へら状の返し具
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ろくろ
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ろくろ工
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ろくろ師
   
<例文なし> 辞遊人辞書

ドイツ系の人
   
<例文なし> 辞遊人辞書
ドイツ人
   
<例文なし> 辞遊人辞書
フライ返し
   
<例文なし> 辞遊人辞書

軽業師
   
<例文なし> 辞遊人辞書
旋盤工
   
<例文なし> 辞遊人辞書
体育家
   
<例文なし> 辞遊人辞書
体育教師
   
<例文なし> 辞遊人辞書
体操協会の会員
   
<例文なし> 辞遊人辞書
物を回すもの
   
<例文なし> 辞遊人辞書
物を回す人
   
<例文なし> 辞遊人辞書
返しべら
   
<例文なし> 辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Suddenly, strangely, Turner no longer wished to argue: とつぜん、ふしぎなことに、ターナーはそれ以上いいあらそおうとはしなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
'You can't read,' Turner said bluntly: 「あなたに電文は読めません」ターナーはぞんざいにいった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 403
'Eyes skinned, everyone!' Turner boomed: 「みんな目ン玉をひんむいてろ!」ターナーがどなった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353
He smiled at Turner and his face was almost boyish again: ターナーに笑いかけるその顔には、どこかあどけなささえあった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 403
Jammed in the corner of the bridge by the gate, Turner watched him: 艦橋の片隅、ゲートのそばにくぎづけにされて、ターナーはラルストンを見まもった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
Turner's thought turned fondly towards coffee and cocoa: ターナーの想念は、らちもなくコーヒーとココアにおもむいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
Turner fumed: ターナーは湯気を立てていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 310
Turner's eyes were narrowed, his fury barely in check: ターナーの目がほそり、もう憤怒をほとんどおさえかねていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
'It never rains, et cetera,' Turner growled, replacing the phone: 「降ればなんとやら」うめくようにいって、ターナーは電話をおいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 373
'Oh, no, we haven't,' Turner growled: 「いいえ、忘れてはいませんよ」ターナーがむっつりとこたえた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
Turner's voice was harsh, imperious: ターナーの声はするどく、威圧的だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
Turner nodded heavily and was gone: ターナーは沈痛にうなずいて立ち去った マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
Turner clamped him on the back with a large and jovial hand: ターナーが、大きな快活な手で、ぴしゃりと彼の背中をたたいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
Methodically, Turner searched the bridge-deck for further casualties: 順を追って手ぎわよく、ターナーは艦橋にさらに犠牲者をさがした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
'A hundred,' Turner mused: 「百名ね」ターナーは考え込むようにいった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 343
Turner was non-committal: ターナーはどっちつかずにこたえた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 475
'Oh, no, they won't,' said Turner prophetically: 「いやあ、だめですね」ターナーが予言するようにいった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
Turner looked quickly around him: ターナーはすばやくあたりを見まわした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
'To hell with KRs and AFOs!' Turner interrupted rudely: 「軍規や艦隊規定なんぞ、くそくらえです!」ターナーは乱暴にさえぎった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
Commander Turner smiled sardonically to himself: ターナー副長は、腹の底で皮肉に笑った マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
'Your nose, sir!' Turner said sharply: 「艦長、鼻を!」ターナーがぴしりといった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
Turner saw him coming, hurried to meet him, helped him slowly to his chair: ターナーが、艦長がくるのをみとめ、かけよって手をかし、そろそろと席にすわらせた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 422
'Pray,' Turner said succinctly: 「いのることです」ターナーがひとことこたえた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
'And no bloody wonder!' Turner swore: 「あたりまえです!」ターナーは叱りつけた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
ツイート