× Q  ?  翻訳訳語辞典
growled
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

'Call again,' he growled: 「もういっぺんよんでみろ」老人がだみ声でいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
'No doubt they'll get the hang of it before they get to Scapa,' he growled: 「スカパに着くまでには、きっと要領をのみこむだろう」ふきげんな声だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
'Watch it, lady,' Alan growled: 「おいおい」アランはうなった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
'It never rains, et cetera,' Turner growled replacing the phone: 「降ればなんとやら」うめくようにいって、ターナーは電話をおいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 373
'A seat, sir,' he growled: 「ここへどうぞ」だみ声でいった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
'And no whores,' the Rocker growled: 「娼婦もいない」ロッカーはにがりきった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 63
'And you keep your arse to the sunset,' the Rocker growled: 「きみもせいぜい気をつけることだ」ロッカーがぶすっといった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 317
'Oh, no, we haven't,' Turner growled: 「いいえ、忘れてはいませんよ」ターナーがむっつりとこたえた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
"Well," the potato patch owner growled nodding his gray-flecked head: 「まあしかし……」と、農家の主は太くてひくいしわがれた声を出した 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
"What's the use of getting poetic about it?" I growled: 「キザないいまわしはぬきにしたらどうです?」私は低くうなった ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 66
the pilot growled: 操舵手が不機嫌な声でいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
"Somebody get the fuckin' phone," Piaggi growled: 「だれか電話に出ろよ」ピアッジは不機嫌な声でいった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
'Get on with it, Mostyn,' Strickland growled: 「まだるっこいな、モスティン」ストリックランドが不機嫌にいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 83
"A fine old rowdy," I growled: 「まったく、喧嘩っ早いとしよりだ」私は不平をもらした ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 29
ツイート