× Q 翻訳訳語辞典
American   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかにもアメリカ的な
   
various American exclamations of delight: いかにもアメリカ的な喜びや感嘆の声 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 176

アメリカ
   
Native American: アメリカ先住民 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
アメリカでいう
   
keep an American dry-good store: アメリカでいうドライ・グッズを売る店の主人だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 61

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with American markings: アメリカのシンボルマークをつけた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
Americans begin to explore space: アメリカが宇宙開発に乗り出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
be afraid of falling into the American trap: アメリカのその手に乗ってはならぬと思う
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 74
the agent of the new American states: 新生アメリカの外交官
predominantly, almost aggressively American: 明らかに、ほとんど押しつけがましいまでにアメリカ人らしい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 111
But in his dreams he spoke a rich American argot, savory as any jazzman's: しかし、夢のなかでは、ジャズメンのようにしゃれたアメリカのスラングを自在にあやつっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
CIA’s key Latin American assets: CIAにとって中南米での重要な手づる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 78
they are American all of them young and attractive: アメリカの若い美しい女が揃っている
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 202
American embassies, too, are all over the map and always breathtaking: そういえばアメリカ大使館という代物は、どの地図にも載っていて、いつもどきりとさせられる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 26
If the American claims are true, I urge immediate action: アメリカのいうことが事実なら、即時対応を勧告します
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
It was supporting an American expedition trying to climb Dhaulagiri: アメリカの登山隊が一刻も早くダウラギリを征服しようとしたのは、ひとつにはそのことがあったからです
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
be American to the core: 骨の髄までアメリカ人だ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 38
crooked American businessmen: アメリカの悪徳ビジネスマン
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 131
one’s unfamiliarity with American social customs: アメリカ人との社交に馴れないこと
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 3
dead-end American town: どんづまりのアメリカの町
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
how the American psychiatrists deal with one’s patients in practice: アメリカの精神科医が実際にどのように患者に接しているか
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
modern American defense establishment: 今日のアメリカの国防体制
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
The effect was one of Early American tranquillity: それらのかもしだす効果は、アーリー・アメリカンふうの静謐そのものだった
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 5
have thereby set an example for American womanhood: まさにアメリカ女性の鑑である
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 23
an extremely naive American approach: どこまでも人の好いアメリカ人の主張
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 36
fall into the American trap: アメリカのその手に乗る
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 74
American pace of hiring and firing: アメリカの人事のペース
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
female forwardness is not a purely American phenomenon: 女性が積極的なのはアメリカだけではない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 26
an American front group: アメリカの偽装団体
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 51
normally fucked-up American kids: たるみきった平均的なアメリカ青少年
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
a full-fledged American: 一人前のアメリカ人
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 389
groundwork for American-style individualism: アメリカ的な個人主義が生まれる素地
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 47
honest-to-cornball American: 純然たるアメリカもの
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 287
become something of an American icon: いわばアメリカの顔になる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 471
Inexorably, they defeat the pride of American and European industry: アメリカやヨーロッパのプライドを木端微塵に蹴散らして
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 164
have American involvement in the war effort: アメリカを戦争に深入りさせる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 440
largely determine American foreign policy: アメリカの外交政策をあらかた決定する
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 40
American would invent a new high-tech product and learn to mass produce it: まずアメリカが新しいハイテク製品を発明し、大量生産の方法を確立する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 85
a presumably naive American missionary: おそらくまるで世間知らずであるにちがいないアメリカ人の宣教師
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 47
the niceties of American political infighting: アメリカの政治的内部抗争の微細な事情
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 163
in a strange niche in the American post-Vietnam War culture: ヴェトナム戦争後に発生したアメリカ文化のくぼみで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
an American original: 筋金入り
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 142
The American enthusiasm for Enderby's appointment had been overwhelming: エンダビーの就任にたいするアメリカ側のよろこびようが、並大抵のものではなかったのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 376
Paradoxically, as Eastern Europe privatizes, American nationalizes: 東欧で資産の民有化が進む一方で、アメリカでは資産の国有化が進んでいる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 31
on the American pattern: アメリカにならった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 72
probe to understand the American position: アメリカの出かたを知ろうと、さぐりを入れてくる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 170
Americans quickly make the natives into successful American businessmen: アメリカの手にかかると、現地の企業はたちまち立派なアメリカ企業に変身してしまう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 364
American firms simply cut back on long-term investments: アメリカの企業は、長期の投資を思い切りよく削減してしまう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 203
be so American: 根っからのアメリカ人だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 226
the most talented American: 優秀な人材
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 221
He and Lucky were Canadian or American she thought: 彼とラッキーはカナダ人かアメリカ人だろう、とミス・マープルは見当をつけた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 24
dead souls scam with an American twist: 「死せる魂」的詐欺のアメリカ版
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 101
a uniquely American optimism: アメリカ人ならではの楽観主義
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 47
unknown American girl: 氏素性の知れないアメリカ女
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 79
be unmistakably French-American: フランス系米人のものにまぎれもない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 137
that’s a very American response: そういうのをアメリカ的反応の見本という
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 70
visiting American: 遠来のアメリカ人
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 290
American warships: 米軍護衛艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
become the American way: アメリカ企業の常識になる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 243
American way of life: アメリカ式生き方
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145