× Q 翻訳訳語辞典
correspondence   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
往復書簡
   
a sprawl of correspondence: かなりの量にのぼる往復書簡 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
仕事上の通信文
   
endless correspondence: はてしなく続く仕事上の通信文 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
手紙のやりとり
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 150
書簡
   
the painful correspondence between them: 両者の容易ならぬ書簡 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 106
one’s gigantic output of correspondence: (人が)生み出す膨大な量の書簡 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 38
通信文
   
routine correspondence: きまりきった通信文 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
文書
   
lead to correspondence: 連絡は文書でおこなう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
郵便物
   
have some stray correspondence for ...: 〜宛ての郵便物が(人)気付で送られてきている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in one’s correspondence: 手紙を書くことに関して
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 275
have kept up a correspondence with sb: 頻々と便りを寄こす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 279
every phrase in which ura or omote appears can be explained in terms of this correspondence: オモテとウラを含む大部分のものがこれで説明がつくと考えられるのである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 11
take care of sb’s correspondence: 手紙の整理をして返事を書く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 78
After a three-month hiatus, the correspondence had begun again, hesitantly: 三ヵ月の休止期間をおいて、文通はためらいがちに再開された
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
ツイート