× Q 翻訳訳語辞典
Charlie   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a one-track Charlie: 単細胞の人間
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 293
: they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance: といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
Sampson was organising everything superbly well, Charlie conceded: サンプソンのやつ、どこまでもぬかりなく仕組んだものだ、とチャーリーは舌をまいた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 127
Charlie doubted it: どうかな、とチャーリーは思った
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 19
Charlie Fortin sauntered toward the men's room with elaborate slowness: チャーリー・フォーティンが、測ったようにゆるやかな動作でのそのそと手洗いにむかう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
'It's Charlie all right,' he said grimly: 「チャーリーだな」と、彼は陰鬱にいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 437
"Good evening," Charlie offered: 「今晩は」チャーリーのほうから声をかける
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 26
old Charlie: チャーリーのやつ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
one’s old friend Charlie: おなじみのチャーリー
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
Worse than just little, qualified Charlie:: 少いどころじゃないじゃないか、とチャーリーは思った
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 36
Set-up, thought Charlie: 罠だ、とチャーリーは悟った
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 33
'So help him across,' said Charlie simply: 「で、彼の越境を手伝えと?」チャーリーは単刀直入にきいた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 111
'Not mine,' said Charlie stubbornly: 「おれのじゃないですよ」とチャーリーは、木で鼻をくくったようにいった
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 35
Charlie met her look, unflinchingly: チャーリーは臆することなく、その視線をはじき返した
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 225
'Voltaire,' Charlie whispered: 「ヴォルテール」かぼそい声が洩れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 167