× Q 翻訳訳語辞典
up   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あがる
   
sb take one’s elbow to help one up: (人に)ひじを支えられて〜にあがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
あらわれて
   
be up at ...: 〜にあらわれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
いいこと
   
it has its ups and downs: いいこともあったし、悪いこともある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
しでかす
   
those fools up to God knows what: あのような手合は何をしでかすかわかったものではない カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 63
たくらむ
   
be up to: たくらむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
たくらんでいる
   
be up to: (物事を)たくらんでいる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 158
たくらんでる
   
be up to: たくらんでる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
はねる
   
up ... kickbacks 10 percent: 〜の上前を十パーセントはねる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 85
もくろむ
   
be up to ...: 〜をもくろむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271

引き返して
   
bow, and go up the walk: 一礼して、小径を引き返して行く ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 27
過ぎる
   
three weeks are up: 三週間が過ぎる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
企む
   
be up to: 企む レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 176
寄る
   
walk up to ...: 〜へ寄って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
起き
   
be soon up again: すぐさま起き直る ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 99
起きる
   
be up early: 早起きする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 365
高く
   
up up and away sb go: 高く高く舞い上がる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
終わり
   
be sure that one’s number is up: これで一巻の終わりかと思う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
   
jump up and down: ぴょんぴょんと上下にはねる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54
上から
   
look sb up and down: 上から下まで眺めまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
積む
   
even up the boxes on the two-wheeler: 段ボール箱を二輪車にバランスよく積む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 72
遡る
   
登り
   
climb up: 登り メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 116
任務
   
whatever you’re up to: どんな任務か知りませんが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 190

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wind up: 振りかぶる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
what’s up: 何があったのか?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
what’s up: おっす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
UP!: 立って!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
up to the sky: 空を向く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
up to sb: (人) 自身の問題
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 38
up to now: いまのいままで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
up to ...: 〜に達する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
up to: ぐらい
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13
up to: 似合う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 321
up the city: 都会詣で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
up on ...: 〜をのぼりつめたところにある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
up close: 間近に
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
up close: 近くで見ると
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
up beat: 明るい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
up and leave: 出ていく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 151
time’s already up: もう時間です
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 56
the game is up: 露見する
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 99
still be up: 寝ずにおきている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
something is up: なにかある
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 14
sit up: 坐りなおす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
shut up like a clam: 黙りこむ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 20
set hitters up: 打者を討ち取る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
pick up sth: (物を)手にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 167
one’s ears up: 耳をぴんと立てる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
make up ...: (〜に)がくっとくる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 152
halfway up ...: 〜の中腹
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
go up: 高めにホップする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
come up: そばに来る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
come up: もちだされる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
come up: 群がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
close up: 近づいて見れば
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
be up to sth: 〜できる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
be up to ...: 〜を企む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 275
be up now: 少し具合が良くなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
be up ...: (場所に)行ったまま
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
be up: かんしゃくを起こす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
be up: ひきあげられている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
be up: 召喚される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
be all on the up and up: 公明正大
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 180
astonishingly high up: びっくりするほどの標高に達して
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
wonder whether the audience is quite up to sth: 果たして客たちに(物が)理解できるだろうか、と自問する
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 81
wonder what sb is up to: いまからなにをしにいこうというのか、ただいぶかるばかりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
wonder what sb is up to: 何をもくろんでいるんだろう、と考えている
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 238
wind up in front of ...: 〜にひっぱりだされる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
when two years are up: 二年目には
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
when sb is up to ...: 〜にとりかかろうとする場合
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
what the hell do one think one is up to?: 何をしてやがるんだ、一体?
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 278
what the hell’s he up to?: 何の真似だろう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 74
what sb is up to: (人の)いわんとしていること
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
what sb is up to: (人の)計画
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 174
what sb is up to: (人の)魂胆
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 168
what sb is up against: (人の)悩み
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 371
what have sb been up to?: いままでどうしてたの?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
what be sb up to?: (人は)何を考えているのか?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
what are we up against?: なにほどのことがある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
what’s sb been up to since last time?: (人は)どうしたんだい、その後
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
what’ll those three rascals be up to next: あの三人はいろいろよくやってくれるからねえ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
whack up against ...: 〜にばしっという音を響かせてぶつかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
walk up and down to warm oneself: 歩きまわって暖をとる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 43
walk up and down sth: (物を)行きつ戻りつする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 214
walk right up to sb: まっすぐ〜に歩み寄る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
up until then ...: それまではどうだったかというと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
up to the very last: 最後の最後まで
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 306
up to the time of ...: 〜以前にも
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
up to one’s neck in the business: しっかり事にかかわる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
up the hill above sb: 山側に隣り合って〜の家を見おろすところに
try to get sb to pop up a slow curve: スローカーヴを投げて打者をポップアップフライに討ち取る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
trudge up the stairs: とぼとぼと階段をのぼっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
to and fro, up and down: 上下左右に
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
time have been up: 時間的余裕がまったくといってよいほどふくまれていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
throw the ball well up in the hundreds: 優に一六〇キロを超える球を投げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
think and act up and down: いろいろなことを考え行動する
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 123
these ups & downs of mine: わたしの体験している苦楽
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 288
the whole thing is up to me: すべてはおれの気持ひとつにかかっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 241
the water reaches slowly up sb’s body: 水が(人の)身体をじわじわと浸していく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
the slight movement up among ...: 〜の間をさっと抜けるもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
the garage door is up: ガレージのドアはあけはなたれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
that’s up to you but ...: お好き好きですけれど
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 10
tainted crowd dispersed up and down this hideous scene of action: この忌まわしい場所のあちこちに集まった薄ぎたない群衆
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 108
step up and let fly: 足を踏み出して、しゅわっち
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
someone very high up: だれか上のほうの人間
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 128
sit way up there on ...: 〜の上にちょこんと載ってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
sb’s voice comes up clearly: (人の)声がはっきりと聞こえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
sail up and hit ...: ぐおーんと浮き上がって〜を直撃する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
rush up and down: あたふたする
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
right up to ...: 〜直前まで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 262
put one up to this: (人に)頼まれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
pick up one’s forward foot: ピッチャーに近いほうの足をぐいっと引き上げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
pace restlessly up and down: ぐるぐる回る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
open up for ...: 〜を狙って口をあける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
no one up here has to hear any more: うちの人間の耳に入れてはいかん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
move up and down sth: 〜を何度も往復する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 67
move sb up and down the board: 将棋の駒のように動かす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
make up one’s mind: 肝を決める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
look up from one’s ...: 〜している手を休め、思わず眼を上げてしまう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
look sb up and down: (人を)頭のてっぺんからつま先までじろじろ眺める
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 144
leave everything up to sb: みんな委せちゃう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
leave everything up to ...: すべてに〜を頼りにする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 290
know sb be up to something: (人の)思惑を察する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
know just what sb is up to: (人の)手を見ぬいている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
kicked up by the power of the pitch: 球の威力で空中に舞い上がった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
just up from ...: (場所)を眼の前にした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
just sb up to sb’s tricks: (人が)例の茶目っ気を出したに過ぎない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 301
jump up and down, loosening up: 跳躍運動で身体をほぐす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
jump up and down: ぴょんぴょん跳ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
it takes only a couple of words and one is up in a flash: 二言三言でサッと起きてしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
it is up to sb to do: 〜するのは(人の)責任である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 194
it is up to sb to do: 〜するのは(人の)役目だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 475
it is mighty late for sb to be up: (人が)こんなに遅くまで起きているのは異例のことといってよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
it’s up to sb: (人の)出番だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 144
it’s not only up to sb: (人の)一存ではどうにもならないことだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 53
it’s easy once you find out what they’re up to: 種明かしをすれば簡単なのよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
if you’re up to it: あんたの腕試しとゆくか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 129
hold sth up to the window and look at it in the light: (物を)明るい窓辺に置いてしげしげと見てみる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 373
high up the social echelon: 身分の高い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
have one’s feet up on sth: (物に)両足をのせて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
have no idea what sb is up to: どういうつもりでいるのか見当もつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
have no idea of what one is up to: 自分のやっていることがわかっていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
have been up most of the night doing ...: ゆうべは〜してほとんど寝ていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
go up and down: 上がったり下がったり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 392
get up off the floor: 床から立ち上がる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 112
get sb up to London: (人を)ロンドンへ連れていく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
flicker up into the sunlight: 陽の光を浴びて空中できらきら輝く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
fetch up against sth: (物を)踏んづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
feel up and down the side of the door: 上から下までドアをまさぐる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 356
exactly what sb be up to: いったい(人が)何をやっているのか、どういうことになるのか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
everything’s up in the air: それから先はどうなるか
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 359
end up with ...: 最後は〜だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
drive up the east coast to ...: 東海岸を北上して(場所)に向かう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
draw one’s tired body up straight: くたびれた体をしゃんとさせ
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 145
don’t feel up to the clasp: バッグの止め金にさわる気がしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
come up with the bases empty: ランナーなしの状況でバッターボックスに入る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
can tell that something is up though one don’t know what: どうも雲行きがおかしい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 61
can I leave everything up to you?: お任せします
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
can be up and about like this: こうしていられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
been up to some of your cute tricks?: 例の手際のいい罠を仕掛けてたのね?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 226
be walking up and down despairingly: がっかりしたような足取りで、あっちこっちと歩きまわっている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 51
be up with ...: 〜と合同する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
be up to sth: 〜をたくらむ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 20
be up to something that is not strictly kosher: なにかよからぬことに手を染めている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
be up to something: なにかしでかす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 211
be up to something: なにかをくわだてる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
be up to something: なにかを画策する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 173
be up to sb: (人)次第だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 229
be up to sb: (人の)都合しだいだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 300
be up to one’s old tricks: また昔の悪い癖を出す
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 189
be up to one’s games: 悪さをしている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 141
be up to one’s ass in alligators: 尻に火がついたようにやる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
be up to ...: 〜をやっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
be up to ...: 〜をやれる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 228
be up to ...: ひきうける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
be up on ...: 〜を把握する
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 76
be up in school: 学校に着く
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 236
be up in a flash: きっぱりと起きる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 140
be up for grabs: 高い関心がよせられる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 160
be up and rested: 十分休養が取れている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 145
be up and around: ピンピンしている
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 82
be up against sth: (物に)もたれかかっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
be up against ...: 〜の目にあう
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 198
be set up with ... in rows: 〜がずらりと並べてある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
be now up to ...: そうするうち、〜にきていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
be now up in Records: いまは記録課にいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 207
be not up to the job: この任務には役不足だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 174
be not up to sth: (物に)向いていない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 118
be not up to one’s best: ベストをつくせない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
be entirely up to sb: (人の)気分しだいのことだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 238
be coming up in a week: 一週間以内らしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
be all up with sb: (人は)だめだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
be all up to us now: これからは、こっちのものさ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 239
are you up to it?: きみでだいじょうぶか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 239
a leisurely swing back up the coast: 海岸線をぶらぶら北上する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
... load me up with ...: 〜で〜を背負わされる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 69
ツイート