× Q 翻訳訳語辞典
per  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be an extraordinary experience: 何か只ならぬ感じがする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
a Roper: ローパーごとき男
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
give up oneself up to sth with a perfect abandon: (物事に)てもなく易々とかぶれてしまう
the operation is abandoned: 作戦が中止になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 511
operation aborts: 作戦が水泡に帰する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 266
our day is about seven percent shorter that Earth’s: ここの一日は地球の七パーセントがた短い
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 122
sb is about as superstitious as a tree-stump: 迷信などこれっぽっちも信じない(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
one’s voice is now barely above a whisper: かろうじて聞き取れるくらいの小さな声で、(人が)言う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 458
hardly above a whisper: 囁きに近い
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 20
can barely speak above a whisper: ささやくようなしゃべりかたしかできなくなっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
be a period of absolute sensual fulfillment: どんなにか官能を満たす日々であることだろう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 71
tug on sth hard enough to be really absolutely one hundred per cent sure: 百パーセントまちがいないと確信できるまで〜をつよくひっぱってみる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
feel absolutely perfect to the touch: 投げるのにぴったりという感じの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
permit of such fanciful abstractions: そんな想像と抽象の作業にかまける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 41
should accept the captivity of a Roper: 安んじてローパーごとき男のとりこになっている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
a portion of the upper wall had been cut out to accommodate an ancient pine in the garden: 庭の巨松を庇って、路上へ曲った幹なりに塀がくり抜かれている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 307
breakfast is accompanied by a morning paper: 新聞を読むのは、いつも朝の食卓だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 148
a chemical high that accompanies a range of experiences, including infatuation: そんな化学的状態になる経験はたくさんあり、恋の情熱はそのひとつでしかない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 48
to the accompanying rise and fall of the waves’ deep whisper: 底ごもる波のつぶやきがおしのぼってゆくなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
according to the newspapers: 新聞に出てる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
send an account of sth to the Charlottetown papers: 〜のことを書いてシャーロットタウンの新聞に送る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
tenor of the newspaper accounts: 新聞の論調
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 427
newspaper accounts: 新聞のニュース
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
accumulate the rank to match one’s expertise: 経験に見合う階級を得ている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
sb’s papers accumulated until ...: (人の)書類はどしどしたまってゆき、しまいには・・・
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 135
accumulated newspapers: 溜まった新聞
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 190
be achieving super-profits from ...: 〜から莫大な利益を上げている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 157
an achievement-oriented person: 達成志向タイプ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 342
one’s eyes acquire a deeper clarity: (人の)瞳がいつの間にか奥深く澄んでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
acquire superuser privilege: スーパーユーザーの特権を手にする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
acquit oneself superbly: あっぱれに振る舞う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
per suburban acre: 都会の住宅で、平均一エーカーに
across operating table: 手術台ごしに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 217
an act of desperate protest: やけくその抗議行動
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 136
act out a kind of formalized, largely permitted brand of ‘criminality’: いわばお墨つきで、おおっぴらに「犯罪行為」を実行する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
perform some minor act: ちょっとした処置をほどこす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
in a desperate desire to act: 思い切った勢いで
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
let one’s personal life dominate one’s actions: 私生活を優先させる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
actual operation: 実際におこなわれている仕事
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
superb rehearsals for actual operations: 実際の作戦に対するまたとないリハーサル
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 155
Actually, it's one of those personalized plates,: そういえば、そっちもちょっと変わってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
Actually, dancing did gradually perk Midori up: たしかにディスコで踊っているうちに緑は少しずつ元気を回復してきたようだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
at heart sb is actually a gentle person: 心根のやさしい人だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
although one actually experience neither ... nor ...: 〜でも〜でもないのに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
Shiro, however, adamantly opposed the idea, even losing his temper:: それなのに四郎はかたくなに怒気まで含んで断わりつづけたのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
add in properly sycophantic tones: 追従のように言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 85
add unnecessarily and perversely to the problems: 問題を必要以上に厄介なものにする
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 76
operate in much the same addictive way as hard drugs: 麻薬に似た作用をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
address sb in the whisper: (人に)囁きかけてくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
persist in addressing sb as “Sensei”: (人を)先生々々と呼び掛ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
be an adept in the art of how exactly to make the proper approach: どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
adjustments to perfect the balance between ... and ... are made: 〜の均衡を保つためのこまかい調整が行なわれていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
supervising administration: 管理者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
be perfectly admissible: 当然認められていい
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 429
have much ado to persuade oneself that ...: 〜とはとても信じられない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
temperamental adolescent: いまだにおとなになりきれない気まぐれ屋
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
a small, well-trimmed, Chaplinesque moustache adorned sb’s upper lip: 鼻下によく手入れのされたチョビ髭をたくわえている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 34
have an unusually adult temper: 子どもとは思えないほどマセた、怒りっぽい態度だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
how could a child grow to proper adulthood without sth?: 〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
die of an advanced form of peritonitis: 腹膜炎をこじらせて死ぬ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
perform as advertised: 額面どおりに働く
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 417
enquire perfectly affably: しごくにこやかにきく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 27
sb’s malign interference in sb’s personal affairs: (人の)プライヴェートな問題によけいな、そして悪意に満ちた口出しをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
be downright superb at documenting one’s business affairs: 仕事上の書類処理能力はずばぬけている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
in a pert affected tone of voice: すまして、こまっちゃくれて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 45
love sb with an affection all the deeper and stronger from ...: 〜だけにいっそう強く深く(人を)愛する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
whisper in sb’s ear some little affection: 愛の言葉を(人の)耳もとでささやく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
seem to affirm sb’s perceptions: 〜を目にすると(人の)言い分ももっともだと思える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
be a perpetual affront to ...: 〜をふみにじる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 49
a personal affront: 嫌がらせ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 99
after a brief period of occupancy: 短期間ここで過ごしたあと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
it was only after considerable persuasion that ...: えんえんと説得された末にやっと〜
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 75
after a period of groping one’s way through the darkness: 暗中模索の末に
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
perhaps it is only a little after three: まだ三時をまわったばかりだということもあり得る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 17
after a certain period of time: ある期間から先は
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
after long persuation: なんとか口説いて
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 140
after a short period of blank astonishment: しばらくはポカンとしていたが、やがて
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 115
bring the afterbirth down perfectly: 後産もすんなりいく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
afternoon paper: 夕刊
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
Ted starts away again, perplexed: 困惑していたテッド、またもやびっくりして飛び上がる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
will never again feel like a good person: 自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
operation against ...: (人)調査
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
half sb’s age perhaps or a little more maybe: 年格好は(人の)半分か、もうすこしいっているかも知れない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
have found to agree perfectly with ...: 〜と完全に照合済みである
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 157
agree with one person or another: 誰かに同調する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
go ahead and perform ...: 進んで〜をかって出る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 211
general’s personal aide: 将軍付き補佐官
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
lend the proper air: 〜らしい雰囲気を出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
smile with a superior air: もったいぶってほほえむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 242
My own beeper was an albatross: 私の場合はポケットベルが疫病神だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
the sharp perfume of the alcohol: アルコールの強い香り
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
get all of the papers: 新聞を片っ端から買う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 253
perhaps after all,: やっぱり
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 58
perhaps that isn’t it at all--: ひょっとするとそうでなく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
perhaps ... after all: やはり〜かも知れない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
perfectly all right: だいじょうぶですよ、お気になさらないでください
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
in spite of all attempts at persuasion: 長い間棄教を迫られたにもかかわらず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7anti-Peronist
ツイート