× Q 翻訳訳語辞典
don’t   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

やめてください: don’t
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
やめてよ: don’t be like that
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
〜じゃなきゃ駄目だ: don’t ever ... without ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 103
人生の西も東もてんで解っていない: don’t know the ABC’s of life
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
考えようがない: don’t seem to be able to find the answer
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
少し慎む: don’t move about so much
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
実際以上に飾ろうとするんじゃない: don’t be getting above yourself
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 523
犬死するなよ: you don’t go and kill oneself unless sb absolutely have to
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
〜だからといって、それは免罪符にはならない: don’t absolve sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
馬鹿をいうんじゃない: don’t be absurd
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
もう二度とまともに(人を)見ようとはしない: don’t acknowledge sb in any way
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 260
まっとうな生き方がわからない: don’t know how to act anymore
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
〜なんて痛くも痒くもないという涼しい顔をする: act as if ... don’t hurt a bit
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
(人に)対して己を飾る気はまるでない: don’t wish sb to believe one better than one actually is
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
別に: don’t actually
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
いまにも〜かとそればかり考えていたので、〜にも気づかなかったほどだ: be so busy waiting for ... one actually don’t see ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
どこの馬の骨かもわからん男: a man I don’t know from Adam
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 68
わたしのほうからつけくわえることはない: I don’t know what more I can add
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
依然として、どんな結論にも結びつきそうにない: still don’t add up
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 312
平気でほんとのことをいう: don’t mind admitting things
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 168
美術品としてもまるで値打ちがなさそうだ: don’t even have any aesthetic value
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
私の家のことによけいな手だしをするのはやめてもらおう: don’t you dare to meddle with my affairs
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
むずかしくって、お手上げよ: I‘m afraid I don’t quite understand
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 119
驚くな: don’t be afraid
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 40
繰り返さない: don’t write again
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 190
〜をむしかえすのはごめんだ: don’t want to start chewing on sth again
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
それであっさりと引き下がる: don’t offer again
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 291
この問題を此所で切り上げる: don’t discuss this matter again
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
それはどうかしら: I don’t agree with you
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 253
そりゃどうかね: I don’t agree
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 183
そうだろ?: don’t you agree?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
そう思わんのか: don’t you agree?
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 242
不服だ: don’t agree with
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 182
〜してどうするあてもない: don’t have any special aim in ...
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 11
もて余したように: aimlessly as if one don’t know what to do with sth
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
よけいな心配はさせたくはない: don’t want to alarm sb
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 380
ぜんぜん楽しくない: don’t like it all
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
みなまで理屈を知ってるわけじゃない: don’t know all the science of sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
いっていることがみなまではききとれない: don’t catch all the words
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
〜にかりそめにも比べられるような経験はまだなかったと思う: I don’t remember another that I can at all compare with ...
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
〜するのがいいものかどうか、こいつは考えもんだ: I don’t know we should do ... at all
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 134
何をいっているのかわからない: I don’t follow sb at all
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
〜するのも無理はないね: I don’t blame you at all for doing
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 68
いいな、大人はな: grown-ups get to have all the fun, don’t they?
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 180
〜なんて、よけいなお世話だ: don’t want it done at all
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
それには一切触れない: don’t touch on these subjects at all
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 19
これは満点とはほど遠い: don’t think the situation is perfect at all
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 117
別にいやらしくは思わない: don’t think it’s all that horrid
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
ばかばかしくもなんともない話だ: don’t seem silly at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
トコトンやろうとしない: don’t see oneself taking it all the way
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 87
(人を)まったく知らないといってよい: don’t really know sb, in fact, at all
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 201
いまもってる不動産は、すべて相場以下の値段で手に入れてる: don’t pay fair market value for all the property one own
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
〜することなどいっこうに気にならない: don’t mind doing sth at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
Aにはちっとも似ていない。誰が見てもBそっくりだ: don’t look anything like A, all we can see is B in one’s face
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
あんまり人に会いたがらない: don’t like dealing with people at all
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
ちっとも嬉しくない: don’t like at all
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
何事かは知る由もない: don’t know what it is all about
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
そんなによくは知らないんだ: don’t know all that much
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
ちんぷんかんぷんだ: don’t follow sb at all
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 125
(人)だってふざけてるわけじゃない: don’t find it funny at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
(人の)ことなんか、ちっとも考えていない: don’t care about sb at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
〜を一向に自覚せず: don’t at all understand ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 52
身辺の不必要品: all those things you don’t need
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 145
(人を)そっとしといてくれる気づかいをもちあわせていない: don’t know enough to leave sb alone
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 201
〜は全然気にならない: really don’t mind ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
理想と現実は、食いちがいを生じ易い: theory and practice don’t always go hand in hand
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 299
効くと思って飲んだ〜が思ったほどに効かない: don’t always work the way sth is supposed to
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
理解できない言葉も中にはある: don’t always understand the language of what one read
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
〜するのは気が引けることもある: don’t always like doing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
あんまり欲張らないでね: don’t get too ambitious
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 332
デニソンの二の舞はおやめなさい: don’t be another Denison
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 58
〜にこたえるすべを知らない: don’t know the answer to ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 401
(人を)満足させるような答えをしない: don’t answer sb satisfactorily
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
(人に)返事を寄越さない: don’t answer sb’s letter
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
(人)とはなんの関係もない: don’t make any difference for sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
もう、なにがなんだかわからないような気がする: don’t seem to understand anything anymore
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
銀行に押し入るような輩もいないような気がするんですけど: really don’t think anyone is going to rob the bank
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
今夜はものを読むのは御免だ: don’t ask me to read anything tonight
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 224
自分から何かを切り出す: don’t volunteer anything
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
〜について何ら感慨らしきものを抱かな: don’t think anything about ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
口の減らない子ね: you don’t miss anything, do you?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
かかわりをもちたがらない: don’t want to have anything to do with sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
〜に万一のことがあったら大変だ: don’t want anything to happen to ...
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 246
特別な意味はない: don’t think it means anything
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
黙って先をいわせておく: don’t say anything while sb goes on
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 148
じっと口を閉ざす: don’t say anything
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
ひとことも口をきかない: don’t say anything
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 137
口を閉ざす: don’t say anything
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
知らん顔をきめこむ: don’t say anything
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
〜だとかいってるんじゃないわよ: don’t mean ..., or anything like that
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
シアトルの名士録に名前が載っているようには見えない: don’t look like anything out of the Seattle social register
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 66
〜についての知識をかけらも持たない: don’t know anything about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
まるで勝手がわからない: don’t know anything about ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
馬鹿だ: don’t know anything
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 357
(〜と)手を切る: don’t have anything to do with sth
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 166
暇をもてあます: don’t have anything one want to do
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
〜する役に立たない: don’t do anything to do
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 141
〜なんて指一本触れていない: don’t do anything to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
〜まで早まったことはしないように: don’t do anything more
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 45around